時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

超越し続ける先の先


 すべては、品格すら持たずに比較されることすら願わずに眠ることにより、構築された価値に反し、自らに生み出される力だけを血や身体に変え、自らの形に支配される以前に用いられる価値を排除し、ここに現れるものだけを本質として捉える。生産されるだけの位置から意味を引き取るほどに卑近なものになりかわり、用いられるものに苛立つだけに至らせるような世襲制に背反するような俗世的な性感帯を押すだけの装置として惰性に交換されるだけの感性から形骸化した答えを未だに引きずるのが、人間的な哀れであるし、政治的なものを用いて、何かを引き替えに過信し、改心を強請るだけの拘束から、構築される痛みに麻痺していく精神は怒りを解消できずに、対象とするものすべてに怒りをぶつけ、位階制の中で誓われるだけの出来事は、用いられるだけの価値が引き寄せるだけの出来事を真実として促し、ここで接続されるだけのことを観念論なもので構築されるほどに神的なものに適任していくことだけが正解を結び、無数の浮遊する意志に表現を終わらせ、そこで傀儡として汚穢を用い誰かを汚し、その穢れを浄化させるためだけに用いられる儀式の生贄として扱われるだけの人々が怯えるだけの先々で対立を続け、痛みが続き、引き継ぐ償いのコードから、犠牲的に支払われる義務的な死に適応することだけが本質を掴み、安易な正解に導くほどに世界性を破壊し、赤い血すら流れずに、規制されるだけのあいまいな今に懸隔を用い、離れるほどに自らとの離別を繰り返し、退嬰的なものや、退廃的なものをツールにし、利己的に自己を消費し、自己顕示欲へと至り、浸る意味の中でのナルシシズムに浸り続ける間に変化する善悪や、利己的な修復を目指し、祝福する者を恨み続けるような密室の中で、介する間に仇討ちを目指し、笑われるだけの行動とは、動向に悲観を促し、ここに用いられる苦しみを反復させ、現れる苦しみが先々で抗い、介する間に理解を生まずに、浮かばれぬから、と何度も裏切り続けるほどに補填される苦しみは他者を介し、自分へと帰ってくるのである、と促すような善悪や罪と罰から放たれ、理性を律する先に音程はある一定の理想をたどり、タオイズム的に昇華できずに、ここで送受信されるものに扇動され、戦争的に唱和されるものを自らの意志のように伝え、互いを専横するために婚姻を儀式化し、監視し合うほどに愛することの原理は、理解を超越し、互いを恨み続けるような偏りを生み出し、片方が購う愛から、あらがう先に提示される意味に苦しみを巻き込み、混同する意識に同化することで愛とは強固なものになり、依存的に融合する先に競合する意志は、近接し、相似した意味を超越し、そこに現れる似たようなものを排除し、同じようなものだけがここで高揚することだけに専念する間に疎外されるだけの自己は、互いをとがめるだけの理想を捨て、ただ同化することだけを目指し、同調することにより、現れるものだけが、真実を物語るのであり、あらゆる原理は意味を遂行し、ここで統合されることだけに惰性な真実を食い込ませ、埋め込まれた意味に老化するよりも、ここで揺動されるだけの真理を弔い、淘汰される前に、問い質すことにより、ここで用いられる真実を超越し、ここで変化し続けることだけが正解を正解に導き、世界を促すだけの答えに即されるよりも、ここで制されるほどにほぐされずに、保護されるだけに至るような権利から、牽引されるだけの意味を用いる権力が陥る独裁的な主体性を打ち砕くために、互いをとがめるような理想とは捨て去るべきだ、と解消されない痛みを対象に用い、何かを捨てることだけが正解にように促す容易さを飛び越え、とぼしくも群がるだけに鬱積する現在に用いられる懸隔に放たれる意味に帰巣するほどに基礎とは破壊され、ここで長じる由縁に即されるほどに諦観を用い、率いられる痛みや、貧寒なものに変わり、関わるほどに、振りかざされるだけの意味に加算される意味に偏執しながら、偏向するほどに魯鈍なものに陥り、応じるほどに変化していく意味は解放されることを目的に自由を用い、何かを騙すことを目的に、何かを得るために騙すことだけに明けくれ、そこで忙しくたむろすることだけに専念するような宣言や偏見を加速させ、意味に枷を嵌め、正解を持たずに、世界に閉じ込められるだけに至るような痛みから目指す昇華とは、高次や高尚に浸り、何かを見下すような独裁的な主観が用いる狭小な心を率いるだけの権力的な醜態をさらすためだけに、力とは現すのではなく、ここに用いるべきは、平和利用のための自由という銃を振り回し、利己的に従わされるためだけに力とは存在するのはなく、ここで捨てることを強要するような力に振り回されるために存在とは、存在するのではなく、ここに現れる確かさに枷を嵌め、世界を奪うためだけに、存在とは、存在することを認識するほどに苦しみの枷を嵌め、世界に生じる痛みは、全部の自分の責任のように痛みを背負うことにあらず、ここに用いられる世界とは、自らを果たす前に、備わっただけの徒な世界であるし、制されるほどに抑止されずに、抑圧されずに背反し続ける先に現れる今だけが、世界と名付けられる以前に、ここに現れる純粋な現在であるし、そこに懸隔もなければ、定められた意味に用いられた規律を保つことだけに専念するほどに暴力的な穢れを生む以前に、ここに備わるものだけが、本質にとがめられずに、戦争に擁護される前に、ここではみ出すだけの君の理論に共立する者すら不必要になり、担うだけの意味は、君の季節を破壊するだけに至るような正常さを用い、君を異常だと示すような精神分析をも超えて、ここで正常を謳う者こそ異常であり、異常と定義する者こそ、自らの異常さを隠し、何かと同化し同調し、誰もが同じような意味を同じように消費し、同じようなかっこうで同じような死から逃げ惑うだけに至らせるような異常さに気付くことから、この世界からの解放や自由を用いるだけの世界的なプロセスやプログラミングを破棄し、自らの意志だけで今を超越していく。