時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

促進


 自らの未熟さを恨むような惰性な意味を履き替えるだけのエゴから乖離し、理解を得るためにたむろするよりも、矛盾し続ける先に穢れるだけの被害者意識を加速させ、意味を枷に変え、世界に嵌め込まれることだけを目的にがんじがらめになるだけの由縁や、誘導されるだけに完治しない苦悩や、内面的な要素にメシアを求め、制限を生み出すだけの神的な位置から、多目的に流動する意思が本質なども捨て去り、ただ促される動機に裁かれるだけの悠遠から逃れ、ここで注がれるだけの意味に欠如していく思いが相互し、ここで補完されるだけの愛だけが、完成を出迎え、自らに排斥されるだけの位置から力がこぼれ、そこで無駄にする力の節々に接続されるだけの形跡や、情報をまとい、意思に譲歩するものだけを入れ込み、退廃的なものに変化していくだけのいびつさに耐えかねずに、価値観を屠るだけの現実から、そこで粛清されるだけのほほえみや、統合されるだけの正常さに入り組んでいく意識的な汚穢や、卑屈な精神が描く正否から、悶えるだけの意思は、他者から意味を借り、言葉狩りを続け、何かを否定的に支配することだけが、ここで正解を用い、何かを生み出すかのように勘違いを施し、ここで抱合され、結ばれる思いが昇華を求め、ここで静謐なものをたずさえ、自らの静寂に帰り着くころには、ここで用いられる秩序の中で融合することが世界を形作り、ここに用いられる苦しみへと鬱積していく痛みや、退廃的な要素や、ここで一律に示されるだけの意味に閉め出され、惰性に破壊されるだけの自己を利己的なものに変え、顕示欲だけで描くだけの本意は、何かを求めるだけの原案にもならず、ここで居続けるものに偏りを示すほどに、補填される苦しみは増していくだけであり、ここにいくばくかの可能性をノックするほどに、閉じこもり、幽閉され続ける本心は、迎合され、契合されるものだけに達するものだ、と勘違いを施し、ここで奔走する意思は、自らとは乖離し、理解を得る以前に、ここで誓わされるほどに、違いも分からずに、ここで分け隔て、拘泥するだけに至らせるようなものが本質であるなどと勘違いを続けることだけが、世界に制裁を加え、自らの手で捕食し続けることだけが、自らを正解に導くような正否から、途端に死を巻き込み、ここで永遠に退くだけの苦悩から、浪費し続けるだけの意思が仮象を用い、企てられる支配の気配に達する思いが尊びながら、介する間に知り得ぬものや理解を得られずに虐げられる先に怠慢なもの変化し、加算される痛みをとぼしく熱情させるだけに退廃的なものに陥る。苛まれた心にひざまずくのは、ここでカテゴライズされ、加点されることをよろこびに変えるような脳内の物質が快楽だけを求め、原則的なものに従い、同じような行為の屍骸として、或いは恋に問い質され、追い出されるだけの身体との間隔を埋めるためだけの戸惑いを加速させ、ここに現れる苦しみに惰性さを生み出し、性差が用いる簡単な処理法から、惰性な意思が突きつける意味との距離から、虚偽をはめ込み、事実を諦観に追いやるだけの軽薄な理論の上での飢渇から、快活な動機すら損ない、そこでおどけてみせるほどに貞潔さは損なわれ、誰もが愛に統合されずに、鬱積するだけのモノラルな私情に求められるモラルなどが恫喝を続け、言葉に退く由縁や、君の影を背負う現実的な帰巣から、快活な動機すら損ない退廃的なモジュールとして詩的な誓いのキスを反復させ、むさぼるだけの動機の中での貪婪な餓鬼として、揺籃で眠ることすらできずに、地べたで育てられた物事たちのロンドが延々と中空を舞い、言葉の影にもたらされるものにうっとうしくからまる悲劇が求めるだけの印象から、淫蕩さを生み出すだけの差異から、散漫な意識に儀式を求めるだけの等位から、投影されるものに支配されるだけの存在とは、ぞんざいに扱われ、そこで意思を損ないながら、意味へと屈従することだけが目的のように自己を崇めるような自己崇拝が浸透し、勘違いを生み出し続けるだけのナルシシズムから、内面的な焦熱を終え、現時点に綻ぶメロディーが調和などを求め、同調することにより、自らをより狂わせるだけに至り、より近付くほどに、ここで補填されるものなどは問題を用い、何かを支配することだけが、自らの豊かさを保つ秘訣なのだ、と惰性に放置された答えにシンクロする君の意味が用いる独裁的な意思から、陰鬱な衝動を抱え、破壊に追いやるだけの君の域に迫る悲しみに復元されるだけの位置的な戸惑いから、同化していくだけに自らの規律を位置的に保つだけの摩耗から、問題と統合されることにより、ここでよりよいものすら見出せずに、じっと続く先を訂正し続けるほどに、インタラクティブなものとして愛を伝え続けることだけが昇華へと導き、怯えることなく、消費を続ける先に得るものなどは、微々たるものであり、ここで近付くものなどは、何かに怖じ気付き、気付いたころには傷だらけであるし、孤独ではあるが、その孤独をも楽しむような創造性だけが、虐げられずに、従わずに従えずに、続くことだけを続ける純粋な意志だけが、君を保つことすらなく、ここに現れる苦楽などに左右されることもなく、思想すらも不必要で、まして用いられるだけの言葉などを撥ね除け、自ら語るものだけを物語る唯一の者として、自らを推し進めることだけが、答えに拘泥せずに、ここで退行せずに、ここに用いられるものに支配されずに、ここで刷新され、審査されることもなく、ここで支払う義務すらもなく、空疎なものを用いずに、物憂げに眺めるだけの 傍観者にあらず、ここであらがうことを謳歌し続ける。