時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

あいまいなもの


 孤独たちも静かに眠る夜だ。不健康そうな遭難者がなびく裏庭でルーツを探るだけの傍観者がフォーカスするものなどは、貪婪に導くだけの過程に怯えるだけの老化を進ませ、薄い膜に包まれ互換されるだけの静謐さに清貧さを求めても、とめどなくあふれる理由などが粒子などに変わる現時点から消費されるだけの論理を加速させるだけの加速器の中で優劣を決め込むだけの消費的な関連性から、連動していく痛みへと悲劇を加速させるだけの希望の数々のあいまいな輪唱を聞いては、倦怠感を抱え、深層心理の進路を破壊すべき精神分析などは、誰のこころも濾過できずに、この場で枯渇へと追いやるだけの憂鬱さを枷に変え、連綿たる事情から、情緒を破壊するだけのリリカルさの浸透から、サディスティックな一貫性を孕む法則的な価値から飢渇していくだけの精神は、表現を失い、ここで浪費されるだけの動機を過激な思想に変え、領土を奪うだなんだ、とはびこる悪意の全容を仮称することだけに専念するような資本主義的な情交を重ね、完全性を求めるほどに嘔吐を繰り返し、惰性な日々に欠如していく保身から、翻弄され、放浪を続ける辺りから、篭絡されるだけの関係から生還できずに、その場で朽ち果てるだけに至る私は、感情が何であるかも分からずに、今に隔てられるだけに至るような要理や、真実とは、ここで横暴な価値を組み込みながら、兆しを奪うだけに至るような闘争を生み出し、今を踏み台にし、憎しみを加速させ、有する寂しさに屈するだけに至るような脆弱な精神こそを育てるような教育が生み出す保身から、応用されるだけの原理が立証する軽薄な精神などは、ここで効率性を求めるだけの同調を求め、ここで精白なものであるべく純粋性を求めるほどに制度の中でしかはたらきを加えられずに、運動とは、そこで定着するものの中でしか自らの企てを認められずに、自らを批判するだけに至るような倒錯から、ここに等差を求め、応じるだけの答えに生み出す過程から、諦観へと至らせるだけの逃走こそが、唯一の正解を生み出し、企てられたものから逃げ出し、そこに生み出される行いなどは、そこに弊害を生み出すだけに至り、いたわることを知らずに、居続けることにより、言い分けがましく緩慢に作用するだけに至るような穢れを生み出すのが、都会でもあるし、ここで効率を求められるほどに、恋とは懸け離れて行き、ここで同調するものなどは、大衆を操作するためにもたらされる詭弁であるし、君のご機嫌をうかがうために症状を悪化させるための幽閉を執り行い、虜にされた少女たちを磔にする大人たちの道楽から、淘汰されるだけの感情は、今に瀰漫する不安を解消するために生み出される金銭へと変わるだけの過去を消費するために支払われるだけの慈善的な悠遠に広がる疲憊するだけの現在に体現されるものなどは、物語に軋轢を与え、そこで衝突を続ける互いがぶつかり合う連続性の運動から、延々と取り外されるだけの忘我に至る感情に損なうだけの自堕落な日々にペシミズムに至り、痛みを抱える身体に位置づけるだけの価値から、懐疑的な日常に情愛を求め、理想を供給するほどに、ここで数理をまとい、保たれる均衡などは、ここに意志を持たずに、離れるだけの偽善的な影を背負い、挿入されるだけのファルス的なものから、物陰に隠れる高圧的な履歴から逃げ惑う保身が、貧するだけの状態に揺らぐだけの環境的な汚染や、そこで戦乱を生み出すだけの同化を終え、こじらせ続ける痛みから、こしらえられる痛みに孤独が寄りかかり、過信を用い、懐疑的な日常の飛沫を浴び、あいまいな季節の風刺をたずさえ、俗世に伝う物事などは、記憶をむさぼるだけの餓鬼が生み出すだけの情操でしかなく、ここで少々のギミックを説き明かしても、その場で生まれることごとくは、何かの意思をたずさえる以前に、何かを持たされることにより、ここに寄りかかるものなどは、何かを生み出した何かが、何かを踏み台にすべく、意思を奪い、同調するだけに至らせるような物事との統合を目指すためだけに正常を謳い、そこで差異を生み出す限りに、相似するほどに本質とは、互いをとがめ、意味に枷を嵌め、世界を奪うだけに至るような怠惰な法を作り、互いを恨むだけに至らせ、いぶかる先に真実も毒々しいものに変わり、中身もないままで良いのに、何かを詰め込まれる限りに偏るのが、形有るものの哀れであるし、何かを否定するほどに偏り続ける精神は、清潔感を失い、そこでないがしろにする意味に背反し、はびこる悪意を加速させ、意思を拘束させるほどに、そこで生み出されるものだけを惰性に支配することこそが、正しいものに導くというような見くびりから、ここでびくつく心情は、いくつもの恐怖に震え、そこで解消される不安のためだけに自らの疲れを癒やし、今をうやむやにするだけのむさぼる快楽だけが、本質へと至らせ、体制にこびへつらい、ここで平衡を保とうとするほどに用いられるものや、持たされるものの意味に気が付き、飢渇するだけの精神は、平静を保とうとするほどに疎ましいものに関わり、懐疑的な日々に卑屈になり、担う意味も、似合うことだけを考え、歓喜へと至り、改心を求めるほどに浪費し、逃避するだけの今に欺瞞を用い、犠牲的な経路を渡り、退廃的な悟性を掲げ、ここで影になるだけの自分を消費し続けるほどに、本質などは消え去り、ここで自らの存在を認識しているようで、何かに操作されているような解離性を掲げ、回避するだけの日々は、解消されない痛みをまとうことを義務だ、と促すようなものが即す意味などは、今に怯えるだけに今に幽閉されるだけに至り、今をいぶかるほどに、何かに飼われ、狩られることを待ち、怯えるだけの者のようで、そこで酔いしれる痛みから、揺動されるだけの事実に嚮導する者の悲劇を背負うことにより、「自らの痛みは加速し」ここで思うことすら、思わせられているだけに至るだけであるし、そこでの苦しみに利用されているだけなのだ。