読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

調教された意思

何かを正しいとして判断する器官が示す苦しみや、漂う悪意に緩慢に作用する現時点を乖離させるだけの精神的な破裂から、ジレンマを溜め込むだけの入居者を受け入れ続ける超巨大な団地として自らを提示するような対立する身体を補完するだけの理論を屠るだけの情緒がレプリカとして生きるためだけに、ためらわずに受け入れ続けるだけの性的な余波から、夜明けを待つ君の虚空に嵌め込むべき事実も、君が生み出す苦しみにより、そこにしこりが生まれ、軋轢を生み出し、終わらぬ敵愾心に苦しむだけの不安とは、君が起因となる絶望だけが生み出す苦しみにより、今に等差を生み出し、問い質す以前に今に生まれる苦しみに補完されるだけの苦しみを体感するだけに至るようなガイダンスから、快感原則を促すだけの戒律から、ここで対立する精神性などは、正解を生み出さずに、何かに左右されるほどに偏った思想に縁取られ、俯瞰を奪われ、無感覚にこじらせる精神は世界性を失い、そこで齟齬するものとと対立を続け、似而非なものを織り成し、被害者意識を形成し、そこに現れるものだけを信心するだけの体たらくな自傷から、貞操を守ろうとするほどに、ここで固執するだけに至るような遅滞にはびこるジレンマに飲み込まれ、自らの苦しみに補完されるだけの思春期の契合や、迎合されるものだけを本質として捉え、真実をごまかすだけに至るような誘惑から、憂鬱が迫り、過去に飲み込まれるだけの兼ね合いから、互換されるほどに魯鈍なものに至り、陥る先に現れる暗闇にあらがえずに、ここに現れるもののぬくもりにすら気付かずに、ここに現れるものに指定されるだけの義務に空疎なものをたずさえ、ここで愚意を重ねるほどに語弊が生まれ、ここに現れる弊害として生きることの苦しみに統合される悲しみだけが、世界を世界として認識する苦しみを敷衍させるだけがリアリティーを伝えるものだ、と受け取るほどに、君の苦しみとは利己的なものを生み、今に悶えるほどに怯えるだけに至るような脳内で生成される神学が打算するものが平衡などを謳う限りに君への負荷は生まれ、空間を用い、時間に閉じ込められ、ここで言葉を喪失し、ここで用いられるものへと統合されることが正常なのだ、と世界を世界として指定し続ける先に現れる意味合いにあらがえずに、今に暴かれる真実も陰惨なものを育て惰性に生きることだけが、生きることである、と宣言するような幼稚な企みから、ここで枠組みを生み出すほどに物事の中に閉じ込められ、ここで生み出されるものが絶えずよろこびを生むという幻想をたずさえ、それだけを現実として堅持し、堅牢な意思をたずさえ、すべては正しいとされるほどに現存していくように思えるような今に現れる意味を正そうとする存在すらも危ういものであるし、あやふやなものであるのに、何かを分析し、今に改ざんされるだけの正常さを謳うだけの本質などに偏りを示し、勝ち誇ったようにいられるのか、と苛立ちを拡散するよりも、ここで同封されるだけの真実とは、幸福を求めるほどに、自らを不幸にするような転換から、観点を失い、そこでさまようだけに至り、あてもなく従事するぼどにあらがうことをためらい、今に現れる苦しみにあらがえずにあてがわれる苦しみを演じるだけに生命を終えるような基礎を生み出すような答えへと流されるほどに、君の苦しみは倍増するのであるし、そこに現れる疑問を解除しようともくろむほどに目録や目次にだまされ、些細な意味が突き刺さり、君の身動きを取られなくするようなこころみばかりが、あたかも正解を生じ、ここに記載され、起算されるものだけが世界を警醒し、正解へと導くように思えるような疑似的な超越から、徴候を超克し、ここに現れる苦痛などを感じる限りに苦しみとは敷衍し、ここに現れる苦しみを延々と感じるほどに時間から抜け出せずに、そこに現れる苦しみを演じ続ける辺りから、君の苦しみを起因として因果を葬れずに、ここに現れる苦しみだけを表現することだけに専念するほどに制限を生み出し、平静を保てずに、ここに現れる苦しみに屈するほどにくすむ現在に罪を課せ、軽減しない痛みや今に瀰漫する苦しみに意思を奪われ、悪態をつくだけに至るような現在に限界を促すだけに至らせるようなリズムに利息を支払うだけに至らせるような関係が形容されるものへと契約を結び続けるほどに詐欺的な集団が促す法がまかりとおるのであるし、そこで統合されるものだけが真実を語るように示すだけの教育などが跋扈し、漠然とした意思に釈明を続けるだけのにせものの価値である私の愚論と卑下するほどに、自らをいじけたものにするだけであるし、君自身を否定することでもたらされるような真実などは真実などではなく、君自身を正そうとするほどに正しさとは生まれては消えていくものであるし、ここにもたらされる真実などは、真実として現れるものをあたかも体感するほどに生まれる快感などを不規則に伝え、又借りする意思や、狩られるだけの今に現れる不安をかき消し、書き換えるだけの不安だけが次々に迫り、狭い価値へと至らせるような修復を謳うだけの分析を打ち砕き、ここに現れる苦しみなどは考えるほどに苦しみを加速させ、そこに枷を生み出し世界を奪うだけに至るのであり、君が想像する限りに生まれるものがすべてであり、そこに現れるものを不可能可能と促す以前に、君が思うことだけがすべてであり、他者が配するものに騙されているままでは、ここでままならぬものを背負い、あたかも生きているかのように示すことだけが生きているように示すことである、と専横されたままでは、些細なものに飲み込まれ、今に自らの意志を失い、与えられた世界での生活を演じることだけに専念する。