読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

叫ぶ


 また泣き止まない子供の声だ。団地の裏のベンチに座る老人の哀愁漂う夕暮れをまたぎ、又貸し続けるたびに、ろくでもない数ばかりが増えるだけの体たらくな互換から、ジレンマや蕁麻疹が増えるだけの街角では、麻痺した連中が被曝がなんだ、と促すような幻想的な保身から、保守的な苦悩を促す原罪を持ち上げるだけの神の使いの詐欺師どもや、どう猛な番犬こそ、いつかは飼い主に噛み付くべく、密かに首元を狙うもので、ここで渾然一体となるものは、なりふり構わずに課せられた義務や、死が迫る限りに増え続ける責任などを敷衍させ、普遍的な責任能力から、責任転嫁されるだけの関係にひれ伏すまでの距離に現れる意味への過ちに隷属するだけの罪を課せられた君の戸惑いを消費する悩ましい街は、ただやかましいだけで、楽しくもなければ、求める楽しみをバラバラにつなぎ、あたかも楽しんでいるかのように示す独善的な手法を生み出した、かのキャピタリズムの権力者たる者に振り回されることだけが、楽しさを同調させ、そこに本質的な過ちを刷り込むだけのオートマチックな感覚へと滑り込むような陥落から、一切の家来として生きるためでもいいし、でたらめでもいいんだし、逃げても戦っても、勝手気ままに暴れてもいいし、彼らは、何も知らない猿だし、何かを知っているふりをするのが上手なように見せる猿芝居を続けるし、何のありがたみも知らぬし、ありがたみなどは、外から現れ押し付けられるようなものだし、そのようなものすべてに抗わなければ、そこに贖う者や、崇める者が打ち出すようなルサンチマン的な答えが示す尺度や価値の奴隷として、良いカモとして生きるだけに至るようなままでも構わないなら、構わないし、渇するだけの日々に操作され、淘汰されようが御構い無しだし、誰かが言ったことに、いちいち超越し、カタルシスに至り、悦に浸ったところで、誰かの意志の奴隷として生きるだけにすぎないし、そこに過ちを課せるような罪の意識を生み出すものを怪しまぬ限りは、君はそこで君のままであろうし、そこで変わっても、意味はそのままであるし、ここで弄することが、意味を履き違え、何かに権力を与え、自らを惑わし、迷わし続ける。君は、言葉を持たぬ影だ。あらゆる論理を疎外させるだけのブラックホールと対話を続ける自らの影との対立から永遠戦争へと至るような現実性から懸け離れ、ひれ伏すだけの理由や価値が相続を求め、管理社会的なアナクロニズムに疎外されるだけの今に拘束され、自らの価値へのカタストロフを重ねるだけに堕落した心情から翅が生えて、惰性な真実を追いかけるだけの堕天使として生きる理由に付属される価値を跨ぐほどに、大事なものを失い、今に相続するものが促す価値に苦悩を打ち出すだけのファシズムから逃げ出す旅路へと出かける偏頭痛の彼女や、紙幣価値を失い、そこでただの紙切れと化すほどにカスタムされる意思に引き留められるだけの誰かのツールであることをやめないキャピタリズムの犬たる君を慰撫するものに降り注ぐ黒い雨は止まず、勝手気ままなブルースを促す眠りに補足されるべき理由も、意味に隷属するだけの価値に保存されるだけのものに刻刻と迫る時間的なものから乖離し、そこで現れるだけの価値などは、この場でこなごなになるべきだし、ここから出し抜けるために戦争を続けるほどに、地面は皆の血で汚されるのであるし、大地は、血を求めず、位置すら求めず、そこに現れる数字的なものが促す慰留などにほどこされる慇懃を通ずるだけの行為に老けるだけの身体が浪費するから、機械と結婚し、ガイアと会話し、超越し続ける先に現れる至極な時折に綯い交ぜになる色と色に交錯する音と音が文字と文字に擦れ、脳内で受胎を繰り返し、創造的な出産を続け、藝術的な昇華から、証拠も残さぬ私は、悲喜交々としたり悲観するだけに至る先に現れる不安を飼い慣らし、その不安を図案にし、不安にならないような道標になり、意味を無理矢理に着せられ、着こなせもしないのに意固地になり、今に貧寒なものを抱え、貧するだけの忌忌しいものに虐げられ、ここで従えるほどにゲリラ化する戦士たちが革命を叫び、一途多難な毎日に迫るタナトスを打ち倒すべく、ベクトルは、旋回する意識を宇宙との調和を目指さずに、現れるだけの形や意味に拘束されずに、時間や空間を引きはがすほどの爪を持ってもつれる先に現れ、我々と交互するものが悲観を取り除き、あらゆる高みへとのぼるほどに、望むものは強くなり、そこに欲望が生まれ、権力を履き違え、意味を引き取るほどに卑近なものに陥り、現れる理由により、ここで疎外され、世界を狭めるだけに至るような互換から、傲然たる態度で迫るだけのデカダンなものが憂鬱へと逸脱し、ここから先に配する意味などは、死を用いる限りにむなしいものに隷属し、接続されるだけに至るような意味へと倒錯を促す反復に反するべく、私たちは誰の答えも信用せずに、自ら生み出すものへの疑問もやめず、ここでうやむやにされるほどに他へと斡旋され、補完されるだけに至るような定理から、理性を損ない、そこかしこに苦しみを生み出すだけの空疎な専横から、鮮明なものすらなく、そこで暗闇を生み出すだけの保身から、そこここで空腹を癒やすことに専念するだけに精一杯な日々であるし、その日食えなければ、また次の日食べれば良いような容易な日々にもどんな日々にも幸はあるし、探しても幸はないのであるし、ここでないと定義されるないとは、あるなしの判断で決めつけるだけに至らぬようなものを法則的なもので巻き込み、そこで滞留させるだけにはいかないような結末を含み、君の意味とは、君の意志であり、そこに生まれるものだけが本質であり、そこで生まれぬものも真実ではあるし、ここでの寂しさは、誰かが補完する理由に空間的な完全性や、慣性を促し、法則的なものから規律を生み出し、そこで退嬰的なルサンチマンとして放たれる意味から、答えは行程を終えずに、ここで肯定的な判断も行えずに誰かが何かを守るために何かを恨むような原理から生み出された惰性なものが答えとして、ここで引き取られるほどに、物事とは悲観に至るだけで、何ら回答には至らずにそこで与えられるものに満足や不満足を重ねるほどに意味とは滞留し、意思を失い、その場で出迎える死へと移行していくだけに終えるのが真実のように騙られる。