時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

尾っぽ


 そこかしこに迫るアンサンブルが延々と続き、ここで肯定されるものだけが、精神性に制度などは生まず、ここで憎しみを媒介し、偉そうに指図するだけの者や、偉そうに餌をまくだけの者どもがのさばるだけのサバイバルを突き進むような状態に孤立するだけの退嬰的な者や、保身を用い、自らを美化するためや、誇示するほどに、今に正気を損ない、こじつけられるものに支配され、生じる痛みに耐えかねずに、構築される理論に保持する意味が君を膠着させ、ここにほどこされる苦しみだけを生み出し、今に補足される苦悩や、能動的に至らずに、膠着するほどに、何かを恨むことだけに専念するような宣言を撒き散らし、ここではびこる悪意だけが本質へと至り、遅滞するだけに至る精神をここに置いて行き、孤立させるだけに至るような倒錯や、等位にもとづく意味だけが、その者の生き方を膠着させ、拗れるだけに至るような意味を継ぎ接ぎに縫い合わし、しあわせを求めるほどに、しあわせとは名ばかりのものに謀るだけに至り、ここで高次に至らずに、憂鬱に支配され、今にシンクロするものなどの魯鈍さに気付かずに、今に現れる違いに気付かずに、既読されることだけを目的に何かを騙し、ここで奪うだけに至るような悪趣味な搾取がアクセスを求め、そこで制限され、数理にもとづくエゴから、行為にもとづく心証に浸食していく苦悩が促すノウハウや、抑圧されるだけに至るような結末から、迎合されるものだけを真実として捉え、途端に増える苦悩が悪魔的なものをもたげ、用いられるものに偏りを示すことに理すらも提示される意味にもとづくものだけを本質として捉え、今に音沙汰もなく、ここで誇示するものだけが、正解へと導き、不正を働き、ここで望みを失い、培われたものも、今にはびこる悪意だけに相続させ、ここで姿勢を損ない、孤立するだけに至る絶え間ない痛みから、ここで阻まれるだけに至るような屈辱や、ここで垂涎するだけに至るような怠惰なものを用い、ここで離別するだけのシーンに悲しみは、体系的なものにこじつけられるものだけに気配を奪われ、今に均等なものすらないから、ここで機能すべき意味すらもなく、ここでこじ開けるべき意味を用い、君を専横するだけに至るような緻密な意味から、偶像とは、必然性を支配し、ここに用いられる意味に縁取られるだけに至るような人間であるべく、今に帰する意味から、関する間に寛容さもなければ、ここに現れる苦しみに延々とからまり、関わるほどに、かけがえのないものや、掛け合うものが、互いを止揚できずに、途端に抱擁され、些細な愛から、たちまちに現れる苦しみを昇華させ、証拠も残さずに、ここに持ち上げられた意味や、ここで交わされる愛や、横暴な意味で今を締め付けることだけを示すような権力的な統合から、逃亡し続ける限りにたぎる命の高揚感や、逃げることが示すことであり、ここに現れるものから逃れることだけが、今を愛することであるし、ここに現れる空虚感などは、簡易に芝居を続けることだけに至り、ここで構築されるものなどは、ここに順序を用い、低劣なもので支配することだけに専念し、征服欲を満たすことだけに生まれる自らの起伏や、拗れる先に誇示することしか、ここでの支配を強調できずに、そこに現れるものに満たされるだけの未来とは、ここで偶像を生み出し、見出すものも、今に折れ曲がり、漠然とした不安に襲われ、横暴な支配から、ここでの役目を担えずに、奪われるだけの感覚に囚われ、弄するだけに至る心情や、消去されるだけに至る記憶や、刻刻と迫る意味に孤高であるべく、弁解を続けるだけに至るような試みや、企みの合間にきわだつ苦しみが空疎な自分を利己的なものに変えるだけの精神の内部での軋轢から、敵愾心を用い、強固な憎悪で今を破壊するだけに至り、自傷的なものが外に向けられ、弱者を選び、虐めるだけに至るような教義がここで専横し、洗脳を続け、君を懈怠させ、些細な痛みを元手に、ここでの痛みから孤立し、ここに現れる痛みこそが、君を認識するものであるのだ、と名付けるだけの病名から、病は加速し、ここでの過ちは、名付けられた途端に認識を深め、ここに配属することを選び、ここに現れる結末や、拘泥するだけに至るような位置的な予感や、有する間に時代錯誤に陥り、横溢する言葉に自らを投じ、ここでこじつけられるだけの身体を多目的な者に捧げ、軽い身体として、軽蔑され、軽薄な論理に支配され、感応するほどに、官能的なものに順応し、快楽のための身体を屠るだけの自己を傍観する自分を疎外させることだけに専念するような快楽に溺れるだけの退廃的な傲慢さを自らの中で育て、惰性にうごめく思考や、ここで考えを喪失し、損なわれる思いが自供を続け、未熟な独白から、もうろうと真理をさまようほどに、ここでは魯鈍な役目を綴るだけの意識的な汚穢を生み出し、孤立するほどに悪意を芽生えさせ、ここで演じる空虚さや、抑えきれない衝動を演じることだけが、自らの役目のように補完され続ける憎悪と意識的な聡明さを損ない、そこで怯えるだけに至るような暴力性が制度を生み出し、今を膠着させるだけであり、ここで暴かれる真実などは、ここでの意味を枷に変えるだけの答えを延々とつなぐことだけに専念した歴史が引きずる悪意にしか過ぎない。