時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

知るということ


 掻き乱される思いが、何かにすがろうとするほどに、その場での意味にからまり、関わるほどに、自らの意志を損ない、そこに現れる力に奪われるだけの観念が軽減されない痛みを抱え、往復するだけの不安に捏造されるだけの空間に安易な時間に取り残されているかのように示される間に求めるだけに交換される恐怖との対話から背反するほどの強靱な意志を用い、ここで用いられる力などは、位置的なまがい物をばらまくだけの衝動が率いた意味が卑近なものに改ざんするだめの動機に至らせるだけであるし、ここででたらめなものに改ざんさせられるだけに至るようなリビドーなどをくすぐり、ここで帰属するものなどは、物質的な猶予からエクソダスしないように、複製されるだけの真実や、そこで信じるものなどは、一切の真実を語らずに、ここに現れるものにすがるほどに、自らの弱さは際立ち、ここで苦しむだけに至るような衝動から、症状は悪化するだけに至り、そこでため込む汚穢が終わりなどを謳い、ここで虐げられ続ける精神にアレルギー反応を示すだけの低劣な身体から、力学を損ない、そこで修復されない痛みをさえずるだけの記憶が臆する間にくすむだけの感情が住まいを失い、入れ物としての身体を傍観するだけに饐えた香りを放つ四季から、改造されるだけの身体が浪費するだけの狂騒から、回線をショートさせ、うそぶくだけの退嬰的な自己を葬るだけの闇夜から、散漫な意識に現れる境界に迫るエレジーなどに入り交じる主観が、体制的なものに屠られるだけの自分を傍観し続ける先々で対立を続けるだけの幼稚な策略から、介する間にロマンを失い、そこで牛耳られるだけに至るような傀儡と化した精神を仮想のもので覆い、そこで横溢する苦しみが理不尽なものや、不当なものを用い、今に浸るだけの意味から、悲観するだけに至らせるような世界的な境目から現れる苦しみなどが力学を用い、自らを昇華させるようなエネルギーを率い、自らを昇華させる限りに時間や空間や時代や思想や、信仰や宗教から放たれ、ただ現れるものと高揚し、共有という概念すらなく、ただ現れるものを相知ることに観念は不潔なものに変わるし、ここに現れ認識するものなどは、与えられたイメージにそぐうものでしかなく、関係を屍に変え、死をバネにしては、自らを利己的な者に変化させ、肯定し続ける意識も独善的なものでしかなく、そこに理もないから、すがるだけに至る世界から巣立てずに、惰性な批判を続け、そこに受け入れるべき意味すらも剥奪され、誰の怒りかすらもわからぬものに賛同するほどに、倫理観などは破壊され、そこで欠如していくものに熟知すべきものもなくなり、ここで奪い合うだけの権利への闘争から、互いをとがめるだけに至る論争から、平衡感覚を失い、ただ互いを破壊すべく、すべてを搾取するためだけの絶え間ない戦争へと至るような情報の中では、顔を見合わせて判断をせぬから、そこで勘違いを生み、「そこで軽々しく虐げられるだけに至る酔うな『自己』を傍観するだけに至る自分を傍観するような自分を卑下し続けるほどに、魯鈍なものに成り下がることに気付かぬ限り」は、誰かの怒りを背負い、あたかも自分に痛みのように消費し、それに同調し続けるほどに、自らとは喪失し、そこで探す自分などは、他者を介した自己を磔にしては、そこで神として崇めるための自分を育てるだけに至るような独善的な手法から、そこで改善を謳うだけの魯鈍な結末から、ここで書き換えられるほどに鬱積する心情は、侵攻する敵愾心に飲まれ、自らをルサンチマンの怪物として育て上げ、そこで奉るようなものが、今を横柄に支配し、史観を用い、絶対性を誤読し、自らを十全なものとして仕立て上げ、何かを奪うことだけに専念するのが、人間性の哀れであるし、そこに現れるものに哀れみを持ち同情するほどに、自らの意志とは喪失させ、何かの力に荷担することでしか悲しみすらも表現できないのが考える者としての哀れを加速させ、金だけのための学位が放つ悪意や、ただ傲慢なだけの学者が促す学説にアクセスするほどに、悪趣味な者として改ざんされるだけの未熟な精神が受講するものなどは、何の足しにもならず、求めるだけの者として、定理にもとづく憎悪から、増幅する真偽にもとづく調律を施すだけの道化として、ファシズムの道具として、偶像の支配者として、独裁的な首謀者として、搬送されるだけの真理を受け取るだけの取るに足らぬ答えを理想だ、と諭すような親心の空疎な結末に響く意味と、そのベクトルに関し、ここで強調されるだけの意味とは、怒りを履き違え、何かを壊すことを専門職に変え、譫妄し続ける先に自らの鞭毛は切り取られ、身動きを取られなくするための情報をまとい、自らを苦しめるべく、自らが騙すことだけに専念することから、この苦しみとは繰り返されるものであるし、そこで信号を変えれば、ここで生み出されるものが愛の物質に変わり、ここで果たすべき義務すらもなく、そこに現れるものを知ることから、ここでの理とは、何でもないものであり、ここで交わるものなどは、答えすらも求めずに、ただ流れるままを愛し、ただ現れるものを抱合するよろこびだけが敷衍し、ここに現れる苦しみなどは、瞬時に消え去り、そこで賢者としての役目を果たすよりも、今に結び目は強靱なものになり、外れぬ意志は、そこに現れるよろこびだけを表し、今に生まれる運命などは、運命論の中だけに引きこもり、そうあるべきなのだ、と強調するだけに至るような運命をも引き裂くような強靱さを持って、今を突き破るよろこび!!。