読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

秘密


 覚者として傍観する日々も、この場で屈従し、誰かに促されるままに生きる君も、同じような動機で今を等閑にし、憎むことだけに専念し、その場で従事するだけで時間を終える日々も、この場で擁護しきれぬものを抱え、祈願するだけで、何も変わらぬ君も、同じようなものを重ね、ここで浸食されるだけの自己を傍観し、ここで暴走するものや、本質を損ない、そこかしこで徒労を重ね、現存する意味やここで奔走するほどに、秘密を跨ぎ、この場に現れる物事が複製され、ここで痛打されるだけの恋の終わりや、彫り込まれた意味に隠された真実などが露呈する意味や、そこで汚穢に変わるだけの感情や、環境に責任転嫁するよりも、すぐさま世界を変化させるべく、世界として名付けられる以前の世界に祝福を謳う前に、ここに現れる自らを強調することだけに専念するよりも、捻出される意味や、捻転するほどに歪曲するだけの事実や、ここで洗練されずに、聡明なものすら損なわれ、ここで高尚に至らずに、その場で軽薄なものに変わるだけに証拠もなくなり、内面的なものを破綻に追いやるだけに至るような統制から、スタイルは損なわれるだけであり、ここで惰性なものに変わるだけにかけがえのないものはなくなり、ここで謳われるものとして扱われるだけの日々を捏造し続ける先々で対立は生まれ、空疎な信仰は、姑息なものを建築することで、何かを崇めることに特別感を与え、絶えずシンクロし続けるものへと補完されるだけの信仰心などを手繰り、保たれる意味も、つむがれる文字も、ことごとくに統合させるべく、何かを同情し、そこで弱者の観念を生み出し、そこで絶えず何かを恨むようなものを生み出すだけに至らせるような優しい暴力性を含み、何かを弱さで虜ににし、憎むことを表面にあらわさずに、ここに現れる苦しみを櫓櫂し、ここで相互する意味が焦燥感を掻き立て、書き換えられるだけの心情が、保身を用い、ここで崇められるだけの神が、君を奪うまでの距離に継続する幸福などを謳う先に現れる苦しみに結末は、崇めるほどに、ここに虚偽を生み出し卑俗なものに陥る。おとずれる隙間にやってくる覚醒への道を歩む神との対話を終え、本質的な信仰とは、ここで孤立するような感情を引き替えるための惰性なためらいをほどくような昇華へと至るべく、神とは崇めるのではなく、仕えるのでもなく、ただ同調するものとして、あらゆるものとの共鳴を互いに取り込み、ここに現れる苦しみを浪費するだけに終えるような日々に覆われるだけの身体を保存するだけに至るような闘争から、ここで感知しないものや、予知しないものへと相互していく意識が延々と聡明なままに意味を取り込み、ここで倒錯するだけに至るような感染から、懸命に逃れようと逃げ惑う君の理想郷などを謳う以前に、ここに現れるままに、愛することだけを知るのだ、と伝える。現実とはその場で逃避を続け、自らを騙すことだけに専念するような時間が捻転し、同じような出来事をここで屠るだけに至るような徒な時間を模写するだけの自己が孤立感を抱え、簡易の私情に迫るにせものの動機や、ここで世界観を葬るだけに至らせるような正義が腐敗を生み出し、不快感をあらわにする簡易の存在を着込んだ自己が利己的なものを抱え、悪化する心情が徒労を重ね、ここで弄することだけに現れる理論に携わり、当たり障りのない日々に緻密に生まれる理想論的なものに騙されることだけが、唯一のしあわせをつかむようなものだ、と妥当な位置から意味を配するだけの相似から、痛みが増していくだけに惰性な意味や、ここで昏睡するだけに至るような痛みから、いびつな意味に迫るにせものの過程から、訂正されるだけの認識とは、何かに騙されるだけに至るような痛みを吐き出すだけに生まれる苦悩の中で参画するものが、攪拌され、ここでの痛みを増していくだけに至る。求められるものとは、ここに論難を用い、何かを否定することで得られる報酬を待ちわびるだけの脳内が果たす義務のために、自らを理想的に操作すべく、すべては綺麗なものであるべきなのだ、と促すような美徳などは、その場での規律に従うだけに専念し、死を羽織り、ここで硬直するだけに至るような結末や、しびれる右脳が処理する創造的な奔走から、反応する限りに陰る本質から、軽減されない痛みを生み出すだけに浸る意味から、リリカルなものは損なわれ、そこでないがしろにするだけに浸る意味から退化していくだけに至り、ここでたかる者どもが卑劣なものと合致し、自らを偶像的なものに仕上げ、ここで思案するものなどは、何も残さずに、ここで心残りを授けるだけに至り、ここで指図されるだけに浸る意味とは、君との交わりを否定し、ここに現れるものへと孤立することだけに至らせるようなギミックを用い、意味とは、意味との距離感を保てずに、自らを理想的なものに仕立て上げるほどに、自らを騙す結論に至る。ここで応答するものは、どこでも応用されるような価値に浸るほどに、自らを高尚なものに止揚し続ける辺りから、あいまいなマインドは、毎日の理知に反し、物理的なものにとがめられ、自らの理想とは、ここで興ずるものに操作され、自らを喪失し続ける限りに流布されるものが、ここで塗布され、荒涼たる今に起源を残し、どこにでも軋轢を重ね、ここで軽減されない痛みが、意味を覆い尽くし、応じるだけの答えは、世界にデカダンなものを用い、今をモチーフに現実に屈従していくだけに至るような対話から、大抵の異物感を取り払うべく、ベクトルは、点線の間を旋回し、数学的な猶予を泳ぎ、応用されるだけの答えに領土を奪われるだけの他者を介した苦悩を取り払うべく、ここで生まれるベクトルとは、悪意を含み、複雑に入り組む理由から、器用に抜け出し、自堕落に消費されるだけの価値観を逍遥し、安易な支配をもくろむだけの情報の虜として、画面に釘付けになるほどに、考えとは損なわれ、そこで考えることなどは、馬鹿げたことであり、無駄なことであるかのように示すような画面の中での勝敗を決めたがるプロパガンダから、理想論的な救出を謳うほどに、ここで求刑される罪に混濁していく意識的な汚穢を抱え、重ねる愛も、名ばかりのものに陥り、応じる答えに立証されるだけの罪を背負うための義務感が、簡易なもので支配し、芝居を続ける限り迫る意味は、痛みを抱え、ここであらがうほどに、退屈なものを消費することだけに専念し、逃避し続ける先に生まれる権利などは、理想的なものを生み出さずに、利己的なものを生み出し、自らの意味に陥る限りに陰る本質は、意味との対立を続け、君自身を君が傷つけるだけに至り、いぶかる先に生まれるデカダンに対処できずに、自らを苦しめるための方法論を捏造していく。そこかしこにもとづく定理などは、何かに毒づくためだけに絶えず進行する痛みを疎外させるためだけのためらいをここに生み、奪い合うだけの権利から、利己的な象徴を作り上げ、そこで闘争へと至るだけの統制から、自ら生み出す力学も、互いを動作させるための言葉に変わり、ここで関わるほどに、かかずらうだけに至り、価値観とは、聡明なものを損ない、そこかしこに苦しみを巻き込み、ここで拘泥するだけに至らせるような苦しみを何度もサイクルさせ、ここで拗れる意味から、言葉は意味をさえぎり、存在自体を損なうような欠如を抱え、脳内で済世されるべき自らすらも損ない、そこで救世主となるべく自らをも喪失する限りに陰る本質とは、そこで憎しみを生み出し、ここで孤立するだけに至るような殺戮と遅滞を生み出し、ここで発芽するものが延々と芽生え、新たな生命を躍動させるべき自らを作り上げぬから、そこでカラカラに乾く。