読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

交互


 意識に滞留するものが濃淡な影を作り出し、今に折り重なる瞬間が織り込まれ、ここで理論を形成する前にさかのぼる意味を具現化するだけの懸隔から、ここで妨げられ、抵抗を続ける限りに独白をここで継ぐ毛、つたない意識から、伝わらなくとも続けることだけが、ここをまさぐりながら、継続される意味とは、今に位置を用いずに、ここで律儀に支払われるだけの義務から抜け出し、空疎な意味へとさかのぼるだけの恋の行方や、人知れず孤独に眠る君の毒々しい思いが自らを虐げるような孤独な瞬間の密度から、ここで濃密に混ざり合うような悠遠から引き出す面影も、どこか寂しげで、ここで揺らぐ情念も、誰かの価値をまさぐることだけに専念し、人の不幸だけがみずみずしいものを運ぶのです、と薄ら笑いを浮かべる天使の憎悪が心地よく無感動を促し、同化するほどに、自らとは道化と化するのであり、構築される先々で手入れを加え、冷戦を生み出す可能世界の夜更けから、簡単に処理されるだけの人間性の中での精度とは、適当なものであるし、ここに敵愾心を生み出し、はびこる悪意や、捏造されるだけの至るような人間的な敵意だけが加速し、何かを恨むことでしか、何かを晴らすこともできぬのが、人間というものに収まるだけのものであるために、あらがうことだけが、何か正しいもののように培われ、扱われるだけの人間として、今に屈従し続ける。今ここで根治されるものであり続けるために私というものが延々と続くのだ、というニヒリズムに対立し、言葉で言い表せる範囲でしか、物事を判断できずに、そこで選ばれることだけが、あたかも正しいのだ、という偽善的なマニュアルから、品位を損なっただの、と促すような倫理的な隠逸から、消耗するだけの精神が交換するような価値の中でしかまかり通らぬものなどが、今に破壊的なものを生み出し、今に屈折し、屈託なく笑うことすらできずに、今にくたびれ、裏切られるだけの現在に点在する意識的な波動や、羽音が横切る春の穏やかな静謐や、とこしえになびくあたたかい物事が、このものがたりの中で慟哭へと誘い、ここで論理的に消耗され、証拠すらも消え去り、ここで最たる意味もなくなり、最愛の日々すら傷ついた心身では何も感じられなくなり、担う意味も簡単に調べれば、何かに似合うようなものには変わるが、本質的には何も変わらずに、関わるほどに関連性は、連動するほどに、ここで蓄積された苦悩を解き放つことだけに専念し、言葉にふれる以前に全容にほどけ、とろける前衛的な証拠や、衝動性だけが、制度の中で付着するようなものとは、フラクタルなものを求めるばかりで、意志をとがめ、そこに他者を介した力を入れ込むから、自らを損ない、そこでいじけるだけに至るだろうし、ここで失墜し、そこにあったはずの日々は、そこで履き違える意味の中でか働かずに、ここで動く意味とは、今にも相違を生み出し、互いをとがめるだけに至るの、だ。

 同調するほどに、私との間に補完されるものが、不完全なものに変わり、今に邪魔なものに変わっていく。ここで抵抗するものも、ちぐはぐなものを生み出し、些細な痛みを再発され、ここでリバイバルされる価値は、今に悲観的なものを生み出し、観点を失い、自らが見出すものに騙されるだけに至り、今にいたわるべき君も、気概を失い、意味の中でさまよう限りに探すものなどは、見当たらずに、さまようだけに至り、浸る意味から位置づけられる痛みに耐えかねずに、体感するほどに、魯鈍なものを生み出すだけの怒りを生み出し、ここで裁かれるだけに至るような観念は、軽減されない痛みをまさぐりながら、偶像崇拝を続け、ここで受け付けられない痛みから、意味合いは、飢渇し続けるだけに至り、浸る痛みから、未だに解決できない不安へと移行していくだけのプログラムを破壊すべく、すべては、素敵に流動するだけであり、ここで位置づけられるだけの不安に苛まれるよりも、ここで容易に飛び越えることができるようなよろこびから、ここで飢渇し続ける限りは、変わらない痛みにさえぎられ、今に苦しむことだけに同調し、動じる意識は、動機を損ない、そこかしこに不安を流動させ、物事の正確性すら損ない、そこに至るまでの原理に悩まされるのである。
 
 ここに居続けるような不安を用いる永遠性だけが、制度に付着し、あらゆる原理を疎外するだけの痛みに破壊され、些細な痛みが用いるさえぎるだけの意味から痛みを再発され、生み出される痛みに苦しめられるだけに至るような倒錯から、闘争を深め、今に引き出される痛みにより、自らの痛みは加速し、今に悲観するほどに、関する間に生まれる衝動性に押さえ込まれた自我が忿怒を生み出し、侮蔑するだけに至るような生の中でしか、自らを体感できずに、認識する意味すら今に見失う。