時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

尖鋭な理


 機械油を垂れ流し、スモッグが垂れ籠める憐憫にふれ、不潔な観念を解き放つだけの紅蓮に輝く優美な季節に遊離していく感情を解き放つような輪廻の輪から放たれ、たちまちに現れるアニメ的な街並みに関わり、慣性を捨て去り、無重力の間柄に生まれる感性だけが、今に感情を伝え、退廃的なロマンを語る家庭的なさえぎりから、原野に帰宅する君のプリミティブな感情や、季節感を風刺した主体性を模写し続ける画家どもの至福から、市販されるだけの身体が浮遊感満載で、論理の底を漁り、意味を蹴破るほどの衝動を捕食するのが、哲学の役目であるのだ、とスピノザが語る先々で乖離していく精神は、信用を謳うばかりが、事実とは違うものとの融合こそが、この資本主義の中では正しいのだ、と語り、懐疑的な日常をカタルシスに誘うような奴隷と化することだけが、この世界では重用なのであり、ここで構築される闇の中で正解を求めるような気分を崩壊させるだけの感情を解放させるべく、私とは、この世界に降り立ち、君を背反させるべく、そこで背徳を重ね、開示される由縁を駆け巡る意志から、改善されない痛みを抱える偏頭痛の街から、喧噪が軽快な騒音を促し、輪唱する神話から、改ざんされた真理にもとづく永劫を渡り、均等な意味とは、ここで不快感を用い、前頭葉をまさぐり、海馬を崩壊させるだけに至ることだけが、精神的な解放だ、と促す仏教的な解離性から、気概を損ない、考えている風に立ち尽くす君の誤りから、感傷的なニュアンスの髪の毛がなびき、まとわりつく汗との幽境に嵌まる君の猥雑な罠から、甘美な瞬間に理論性を整序させ、ここで構築される闇との対立を続けるべく、価値に反し続けるのであり、ここで疎外を謳うようなマルクシズムから、締結していく先々で受精していく観念が孤独な子供を生むころには、このメタファーすら死に絶え、企業的な暗鬱さにのまれ、正義を謳うだけの懐疑的なジレンマを謳うだけの科学的な犯行から、配備される間に定める位置を引き伸ばすだけのデジタルの魔法を唱え、機械兵として、平均を壊すことを目的に、所持する意味を乱用することでしか、デカダンスを打ち破れずに、出来合のものを信心することだけが、自らの認識を深め、存在自体に厚みを与えるのだ、という過ちから、理論性に制度は損なわれ、君との距離が生まれる辺りから、この幼稚な策略の段階に踏まえる意味とは、不和を用い、意味との調和もできずに、デリカシーもなく染みいる意味から、浸透する意味の傀儡として、深層心理を破壊し、超自我をも引き裂くようなフロイトの誤りから、ここで摂取する意味とは、君の間に生まれた軋轢を解消すべく愛したフリをして、その行いを正すことでしか、自らを正当化できないような表現を引き裂くべく、すべては、ここで述べられる以前に、企てられる意味により、リアリティーを損ない、似而非リアリズムが哲学的な優位さに運ばれていき、何かを裁くことでしか、何かを正すこともできないような連中がでっち上げる意味から、ここで批判し続けることにより人類との調和は行われずに、自らとの差異を生み出し、計り知れない意味を搾取するだけの悪趣味な主義だ、と批判し続ける限りに本質とは陰るのであり、そこに用いられる政治性などは、幼児的なものから逃れられずに、自らを正当化しようと地団駄を踏む子供のような尊さを用いながら、何かを批判的に乗り越えられずに、自らの政治的な批判にのまれ、自らの意志とは瞬時に損なわれ、力は一切の意味を失い、一体化をもくろむ価値の犬として、淫靡な結末を生み出すだけのサキュバスどもの餌として、指定される義務を快楽で染めることにより、考えを傍観するような卑劣な脳内をアフレコするだけの心情とのぶつかりから、対象とするものすべてに敵意を剥き出しにし、憎むことでしか、自らの主義を正当化できないような思想などは、思想などではなく、そこに置かれた意味にオカルト的なものを掲げ、意味のないお経を上げるようなものであり、そこに尊さを捏造し、信じるべき意味を神に書き換え、そこで快活さを失いハウリングするノイズを聞きながら、狂い続けるだけの動機につまずくだけの退嬰的な意思や、体系的なものに関わる安堵に耽るよりも、そこで反抗的に一人きりでも闘うような純朴な青年もゆがんだ意思を抱え、持ち上げるものにもたげるだけに至るような精神性などは、成否を求めるだけにとどまり、与えられる善悪にあてがわれた意思を掲げ、意味を損ない、喪失感にとがめられ、その場で屈従することでしか自らを認識できないような世界とは、世界とは呼べずに、そこに憑依するだけの空疎な空白であり、そこに世界を当てはめ、自らを破壊するだけに至らせるような世界が用いる正常や、正当なものなどは、価値をもたらすこともなく、強制的に洗脳し、信じることだけが、唯一の救いなどと謳うような自由などを用い、意味を迫害するだけに至るような答えにまとわりつく意味にかまけるほどに、魯鈍なものに変わり、用いられる意思の中でしか、判断もできないような意志を掲げ、意味を損ない、そこで満たされないから、と求めることだけに専念する。