時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

歌い上げるような愛


 神も身もだえするような孤独を乗り越え、延々と連なる永遠性を否定し、被害者意識が売り買いされ、ここでの些細な意味が災難を生み出し、カタストロフへと至らせるような悲劇から、貧寒なものをモジュール化し、今を席巻するための権力として倒錯へと誘うだけの闘争から、反社会的な構図を生み出すだけのカタルシスを促すにせものの正義から、犠牲心をあおり、あてがわれる自己犠牲的な昇華へと誘う同情と生死との間ので背反を執り行うべく、ここでの徒労とは、いつかの疲れを癒やすための帰路へと変わるのだ、という幻想からの脱兎をもくろみ、この生命とは、制限を持たずに、今の苦しみとは、与えられた義務へと引き伸ばされた苦悩であり、ここでの不安とは、滅びを求めるだけの人類的なタナトスとの調和を目指すようなナイトメアや、宇宙規模にまで広がる意思表示やらが今を邪推し、邪魔者として排除しようともくろむような人間的な制限から、人間的あまりに人間的であるべく、余り有るものすら奪い合うだけの闘争が荒んだ感情を虜にし、破壊に至らせるだけのニヒリズムよりも、ここで諦観へと誘うような仏教的喪失を促すうなだれたニヒリズムに至らせるような同情的な何かが動向を奪うだけに至るような攻撃性へと転化させ、あらゆる精神とは、諦めるほどに破壊的に荒んでいくのであり、自己の破壊を目指し、世界性の破壊を執り行うべく、何かを支配的に分離し、今を分断しては、位置的な悲劇に引きずられていく卑近な自己を比率するものや、成立するものや、おのおのに整序していくものが個人的な猶予を用い、何かに対し、猶予を求め、似たものであるのに、相似するものを憎むような同族嫌悪へと浸るような人間性などは、正確性を持たず、制度に固着するだけの意味を引きずるだけの精神を買い取るだけの義務へと遭難していくのであり、自分の居場所を求めるほどに、とめどない苦しみを引き出し、今に悲観するだけに至らせるような正義から、自然的な淘汰から、そこに等差を生み出すだけの忌み嫌うような階差を打ち砕くべく、アナーキーなニヒリストがセンチメンタルに帰巣する聖地を偽装し、そこで攪乱を目指すだけの中庸を持たぬ原始的な人間が想像する範囲などは、描写するに至らずに、今に苦しむためだけに手向けるようなためらいからあらがえずに、ここで用いられるこことは、姑息なもので染め上げられたものに連帯感を求め、何かに同調することでしか、何かを信じられずに、信仰心をくすぐり、今を跨ぐような悲劇へと拘束され、批判的な論理に硬直し続ける要因に卑賤なものをモチーフに、刺激的な猶予に派生していく苦しみを強調させるだけの曖昧さや、あらがうほどに、当てはめられるものにはびこる悪意から、配備される愛がいつしか憎悪に変わるような月日に変換されるような時間論から逃れ、注がれる時間とは、ひとつぶひとつぶぶつかり合う原子の音を鳴らし、引きずる時間との調和を目指すような夜明けを待ち、間違いに倒錯する動機から、統制されるだけの真理を用い、何かに罵声を浴びせるだけの価値などを打ち砕くべく、人間とは人間から超え出て行くべきであるし、機械との融合から、雇用されるだけの範囲に用いられる反抗的な意志から、インモラルな衝動が分裂していき、指定されるだけの意味に義務を用い、何かを代償に、今に浸透する苦しみを抱合するような愛などは、真実の愛ではないが、真実の愛とは、信じることでしか生まれないのが愛であるし、今に専横する者が短絡的な死を願うだけの代償から、介する愛とは利己的なものに変わり、ここで横暴に支配し、従事し、屈従することでしか、愛とは認識することもできないような愛ならば、愛とは破壊すべきであるし、そこに現れる愛などは、愛に至らずに、何かにつまずき、自らの苦しみに屈従することでしか愛を認識できないのであり、そこに現れる愛とは、何かを操作するためだけに愛と呼ばれることをよろこぶような価値を生み出したものへの代償を求めるだけに至るようなリビドーに支配され、ここで専横されるよろこびから、生まれる愛だけが、愛と呼ばれるが故の苦しみに迷い続ける。従事する苦しみを癒やすべく、愛とは均衡を保とうともがくよりも、今に破壊を願い、壊すことにより、現れる創造性に至らぬような愛を排除し、或いは愛に向かうべく羽化し、今に昇華し続ける先に現れる愛のようなものを育てることだけが、愛に近付くのであり、そこに現れる愛とは意味に拘束され、今に屈従することでしか、自らを認識できぬようなものからの逃避を目指すべく、共生を願うよりも、共有を求めるよりも、そこで強要されるものすら許すことに義務を用いずに、何かを許すことに同情すらも用いずに、凭れるものすら一生懸命に愛する行動だけが、自らを知るのであり、そこにおとずれるまでの強要すらも飛び越えるものが愛故の超越であり、その超越だけが、真実に近付くのである。