時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

強固


 遠くふるさとを失った君の無感情なまなこからあふれ出る慟哭は、道徳すら持たずに尊く、そこに儚さを充填し、あらゆる神秘は、進歩を否定することにより、身近に感じられるのだ、というアニミズムを超えて、何が神を用い、何が今を支配するのか、と論点をそらし、観点を強奪するような強欲なこころみが、またたくまに感情を奪い、あらゆる死に寄りかかる真理とは、今に隠逸し、倫理観を謳いながら、もちいられる孤独をむすび、まさぐられる感情がユニゾンし、優越感にひたるだけの陰りを生み出す勝利などはいらず、ここに敗者すらなく、形あるものが強請るだけの価値の強欲さに刺激を受けるのだ、とうながすような者の姑息さや、卑賤さにセンサーも狂うのであり、ここで理屈をこねるだけに寝返る意味が今を鞍替えし、簡単に処理されるだけの感情のたもとであらがうものを保存することだけに専念するような精神的な捻転から、今に弱者を迎え入れ、形作られた意味の中で真理を用い、何かを騙すように仕向けるようなファシズムの嵐が吹き荒れ、戦争的な彼や彼女たちの頭蓋骨に響くような戦闘機の重低音が、重点をそこなわせ、ただ闘うことだけが革命であるのだ、と宣言するような幼稚な企みから、ここに枠組みを用い、何かを締め付けるだけのいたるような使命感などがいたらぬ思いを強調し、ここで宣言を繰り返すことにより、言葉に重みを与えるかのように仕向けるようなプロパガンダが横行し、横溢していくだけの感情は、そこで指定されるだけの意味を精神としてとらえ、今にあつらえられる苦しみに容姿を求め、今に戒めをくわえ、恒常的な苦しみへと移行していくだけの今に意志はなく、ただしいたげられるだけの感情が環境などに責任転嫁し、供給される意味は、意思をそこなわせるためだけに相互理解などを謳い、同調することにより、強調されるものとは、強制力を用い、何かを権力的な圧力により支配することだけに専念し、蔑む感情から、捜し物もなく、たださまようような生き方は悪であるなどと謳うような体たらくなファシストどもが批判的にいたり、差別的にいたるまでの虚偽を用い、距離を生み出す限りに意味とは際限ない苦しみに住まいを見出し、生きることとは、その域で苦しむことに拘泥し、そこかしこ軋轢を生み出し、終わらぬ戦争へといたり、最終戦争などを謳い出すようなペシミズムの預言者は静謐さを知らずに、死のさわがしさから逃げるためだけに、何かをためらわずに騙し扇動することだけに長けていくのであり、そこで軽減されない痛みが用いる恐怖を利用し、何かを不安に追いやり、死へと誘うような快楽的な死へと共謀するだけの理屈は、理想を促すほどに希望を見失い、何かを追い求めるほどに、自らはおいてけぼりをくらうのであり、そこに生まれる軋轢により、苛まれる精神は、うとましく悶える現在に点在していく意識的なプロセスに反せず、ただうながされるままを流れると思わせられているような教育的なものから逸脱を行えずに、強制的に支援されるプログラムの中でのプロレタリアート独裁を叫ぶようなジレンマを自らに生み出し、刷新され、砕身し続ける辺りから、あらがう幼稚な企みが枠組みを生み出し、そこに正義をあつらえ、悪を見つけるほどに、正義とは産み付けられたものに疎外され、自らをゆがまされるだけにいたり、いぶかる先に長じる安易な正解は、軽快さをそこない、そこかしこに苦しみをリロードし、自らのこめかみを撃ち抜くための理由という弾丸を何度も補填し、何度も撃ち抜く快楽に支配され、些細な出来事は死を超過し、今に至る痛みにさらばえ、些細な出来事がリバイバルされる限りに陰る本質は、憎悪を蓄え、自らの中で惑溺するものに依存し続け、自らを愛することだけが誰かを愛するのだ、という勘違いを生み出し、自己愛から抜け出せずに、自らのナルシシズムが誇張される限りに愛とは愛することに依存し、自らの損得だけで愛とは偏り、そこに平等性を求めることにより、さらなる偏りを生み出すことに気付かずに邪推し続ける先に現れる普遍性などは、制度の中でしか強調できないような愛を愛として認識させるための強制力を孕み、今に興じる由縁から、こじれる先に生まれるいじらしいものをしたがえ、あたかも自らを有利なように仕向けるような欺瞞を続けるような虚勢や虚栄から映じる由縁などは、一切の意味を一貫させずに、ただ関する間に背反することもできずに今に続くことを続けるほどに、ほつれていく現在に補完されるだけの自己が自分を認識できずに、今に設置される意味へと継続していくものに保護されるほどに、自分とは失われていくのであり、ここで創造的なものを孕まずに、ただ同じことの中にも続けることにより、ますます創造性も増すものもあるが、その創造性とは認識することにより、創造性は膨らむものでなければ、そこに創造性はなく、作ることだけに重点を置き、何かを正しいものとして、今に腐敗していくようなものへと移行していかずに、そこで進化を遂げる限りに対価は生まれずとも、そこに現れるものは本物であり、何にも左右されず、任意などを求めずに、自由に拘泥せずに、そこで束縛されても、その中での自由になあなあにならずに、何かに方向付けられる以前に、ここで交互するものが正しくあろうが、正しくなかろうが、そこで老化することを恐れるだけの衆愚に巻き込まれずに、ここで構築されるものを作り上げ、何度も壊し再利用し、新たな創造へと変化していく辺りから変換されるものなどは、今を決めつけることだけに忙しい輩が示す尺度に振り回され、そこに現れる価値に利用されるだけに終えるようなものから今すぐ逃げ出すの、だ。