読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

叙情的な茎

空間でふるえるものが反響し、エモーショナルなものを伝達し、脳細胞を活発化させるような勇躍から、夜通し抑圧されるだけの不安にさえぎられずに、与えられるものを愛することだけが、この幼稚なたくらみを越える鍵になるわけであるし、あらゆる意味とは、接続される途端に継続されるだけの意味を孕み、世界を自らが産み落とすような過激な理想から、ここで抵抗を加え、構造的なものから排除されるよろこびにひたる現在に信用すらもいらず、ここで負担になるものなどは、今に担う原理や、帰巣する季節に終末論をうながすだけの道楽の鳥たちの仮病やらが散漫に地殻変動をうながし、乖離する現在に低劣なものをうながし、偽装される真実や、ここで空疎なものを用い、理想を供給するかのように窮境へと送り込まれるだけの偽善的な独白から、高尚さを謳い、何かを騙すことだけに専念する。狡猾な者だけが修羅を越えるのだ、と理想郷にたどり着く前に倒れ込み、利己的で不死身な現在に低劣なものを重ね、理性をそこなわせるだけにいたるような倦怠感を網羅するウイルスの中をさまようだけにいたり、代価を求めるほどに、代償を求め、対象とされるものを恨むことだけに専念する。ルサンチマンが破壊する全容から、固執するだけにいたるような現在に偏執する差異から、またぎ続ける先に普遍性を捨て、何かの虜になり、似合うものだけを集めるだけの正義から、演技的な彼彼女対たちを傍観する延焼し続ける精神が包まれる業火の苦しみとは、包まれた自分でしかその苦痛は認識できずに、誰かの苦しみは理解できずに何かが生み出す苦しみがそこで反映され、些細なことで苦しむことを繰り返し、そこで不安に思うことや、抑圧され続ける限りに解放を求めることすらやめてしまい、マゾヒズムを加速させ、そこでリリカルなものを放棄し、そこでさすらう意識は、住まいを失い、内外に果てる不埒な結末や、結合される先に現れる制圧に反することは愚かなものだ、と衆愚は語るであろうし、そこに生まれる欺瞞が今を阻め、最たる意味をそこない、喪失感にただれ、行き場のない苦しみは、そこで渇望を繰り返し、加算される痛みは、今をさいなむだけにいたり、いぶかるほどに露呈される苦しみとは希望を失い、そこで見捨てられた自己を恫喝し続け、つたない意識は、やり場のない苦しみをかかえ、そこで粗暴なものをかかげ、現れる苦しみに肉薄していく精神は苦みをおび、現れる結末に結合され、そこで苦しみを利用し続けるだけの偽善的なものに粛清され、制圧されるだけの精神は、そこで応じる苦しみへと意思を奪われ、自ら考えることをやめ、そこでためらうものが安易なものを崇拝し、そこで高揚感をそこない、応じる苦しみに相似する苦しみを崇め奉る。
 まじわる先々で愛は低劣なものへと変化する。愛と名付けられた途端に得るものなどは、得るために求めるものへと変わり、そこで偏執し続ける愛は何かに固執し、そこで苛立つ精神は、今に肉薄していく軽薄なものを信心し、なれあうことだけが、今になあなあになり、担う意味も今に似合うほどにおどけていき、浅薄なものを掲げ、何かを批判することだけに用いられるものが、妄想を繰り返し、そこで不安に思うことなどは、今に影響を与えるはずもないのに、今にあてがわれる苦しみに当て付けるような不満ばかりが今におおいかぶさる。ここで横溢する苦しみとは今に軽蔑を用い、何かを否定し続ける限りに乾いた心情は、何かを求める愛へと帰巣できずに、その場で駆逐されるだけにいたる悲しみへと従属し、そこで隷属し続ける限りに加算される苦しみに斡旋され、聖戦を謳い、目的を伝統の破壊や、他者への邪推が行き過ぎた破壊をもたらすような苦しみへと同化していくほどに破壊の速度は増していき、今に邁進する苦しみは、今に飢餓をもたらし、精神的な枯渇は、何かを破壊することだけに専念し、蔓延する苦しみは、今にこじつけられるものが生み出す不安を再生し続ける海馬で変容する映像を反復させ、ここでの苦しみとは、今に解消されない苦しみを回収し続ける限りに続く苦しみの永遠性を用い、何かをモチーフに不安を強化させ、今に現れる不安が欺瞞をもたらし、自らを騙すことでしか、そこでの快楽に行き着かず、そこで行き着く痛みは、今に帰任できずに、不安をさまようだけにいたり、そこでいぶかるほどに、狡猾なものが示す差異から、散漫な意識が儀式化され、些細な動機に締結し続けるほどに堅持する意味は、今に固執し、現れる苦しみに染みいる意味にいびつなものを形成し、形骸化していく意識は、その場で亡霊に変わり、そこで軽薄なものを形成し、迎合し、契合されるものだけを真実のように崇める先に生まれるものを信心し続けることだけが、自らを聖なるものへと進化させ、そこで変化し、変異し続ける限りに現れる苦しみは祝福を用い、あらゆる正義を越えるような者へと変化し続け、止まらぬ意志は、自らの力だけが、この位置から用いる苦しみを昇華させ、創造的なものだけが、行き場のない苦しみを昇華させ、あらゆる苦しみとは、この場で用いられるものからの逃避であり、逃げることだけが、君を意味から逃避させ、あらゆる苦しみとは、その場から離れ冷静に見つめれば、何のこともない健気なものである。