時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

訂正


 意識はいつも、何かを欠乏させ、横柄に迫る意味に加担し、自らの結末は、自らに対し、いつも退屈なものをちりばめる。そこで約束されるものに接続され、感覚を失い、なんども見失う自己にかけていく意識的な終わりが示す汚穢などは、ここで選択するものが決め込む意味が今に逆恨みし、生み出されるものに満たず、ここで生まれたものなどは、何かの役に立とうとも思わずに、その場にあるから、あることを認識させ、今に苦しみを与えるようなものであるし、そこで問題を用い、何かを深みにはまらせようとするほどに、自らを狭め、当たり障りのないものに転化し、そこで展開されるものが、今に潜り込み、意識を混濁させる。潜り込んだ穢れを取り払うための儀式に参加し、通過儀礼として苦しむことを余儀なくされる間に平衡するものもなくなり、そこで統制され、統合されるための戦争が執り行われ、自らから飛躍できずに、与えられた影響を与えられたままに受け取るような義務化が進み、自らが未熟なままに現れる信仰が無神経に入り込み、作り出された物を神格化し、それを神と名付けた途端に真実や恐怖が迫り、自らを狭い世界に閉じ込め、与えられた価値の中でしか測れぬ者として、指定されたものに義務を与えられ、その与えられたものに対しての善悪をかかげ、自らの陰に覆われ、くたびれた意思を背負い、義務的に促されるものだけが、自らの恐怖を昇華させ、自らの苦しみが生み出す畏怖を越えて、短絡的な同一化を求める世界との懸隔を生み出し、短絡的な補完から、自らとは損なわれ、そこでほどこされる教育とは、純粋な機械兵として生きるための国家的な骨格を背負わせた義務感に狭められた意思を超克できない亡霊として、無抵抗に定められた道を嫌々に歩んでいるようなフリをして、従順になしとげることが美徳であると認識させた誤りを生み出したシステムから抜け出せずに惰性な犬とし、あらゆる正義とは、何かをとがめ、制限を生み出し、制圧され、抑圧されることに快感を見出すマゾヒズムを生み出すために生まれた時から与えられた外からの抑圧により、自らの快楽とは、抑圧からの解放であり、自由への逃避ではなく、逃げることは、苦痛を伴うなどと促す悪魔どもの私服を肥やすための出来合いの真実が今を狭め、識見を失わせ、自らに塗布されぬものに色を決められ、果敢に挑むほどに変化するものが指し示す先に生まれる詐欺まがいのものに撹拌され、自らの半径は失われ、範囲は狭められ、そこで用いられた苦痛を敷衍させ、自らを見失う。そこかしこに苦痛を媒介させるためのプロパガンダが迫り、最たる意味をそこなわせるための域を奪うような戦争が横柄さを増し、毎日に寂寞を生み出し、観念に悲観的なものをうながすための専横から、収奪され続ける意識が執り行う差別化により、自らに生まれるものに奪われるだけの感覚から、そこで姦悪をな者として、背くことでしか、快感にいたらぬようなサディズムを加速させ、何かに枷をはめさせるような制限を生み出すことだけが、人間として生きることが楽になり、担う意味が示すものに指図されることだけが、自由を手にするチャンスである、などとうながすような悪魔どもの語りぐさなどにだまされれるわけもなく、そこで用いられるほとんどが空疎なものを吐き出すだけであるし、そこに用いられるものなどは、必要性すらも用いずに、そこで用いられるものに対し、愛することも忘れてしまい、時は金なりとうながすことに補填される売買という快感にほころび続ける意思は、滅びのジンクスを用い、何かをカタルシスにいたらせずに、カタストロフへといたらせるための偏りを絶えず生み出し、自らを苦しめるためのエゴがためらわずに浸透し、そこで信仰する意識的な神との訣別を行わずに、そこで用いられる神を、神として崇める先に生まれる苦しみとの衝突から、そこでかいがいしく迫るものが贋物であることに気付かずに、あらがわずに、そのままに与えられたものを信じるような勤勉が用いる修羅を歩むだけにいたるような征服されることにより、満たされ、もたらされるよろこびとは、生きているとは言えずに、生かされているのだ、というのとも違うのであり、そこで引き伸ばされているだけに満たない生とは、そこで感じるものを、自らの意思で感じ取られることもできずに、自らの愚かさに気付くことすらできずに、与えられたものを、そのままに信じることだけが純粋などではなく、それは無知であり、ただ井蛙な者に陥るだけであり、そこで交換され、枯渇し続ける精神に与えられるものや、そこで影響し、永遠性へと制圧される前に自分すらも捨て去り、納期されるだけの違う自分を毎日に取り替えることだけに専念し、毎日についやすべきものが、卑賎なものや、貧寒なものに変わる事柄に飲まれるたびに、自らを枷に変え、そこで加速する風景に置いて行かれることに怯えるだけの答えが示す闇へと閉め出され、惰性なままに居て、うながされるままに流されることだけが、ここでの枯渇を癒やし、そこで交換されるものだけが、正義を語るのである、という欺瞞から抜け出せずに、そこで与えられる影響だけが、絶対的であるのだ、という確固たるものを打ち砕くために私とは生きてる。