時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

作用


 風景に入り交じる情念が昇華する。時間との闘いを終え、卑劣に迫る悠遠にひろがるだけの意味が今を徘徊し、意思の快活さを奪うだけにいたる。ここで強調されるものなどは、母の大きな愛を背負わずに、他人がうながす描写の中でしか活動できずに、そこで体現されるものに去りゆき、今に現れ帰任するものが認可するものなどは、貪婪なものであるし、そこで思い浮かべるものなどは、自分勝手に律動し、状態に負荷をくわえるような無責任なものをふくませ、怠惰なものに変え、自らの外観を破壊し、自らに内部を越え、コアを打ち砕くような愛でしか、自らを癒やすことはできないのであり、そこで思い浮かべる理想と、ほど遠いものを愛しているかのように示すことでしか、愛されていることも認識できずに、そこに現れる普遍的なものが謳歌する主観から、瞬間的や飛躍から、ここで循環するものなどは、純化できずに、心象にたずさえたものが補完するものを信用し、そこに現れる行いとの軋轢から、称えられるものにたきつけられるものだけを信じ抜く限りに、自らの正しさは肥やされ、ここで公用のものとして現れるものなどは、問題にもならず、自らが正しいと思う限りに自らを正しいものとして昇華させる。あらゆるものが緩慢に作用し、ここでたよりなく重なりながら、長い日々に結末をつなげるだけのサイクルから、境目も持たずに、もたらされる苦しみに刈り取られる意識や、散漫な語源を託し、あらゆる卑劣な消費を繰り返すだけの資本主義的な憂鬱や、姑息な者が示す差異により引き裂かれる心情は、死を引きずるほどに、ほとんどの価値は、ここで希望を失うだけにいたるような日々を引き取ることでしか、自らの行いを正せずに、そこで認可されるものなどは、法により囲われ、そこで文字化された悪意を背負い、欺瞞にいたらせるだけの由縁や、そこで束縛されるだけにいたるような緩慢な精神がひれ伏すだけにいたるような状態を揺籃に乗せ、あやし続ける間に敢行される意識的な裁きや、ここでかき消されるだけの意識が持ち出す保身や、定めを謳い、ここで誇張されるものへと引っ張られる間にあいまいなマインドは、毎日に低下する幸福の意識や、そこで求められるものにとがめられるだけに惰性にみちびかれ、加算される意味に欠乏していくだけの意識的なとがめから、退廃的なものへと変化し、固執するだけにいたる精神は、何が正しいのかも忘れ、わずらわしいものから逃げることだけが、正しさを引き出し、そこで拡散されるものや、合致するものなどが今を卑近なものを生み出し、今に奪い合う権利や、理解を示さず、難癖をつける辺りに報復を繰り返すだけの喧噪が用いる限度が、答えから飛躍できずに、その場で駆逐されるだけにいたる自分を傍観し続けることだけが、正義なのだ、と納得させる間に駆除される結末や、そこで欠乏し続ける由縁から解放されるための呪文をうながすほどに、ここでの孤立感を生み出し、その場での拘束を、自らがほどこす。くだけた骨が混ざり合い、真新しい心情を重ね、今に情熱を燃やし、その場から逃げ出す。逃げることにより、見え隠れしていた本質が違う形で現れ、見たこともないような形に変化する。ここrろの変化とは、その場での理屈を越えて、自らの苦しみを解き放つよろこびから、見えていたものを変化させる。そこで加算される苦しみなどは、その解放のために経過する通過儀礼のようなものであるし、そこでとがめられ、苦しみにことに怯えるよりも、そこで横暴に示されるものに反し、そこで閉め出される前に思い描くものが本質的なものをとらえ、途端に現れる言葉を加算させ、そこで現場を打破するような意識を用い、率いた過去などは、その場で作用せずに、ただ用いた過去などは、その場では邪魔になるだけであるし、新しい思いが何度も今を越えて、あらゆる痛みを疎外させ、爽快な意識に成長させるのであり、そこで卑屈なものをかかえ、重なる思いが病を越えて、寂寞に溜め込んだ苦悩を昇華させるよろこびにいたり、すべてから逃げることにより一新できるのであり、そこで逃げるな、などとうながすことにより、自らを膠着させるよりも、自由を用い、何かを引き合いに今の苦しみを消し去ろうともがくよりも、よろこびを増やすための努力を続けるべきであり、そこに現れる保身と、そこで更新される意味などは、魯鈍なものを用い、何かを屠りながら、ほとんどの意味に作用し、そこで欠乏していき、形跡すらも残さずに、出来合のものや、でこぼこ道に変わるだけの答えから離れ、今に現れるよろこびだけを強調するような先に生まれる愛だけが本質的なものであるし、そこで捉えるものなどは、捕らえられた意味の中でしか作用しないものであるし、そこで公約を生み出し、口約束の先に裏切りは強調され、そこで保身を生み出すだけにいたるような戦いから、怠惰なものを交錯させ、ここで葬られるだけにいたるような補完に反し、ここで交換されるものなどは、何にも値せずに、何かに値するようなものでもなければ、その場で値するものなどは、すべてと対立し、そこで求めるものなどは、そこには何も存在しない。