時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

反する者


 押し寄せる意味との対話を進める。躍動する意味は、根源を焦がし、熱情する今が意志を孕んで、あらゆる意味を倒錯させる間に迫る刹那に揺動され続ける意思は、根幹を腐らせるような善悪に汚され、様々な思惑がひしめく間柄が用いる情念を静謐で昇華させ、簡単に処理される現場を弁証法的に逍遥され、ここで呼応する真実は、誰かが汚した意味に過ぎず、ここで行われる行いとは、儀式的な何かにさまたげられ、率いられた神により、陰湿なもんをかかげ、寛容さをそこないながら、長らくの欠如を埋めるための戦争が進み、荒んだ価値と、懸け離れていく意味からの統合を求めるだけの正常などは、位置的な苦しみを埋めるための絶え間ない扇動から、散漫な意識を傍観するだけの無知に現れる否定的な観念から、加工された品位にもとづくエゴが加速し、死へと能動していくだけの生は、制限を持たされ、何かを信じることでしか、ここでの意味を問えずに、与えられた位置に消費されるだけの死は、生の意味を問わず、途端に打ち砕かれるだけにいたり、ひたる意味から、ここでの欠如を加工し、緩衝できずに、衝突を繰り返し、互いが与える攻撃的な意識から、緩慢に作用する現在に消費されるだけの価値観にほふられ、ここでの情熱は、瞬く間に消え入るだけの現実へと摩耗され、創造性をそこない、作られたものだけが、価値あるものとして崇められることから、ここでの価値とは、用いられる価値を信心する者が示す尺度により、与えられた意味をそのままに食することだけが、正しいことして、崇められるような間から、散じる意味は、邂逅できずに中空をむなしくさまよい、ここでの意味に完結できずに、その場での収容に応じることでしか、自らの正しさを示唆できずに、さまよう意思は、陰鬱なままに脅威を受け入れ、経過する意味に偏るだけのナショナリズムを生み出し、あらゆるファシストが忘我をさまよいながら、自らの権威を保つための闘争から、体制が生み出す権力を傍観するだけの意思的な交わりが示す使命感が、さらなる戦争を生み出す欠如から、人間的なものを超過していく意識は、時間の中で裁かれることを待ちわび、死との対立から、圧迫されるだけの行為にもとづく意思的なかじかみに与えるぬくもりを知らずに、自らを貧寒なものに変え、課せられた意味に抑圧されることだけが、自らを正しい者へと変化させるのだという勘違いを孕み、惑溺する先々でさいなまれ、何が正しいのかは、君が決めるのではなく、意味にもとづく尺度が示す価値だけが、意思を決定づけるといい放つ倫理観などは、均衡を保つだけのウソに過ぎず、そこでの償いを求めるだけの信仰から、行為とは、その場での軋轢に耐えかねずに、自らを壊す権利だけを叫び、惰性に生み出された主義に捏造された真実にもとづく意味の下で、あらゆる裁きを加えるだけにいたり、加勢される真実は、自らこそが正しいものだという権利を戯れ言を用い、あらゆる意味に懸隔を生み出し、重ねられた意味に屠られ、縫合されることを待つ屍骸として生きることでしか、自らを正しいものとして捉えられずに、そこに生み出される矛盾に反し、関する間に生まれる敵わぬ敵であるものに虐げられる。流浪する意思は、はびこる悪意に転移するあらゆるさまたげに消費されるエゴから、ここで快活なものを失い、おざなりなものを重ね合わせ、あらゆるものを騙すことでしか、自らを正しいものとして措置できないような正義に偏り、そこで勝ち誇ることでしか、自らを保てぬような弱者として生きることこそが、正しいのだという境地に立つ意思的な不安を解消すべく、すべては、すべからく与えられるものであるというエゴから、傀儡として生き、自らのダミーを何体も作ることでしか、今を保てずに、互いをとがめるだけの理想と、ここで問いを捨て、衰退するだけの現在を傍観するための現時点を生み出す時間的な理解から乖離し、懐疑的な意味に持たされる正解から放たれ、ここで歯がゆくゆがみ、互いをとがめるためだけにあつらえられたものからの逃避を求めるべく、元々に備わったものが用いる煩わしさが堅持する意味との闘争をもくろみ、あらゆる原理が用いる権利に反し、かかずらうだけにいたる精神の縁にもとづく体現されるだけの正しさだけに行為は引きずられ、そこで正しいとされるものをしたがえるほどに純粋な意志とは、その場でしいたげられ、何かを攪拌する理由と、ここでうとましく重ねるものへの統合を用いる世界との対立を深め、そこに生まれる軋轢が示す記憶が生み出す無数の無知さが生み出す強要を越え、さまたげられ続ける原因と、ここでつれづれ続くほどに、つたない意思はがんじがらめになり、担う意味も、誰かに似合うかどうかだけで判断され、安易な判断から、範囲を持ち出し、あらゆる意味との訣別を果たせずに、そこに用いられるものに束縛され、自らの自由が持ち出す保身と、そこで縫合されるだけにいたる傷を放置し、次なる戦いに出向く勇ましさを用いずに、あらゆる意味に縫合されることを待ち続けるほどに、そこで孤立し、膠着するだけにいたり、もっともな孤独とは、自分が、自分自身を傷つけることだけに専念するか?あるいは、そこでの孤独を創造的に昇華させ、驚異的な跳躍力を身につけるか?。