時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

快晴


 延々とひずむ過程が、リズミカルに踊り、理想を供給する主義よりも、現実的なものが支給されることだけが正しいものとされる間にとなえられる愛が損傷を与え、悲劇にかじかむ時間や、ここで苦悩を引きずるだけの卑近なものがもたらす利益を求めるほどに、人間的なものに衰退し、散漫な意識は、儀式的なものに引っ張られ、自らの意思に嵩ましされるものや、そこで妬ましいものを用い、何かをモチーフにして、一斉攻撃を加える間にジレンマは生まれ、阻められる精神に連動していく意識が連帯感などをかかえ、ファシズムへと移行し、いっさいは、行為に監視され、仮死化した身体を引き取りながら、散漫な意識のままでみちびかれる限りに、見くびるだけにいたり、即座に信用するものも、ここで物々しいものを引き出し、悲観するだけにいたる現在に懸隔をもたらし、阻まれる意識は、何かにこび売り、そこであつらえられるものからの脱却を目指さずに、与えられたものを、与えられるままに食することに置いて行かれるままならぬ自分との闘争を加え、そこで尊くむすばれ、闘争の後にひけらかされる自由などを傍観しながら、傍受され続ける意識は、そこで色彩を失い、日常に吐露される悪意を吸い込みながら、いっさいに帰還していく安易な意味や、現時点に狭まれる先に流浪し、淘汰されるだけにいたる価値がカタストロフを用い、持ち出される意思は、意味を持たずに、ただ斡旋されるだけにさいなまれ、先々で対立を深め、空間に襲いかかり、そこで押しつけられるものに圧縮され、刺激を加えられるほどに無気力になるような情報間に迫る勘違いから、緩慢に作用する意味に意思はなく、ただ与えられたものを、与えられるままに消費することだけが、正しいことのように意思を占領し、そこで独裁的なものを用い、権威を使い、あらゆるものを拘束するだけにいたるような消費的な体たらくから、退廃的な妄想から、あふれるものが、同等をうながし、そこで尊さを生み出す対価から、現在は汚され、測られるものとして、現れるものを消費することだけに専念し、そこで宣言されるものや、そこで阻めるものが蓄積された苦悩を積み上げ、そこで生み出される罪を生み出し、負荷ばかりをかけ、羽化できずに、そこから自由に飛び立つことにも、自由という権利を用いる。あらゆる技法を用い、今に閉じ込めるだけにいたるような包囲網から抜け出し、鬱積し続ける先にシステムな汚穢を受け取るだけの呪詛をうながす否定的な者どもの空虚感を埋めるような刺激を与えるだけの情報とは、自堕落なものを生み出し、今を狭めるだけにいたるし、そこに用いられる問答などは、答えを求めるだけの統合から、そこで孕んだものだけが物事を清浄し、そこで綺麗になったものだけが、意志をたずさえ、真理へとみちびかれるための絶え間ないものをランダムに吐き出し、掻き乱される精神は、契合される限りに動くことに使命を与え、そこから閉め出されるだけにいたるような悲劇から、刺激を求めるだけの彼らの動向や、彼女たちの同化するだけの過程に響くような言葉すら死に絶えた後にもたらされる悲劇が現場を汚し、そこで軽薄なものを用い、欲望を加速させるだけに専念するように仕向けるような資本主義的な衆愚が生み出す過程に用いられる欲望の機械として課せられる義務のために回る意味とは、意味自体を失い、答えをまとうほどに、まともな者などおらず、そこで与えられる影響や、そこで課せられる意味が用いる力学や、理性をそこない、喪失感にただれるだけの現在は、誰かの意志を借り、自らの意志のように扱うことだけが、自らの力のように示し、あらゆるものを破壊することだけに専念し、そこで唾棄されるものを拾い集めるような普遍性をまとい、価値観の違いなどを謳うような愛が、愛を語り出す限りに本質的な愛とは、その場で朽ち果て、惰性なものをかかえ、加算されるものに掻き乱され、自らの尊さをそこない、束縛されるだけにいたる現在に低劣なものをかかえ、手入れされるだけにいたる精神などは、自らの正常さなどはそこなわれ、そこで暴走する自己を傍観することしかできずに、今に与えられる虚栄と、そこかしこに生まれる距離から渇望していく観点は、自らの空白を埋めることだけに専念し、そこで受理されるものや、そこにもたらされるものに左右される限りに暗澹とした精神をかかえ、正式なものを追うほどに、自らが汚されていくことに気付かずにかかえた主義とは、安易な暴力に走り、破壊的な衝動をかかえ、自らを制御できずに振り回され、そこにあてがわれる主義を信心し、自らの矜恃を保てずに、用いられる言動に走らされる限りに、自らを破壊するための破壊活動が外側に向けられ、すべてを破壊することだけが正義である、と捉える先々で対立を深めることに用いられた正義や正解すらも捨て、ただ破壊することだけに専念し、捻転していく意識はひるがえすこともできずに、そこでひっくり返ったままで、絵空事を並べ、同調されることだけを目的に、何かの等差から、何かを倒錯させるための迎合を勧める。