時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

献身的な影


 いきいきとした瞬間に放つべき思想もいつかは死に絶えるだけの情景に発散されるだけの過去にあらがう君の情事に敷衍していく物事の物陰に迫る論理的な構造から破壊的な理想を並べるだけのリベラルな加勢から、簡単に処理されるだけの利口な主観に安易に循環していくものが、不当なものをたずさえ、対抗する意識に与えられる簡易な多幸感などが寂寞を埋め尽くし、そこで軽減していく痛みや、そこで帰任する意味に記号化されるだけの安易な排出を終え、生命的な語源に荘厳なものを与え、そこかしこでたゆむだけの状況に感性は崩壊し、そこで帰巣するものが、母なるものを攪拌し、懐かしいものをたずね、そこで互いを結うような愛だけが、ういういしく殺伐とした現代社会の証跡を破壊し、判明する意識に襲いかかる汚穢から、ここで終わりを違うだけの希望から、ここで膨脹する意識がインモラルなものをたずさえ、胎盤で跳ねる君の感情や、鈍感な者や、貪婪な者だけが、現象の中で整容されるような快楽をたずさえ、退廃的な受理から、需要と供給を謳う強要するだけの退嬰的な者が捉える理想が今を抑圧し、そこで加勢する意識は、幾ら稼ぐかが問題であり、それだけが理想であり、それを求めることだけが利口であるなどとうながすような価値の家畜どもがひしめく区域や、空域を占領するだけの戦闘機やミサイルが飛ぶ現時点にリリカルなものすらなく、何かに廃れることだけに連綿としていく結び目も燃やされ、ここでは孤独であることを買い取る行為だけが、枢要なものとして出迎えられ、そこでいじけていても、そこで敬服し、完全性を求めるだけの理想郷へと旅立つ君のあいまいな理想に帰巣するものや、そこで利己的なものをかかげ、いらだち衝動的な情炎の静寂に攪拌され続ける意識的な孤独感に孕む孤立するという意識に問いかけられる問題こそが、悪意の根源である、と意識を焼き尽くすようなガンマ光線が降り注ぐ宇宙に向けるべき憎悪を企てる惰性な贈与から、揺動されるだけの意識は、革命を履き違え、何かを壊すことだけが前衛的であり、洗練されたものである、とうながすことにより、伝統は死に絶え、互いを恨むだけにいたるような革新と伝統の間におとずれるジレンマを埋めるようなもっともな破壊が進み、そこで荒んだ行いを正すような自堕落な時代を形成するような現時点におとずれる言葉が占領し、そこで騙すだけにいたるような遅配を行うだけの状況にかすむイデオロギーが用いる空白を利用し、死をも越えるような破壊へといたらせるような思想が跋扈し、そこでもたらされる空しさを越えるべき希望を持たずに、そこで燃え尽きることを還元するような言葉をもたらすだけの悲劇的な人間が加工する意識に枯渇していく儀式的な精悍さにもつれる意味は、がんじがらめになり、担うべき理想も、誰かに背負わされた義務であることに気付かずに、そこで空疎な儀式を加速させ、生贄になり、犠牲になることだけが、同情され、もっともな愛へと加工されるだけにいたるようなアイロニカルな現象をたずさえ、互いをとがめるために明け暮れるような善悪を率いた善良を謳うだけの保身がうながすような正義が用いる悪の中で普通の人を演じるように仕向けるような社会性などをもたらすような情報的な専横から、散漫な意識が儀式化し、そこで課せられる罪を着せられ、そこで着込んだ意識的な罪の意識が儀式的に孕む意味を形式化し、そこで課せられる罪の中でしか、生きているような感覚を還元できないような価値を跋扈させ、そこでシミュレートされるものにレートを課せられ、買い取られるまでの偽装から、犠牲的な腐敗を隠し、揺動することだけに専念する情報戦の中で互いをとがめ続けるだけにいたるような空虚な身体を血合いに空っぽになるまで抜かれた血の勢いを傍観するだけの自己との対立から、そこで外側から与えられる影響に当て付けられる理想と、そこであてがわれるほどに充填されるものなどは、物事を膠着させ、そこで孤立させるだけにいたらせるような答えを率いていては卑近な者にはなれず、そこで迎合されるものだけを受け入れることだけが正しいことである、と抑圧するだけの答えが爆砕する意識を尻目に、何かを否定し、批判的に乗り越えることだけが、用いられた答えを越えて、自らの意志に還元されるものだけが、正しさも謳わずに、何かを用い、何かに悲観することもなければ、そこで、用いられるものなどはいらだちを与えるだけのツールであるし、そこで怠惰な理想を掲げ、緩慢に示される生命などは、寛容に処理できずに、何かを恨むことでしか、自らの意味を見出せずに、そこで見出す意味すらも意志を持たずに、何かに流され、うながされるままに促進されるものが理由を謳い、そこで価値として崇められるものだけを神として迎え入れるほどに、自らとはそこなわれ、そこで束縛されることだけに専心する。