時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

須要な情交


 原形もなく、今に這いつくばる君の単細胞たちが描く真偽のようなものが幾重にも敷衍し、普遍的なマーチを打ち鳴らし、希望を疎外させるだけの意図から、意味を引き出すほどに、卑近なものを補完させ、感情に相違を生み出し、そこで同調するような悲劇に達するような余韻にひしめく意味との訣別をむかえ、感傷的な由縁になびくだけの心理状態を拘束するだけにいたるような自己に対する嫌悪感が生まれ、そこで奪われるだけの心情に浸透していく意味にほころびを与えるだけの空間的な処理を終え、勝利を謳うほどに、貧寒なものに変わり、関わるほどに完全性を失い、惰性なままに処理する意思は浄化されずに、今に黒々としていき、溜め込むジレンマに、おとずれる軋轢や、そこで補完される苦しみに移行しながら、いぶかる先々で調律される苦しみを演奏するだけに終えるような結末や、欠落していく感情にほどこされるシンフォニーや、憎しみをたずさえ、誰かの世界を奪いながら、運命的な隔離を終え、繰り上げられていく憎しみで自らの道筋を舗装しながら、補填される意味を撃ち込み、静謐さを奪うほどに、おどけていく意思は、低劣なものを掲げ、課せられた罪により、何かを憎むことで横暴な自らを育てていく。愛にすら背反していくコードたち、立場を用い、復元されるものを利用し、何かを吐瀉しては、裏切りを続けるだけの自らの毒により、嘔吐を繰り返し、関連性に現れる傷口に嵌め込むような自由と強度に交換される儀式的な汚穢を生み出すだけの由縁に戦略は潰れ、そこでセンチメンタルなものをかかえ、女性的な制圧から、圧政を生み出し、そこで同調しないことから、自らに内服するいじらしいものを権利として叫び、再会する苦しみや、そこでうやむやにされることにむしばまれ、無感情なままに退ける後にあいまいさはふくれあがり、遊びすらもなくなり、そこで果たす義務だけに追われるような価値の家畜として、よろこびすらも忘れ、そこで刹那を嘆じるだけのよろこびが生み出す余波に飲まれ、うそぶく真実に同化していくほどに、補正されるだけのよろこびなどは、今の苦しみをごまかすだけの虚偽的なものに変わり、理解すらも、何かをおぼえるためではなく、何かにためらいを生み出し、そこでしたがわせるための情報を吐き出し、何かの重要さを謳いながら、接続されるものに栄養を与え続けるような簡易な人間であるべく普遍性とは、そこで複製され、不具合を生じぬように、何度も綺麗事並べ、うそぶく正義に跪く。そこで磔にされる自らを神として崇めるような自己顕示欲的な発信や配信ばかりが、人間的なものを生み出し、何かからはみ出しながら、寂しい自分を熱処理し、食べられるように世間に放置する肉体から懸け離れていく軽薄な精神がかかげる敬神などが、真理を謳い、幼気な精神を奪い、軽薄な者へと変化させ、書き換えられ続ける精神は、慈しみなどを謳い、いつわりの愛へと偏向していく意思は、共感などを操作し、安易な発想で、何かを奪うことに長けていく。マンネリ化を謳い、マーキングされる本能が凡庸な価値に盛りながら、境目を持たぬ愛に加工されたシステムから離れ、邂逅すべき愛に隠されたエニグマを解くような刺激的な幽閉から、誘導されるだけの真実に死を補完するような夕暮れに加速していく悲しみが敷衍するから、と彼女の呼吸をしらべる鈍磨な君の量子的な還元から、迎合されるようなものとは、今を物質化させるような悲劇を生み出すだけであるし、そこで定理として持ち上げられることにより、定理は定理として潤沢な意思をたずさえ、他人の領域に安易に入り込み、利得を求めながら、静謐さをそこない、そこでうるさくつきまとうだけにいたり、いたわることを忘れ、何かを放棄させるまで、君の意志について回るし、そこで混ざり合うようなリアリティーも所詮は、与えられたものであるし、そこで真実として語られるものなどは、今にかたよりを生み出し、カタトニーにいたらせるような悲劇を加工し、今に苦しむべきだ、とうながすような説法が今を苦しめるだけにいたるのであるし、今に苦しむなどは思わずに、適当に処分されるよろこびを敷衍させながら、ファルス的なまがい物を処理し、母親的な執拗さを潰瘍に変えるだけのルサンチマンを産出するだけの生みの親どもの欠如を埋めるような戦争の音が緩慢に進み、荒んだ心情にあらがえずに、今にぶつかりながら、被害者意識を建設し、そこで構築される苦しみにちぐはぐなものを生み出し、運命に統合されるだけのあいまいな毎日に位置的な勝利を持ち出し、打算がはたらくほどに、攪拌される精神は隔離され、悔悟などをため込みながら、今に逡巡し、巡回する意識は、純化されずに、今に魯鈍なものを生み出し、偶像崇拝にいたり、偶然をよそおい、誰かに襲いかかるような凶暴性を多目的に吐き出し、何かを破壊することでしか、自らの満足にいたらぬようなサディストとして成長を遂げ、定めを受け入れるのだ、と飢えた現在に接続される痛みを加工し、それに快楽を感じるように仕向けるような言葉が横行し、自らを締め付けながら、ゆっくりと浸透していく痛みを体感し、今に屈従しては、自らの悲劇に酔い痴れていく。