時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

制するもの


 純粋な憑依を終え、窮乏し、対立し続ける関係性に築かれる苦しみなどを分裂させ、些細な動機を繰り出すだけの日々に悲観しながら、悲痛な面持ちを伝えるだけの原理的な苦しみに理不尽さをかかえ、緩慢に作用する動機が卑劣なものをたずさえ、散漫な意識に興奮を伝えるだけの永劫が狭い、本能をくすぐるだけにいたるような道理をさまよい、強要されるだけの思いは、今に定めを用い、心理を隠逸させ、淫雨に濡れ、あがなうほどに、労るような仕組みを生み出すだけの連中が示す差異などが試練を与え、ジレンマを用い、今に苦しめるだけにいたらせる。苦しみとは、何かに持ち出され、与えられることにより、苦しむことを連動させ、自らに苦しみを感化させ、苦しみだけを感じるように示すような貪婪な自らを育てる惰性さに制され、今に黙するものが示す間に自己顕示欲を加速させ、現時点に迫る苦しみにいざなわれるだけの形有るものとして強請られる過程に自律神経も狂いだし、比率を求めるだけの倦怠感をかかえる母どもに弔われ、偉大な父を建設した権力が生み出した苦しみに命題を与えられ、自らを苦しめることだけに呼吸することすらも忘れ、息苦しい世界を世界として認識するように示すような自己を乗り越えられぬ限りは、与えられた世界で苦しむことだけに専念し、そこに与えられる影響にあてがわれる苦しみを何度も連動させることだけに旋律をおび、自らの欠乏を埋めるだけの結合から、結束も固く、今にまとわりつく永劫も、時間を引きずるだけにいたり、自らを巻き込みながら、時間の中で束縛するだけにいたらせるような痛みを反射させながら、はびこる悪意を受理するだけの便利な身体として、便宜的に示す辺りに当たり散らす子供のように閉め出される恐怖から逃げ出すためにだだをこね、捻転する意識は、再会することなく、自らに現れる苦しみを理不尽に繰り返しながら、起動する痛みに共謀しては、短絡的な痛みに交通していくものが、矛盾をはらませ、時間の中で阻めるだけにいたるような宇宙から逸脱できずに、今にめぐる日々に偶像を重ね、枢要なものを謳いながら、はばまれる今に義務化される苦しみを連動させ、連想するものに相似していくほどに魯鈍なものをかかえ、加算される痛みが排斥するために今に闘争をむかえ、無からあふれる痛みが轟轟とうなり、なりかわる今に現れる痛みを超克するための自分を何度も生み出しながら、今にはばまれる苦しみと競合しながら、与えられた神を超えるために、ためらわずに、与えられた原理を越えるような高次にいたるまでの距離に表れる定義とは、神が生み出したものではなく、人が生み出した神により、今を操作するための疑問を授ける間に生まれる愚問に過ぎないことを何度も反芻し続けた罰により、正解すらも持たぬような獣として原理の中をさまよう暴力性をたくわえただけの人間として命名された辺りから、何もかもを破壊するための破壊を生み出すような人間として惰性に吐き出される現実世界を破壊するための干渉が迫り、狭い価値の中であらがうことでしか、自らを正当化できないようなデータ化され、管理下に置かれた人間としてあいまいな毎日にマインドコントロールされる限りに陰らぬ精神は、厭う限りに陰る先々で退廃的なものをかかげ、完全性を謳うほどに惰性な意思が生み出す今に刺し違える意味から、今に労ることも忘れ、寂れる先にさび付くだけの感情は猥雑なものをかかげ、自らを堕落させることだけに専念するような間から故郷を失い、さまよう限りに陰る本質は、何かに関わるほどに高まることもなく、愚かなままに拘泥し続ける先にストーリーを失い、今に混濁し、根幹も鎖でしばられ、がんじがらめになる先々で低劣なものをかかげ、かさばる思いに対抗していくものが、対立を重ね、懐疑的な日常の地上戦をむかえ、すべてを破壊し、辺りの原形もとどめぬほどの破壊におどけていく精神の幼児性を加速させるような独裁的なコードが行動を抑止し、操作される限りに人間とは自由であることを感じるのであり、そこであいまいに急かされることにより、能動的に動いているかのように感じるように麻痺させるような感覚器官を操作するような情報的な快楽が脳内でこびりつき、応じるほどに増していく快楽は何かを感じているフリをしながら、自らの証拠すら残さずに、与えられる影響により、快楽も増し、自らを騙すことだけが、今に確かなものを設立させ、今の痛みをごまかしながら、自らを騙すことだけが、今におちいる痛みから解除され、今におとずれる恐怖にも麻痺し、愚鈍なままに死を傍観するような自らを傍観し続けるような管理下の中でしか、自らを生かせずに、そこで徒労を重ねるほどに、自らから察知できずに、自ら働きかけるものすらなくなり、長い隷従から、くたびれた身体を引きずる先で併走する意識は、罪悪感を重ねるばかりで、自らの罪に屈し、空白を埋めるためのアクセスを重ね、そこで怖じ気付くほどに、魯鈍なままで今を終えていく義務に専念し、終わらせるための業務から、空疎なものを引き出すだけの苦しみを引き出し、今に空虚感を重ねていき、今に逸脱できずに、出来合のものを真実として崇め、現れる苦しみや、今にあらがう先々で対立を続け、つたない意識は、汚いものをかかげながら、流れる先々で軽薄なものを重ねては、自らをおとしいれるだけにいたらせるような倒錯を続ける。