時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

強襲


 空虚さを引きずる君の観念的な悔悟を放つような曙光を浴び、多目的な夜に侮蔑され、分別されるだけの意識は、あいまいな日々を卑近なものに変え、とめどない変化に置いて行かれるだけの老いの中で転化していくものが更新していくジレンマや、自転に反し、時間に関さずに、空間を破壊しながら、しなびた意識や、したげる敷居や、真相に寂れたものを生み出すだけの惰性な価値に偏るだけの意識的な汚穢や、応じるだけの今に帰結していくほどに、機関的なものに飲まれ、自らの意思を損なうだけにいたるような障害を生むだけに退嬰的なものに陥り、体制的なものにこびへつらうだけに増していく快楽に住まう彼女たちの凡庸な価値にカタストロフも襲いかかるだろうし、やがて老い死するまでに貧するだけにいたるような生き方を語る君の無神経なカタルシスから、心情は透過されずに、ただ、ここで交換される意味に可決するようなものだけを崇めるだけのあいまいなマインドが幼稚に真相をこじれさせるようなシンドロームや、今に拘泥し続ける苦しみに腐敗していくだけの諦観や、対抗から、対話を終えずに、ここで倒錯し続けるほどに異端的なものとしてとがめられるほどに、対抗心は燃え、敵愾心をいざなうような幼稚なリズムがリスクを謳う限りに陰る本質に失踪していく意識は、今に寂れるふんいきに酔い痴れ、交換される苦しみは、徒に消費される今に飢渇していくだけで、姿勢をそこない、そこで押しつけられる思想に奪われる意識は、終末論的な発想でしか、自らをなぐさめることもできずに、出来合の真実が謳うゲノムから、現実的な錯綜から、刷新されるべき主義も、理想の前では、意識に屈従することしかできずに、したがうことでしか、自らが生み出す恐怖や不安から抜け出せずに、体系的なものに関わるほどに、今に阻まれる意識が用いる果たすべき義務などが、今を揺動し、動向を不潔なものに変えるし、やがて滑落する意識は、陰鬱なものに変わり、互換されるべき愛も、ほとんどの優劣の中でしか、自らの正しさを謳うことでしか、自らの正しさを測ることでしか、自らを認識できぬような浅薄な理想から、理性とは、生理的なものや、本能的なものに反せずに、与えられた影響をそのままに受け取ることでしか、自らの認識をだませずにいるような達成感と、営利目的な愛が示す愛が閉め出す差異から、散漫な意識に儀式的な根因に迫るカタストロフに汎用されるだけの義務化した愛が掻っ攫う儀式的な散漫さに酔い痴れるほどに、貧寒な意識は、渇する間に求める愛に利用され、理由を求めるほどに、愛とは、愛か懸け離れ、そこで補填されるだけの苦しみに移行していくだけであるし、出来合の真実に揺動されるだけの緩慢さにカルマを用い、率いる意味が卑近なものをかかげ、無理矢理に縫合されるだけの意識的な傷が膿み出すヒステリーから、義務的な要素を用いるだけの愛が示す陰惨な形から、懐疑的な日常に披瀝されたものすら、ウソに変わるような緩慢な愛が用いる理由に利己的なものが保身を伝え、追考するだけにいたるような痛みが横溢し、応じる答えに偏向し続けるだけの意識がデカダンなものを用い、悲観し続ける先々で最たる意味をそこない、そこで屈従するだけにいたるような苦しみをクラッシュさせるほどによろこびを見出すような創造性だけが、生活に酔い痴れずに、ただ与えられるものに屈するだけの現在に転化していく意識的な苦しみに健忘していくだけの現在にはびこる愛憎がルサンチマンを生み出し、何かを否定することでしか、自らを正しく認識できぬような現在にひしめく理由が悲惨さを謳い、用いられる苦しみから抜け出すための理想を用いるほどに、ここでの苦しみは倍増し、今に生まれる悲劇に飲まれるだけの理想は理性をそこない、何かを破壊するためのはたらきを加える。制裁を与えられ、再生すら拒否された人間と名付けられた途端に排除されるだけの名称が徘徊する深夜に破壊の制度ばかりが強調するようなものに隷属することでしか、自らを正しいものとして認識できぬような輩が排除し続けるような理由が理屈を捏ね、用いる権力にひたるほどに増していく快楽に邁進するほどに露呈するものとは、コアをそこない、「そこで悪を束ねる」だけにいたるような法則的なくすみから、くゆる本質は、何かをたゆたうことをせずに、何かを破壊することだけに専念し、デカダンにおちいる慢性的な痛みをかかえ、何かを恨むほどに、増していく痛みと与えられる快楽を追い求めるほどにおあずけになるような仕組みを補正するだけの規律が用いる乖離するだけの理屈や、利用されるだけにいたる精神に軽薄なものを用い、形骸化していく意識は、指定される義務に酔い痴れ、擁護されるほどに、自らを家畜化し、加勢するほどに、自らの価値に用いられる形に嵌め込まれるだけにいたり、群像にとろけ、そこで憎悪を膨らますだけにいたり、労ることを忘れ、弄する現在に響かぬ愛を用い、何かを持たされるほどに、自らの義務的なものでしか、自らにはたらきを加えずに、今に与えられるものに犠牲的に生きることだけが、自らを誇張し、自らに果たすべき義務だけを謳うほどに、奪い合うだけの現在に真実などを用い、何かを奪うための闘争が進む。

広告を非表示にする