時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

無償

未完の思いをたずさえ、エゴをかかげ、張り裂ける君の秩序に帰結するものが、まにまに、ままならぬものをかかえ、記憶に臆するだけの、過去に幽閉されていくほどに、ほどこされる苦しみを補完するだけに、負担するものなどが、レジスタンスに変わり、希望をかかげ、自由に扇動され、動じるこころが、不和をたずさえ、用いた希望が、暴力的に加速し、物事の印象や、起因を破壊するだけの権力にかたより、よりそう意味や、そこで食い違い、自らを食い散らかすだけの貪婪さをモチーフにする若者どもが、騒がしいと、しいたげる大人には、前衛的なものが足りずに、全体主義におちいり、体制にこびへつらう退廃的なモジュールとして生きるだけの堕落した今に落胆する君のスタンスが用いるものが、居場所などをもとめ、パーソナルなものを破綻させるだけのペシミズムが、破壊し続けるほどに、終末が待望され、そこで論理を腐敗させ、展開されるものに覆われる時間の外から、機関的なまじわりや、リアリズムをそこない、幻想をたずさえ、自らを不純なものに変えるような倫理観が渇望し、欲望を加速させ、ただもとめるほどにもだえる意識は、儀式的なものに頼り、立場を利用し、何かをわきまえるべきだ、と論じる自らの矛盾に気が付かずに、機械的に示されるものから締め出され、惰性に取り組む意味に囲われ、加工される品位や、そこで託つものに占領された意識は、自らの意思により汚され、自らが、正しいと示すほどに、自らに見捨てられ、何かにうながされるままに屠られ、葬られる矢先に信じるべき自らすら見失うから、自らに裏切られることになるのである、と宣言するような理想が、理性を汚したり、今を貶したりしながら、しなびた理想は、誰かの思想を借りて、理性を失い、妨げられる日々に屈従しないための暴走を続け、未熟なものは、刃を弱者に向け、自らの矛盾を飛び越えるための批判から抜け出せずに、自らの正しさを押し付ける自らに抑圧され、遮られる現在に退く者が打ち出す原罪が、今を記号化し、わかりやすい言葉で今を拘束し、意味を読み取りやすくする間に軋轢を生み、何かを破壊するための原理を保つ戦争を続け、ここで、つたなく保たれるものが、懸隔を生み、穿鑿しては、何かを罠に嵌め、自らを浄化させるための戦争を扇動するプロパガンダを続け、絶え間ない破壊は、自らを解消し、昇華するために、自由を利用し、君を位置づけ、そこにいるべきではないなどとうながすほどに陰る本質は、何が正しいかすらも見失い、自らを見捨てる間に廃れ行くものを崇め、あたかも自らが正しいと仕向ける合間になれあいを深め、つかまつる意味に捕獲され、敗者として生きるだけの矛盾が生み出す惰性なものに退き、悶絶し続ける先に、境目を生み出し、再会の約束すら果たせず、派生するものに飲み込まれ、自らの流れを生み出せずに、惰性に測ることしかできずに、デカダンなものとして生きては、あたかも生きているかのようにとらえるものとは、そこで捕らえるためだけに、生み出される正しさに、ためらいもなく飲まれることでしか、生きていることすら認識できずに、そこで間違い続けるだけにいたり、代償をもとめ、自らの性根を腐らせるような軽薄な言葉に拘泥し、出来合いのものを信心するような物質的な信仰者から、物事のカラクリを説き明かせずに、ずっと続くものこそが、真実を語るなどと、平気にうながすほどに、真実などは、すぐさま廃れ、真実がうながすものこそが、絶対である、と用いた正しさを悪用する者により、すぐさま捻じ曲げられ、枯渇するだけにいたる精神は、いたらぬままに敬神にいたり、ひたる意味に飢渇し続ける精神は、成否をうながし、正義を利用し、悪に転じ、理性を失い、用いられたものだけが、真実を語るのだ、という幻想に気付かずに、機械的な捕囚として生きることしかできずに、自らを破壊するだけに転じ、対照的なものとして、対比されるだけの心身に互換されるものを、自らに補完し続け、監視されるがままに、今を緩慢なものに変え、利用されるだけの身体を傍観し続ける先に生まれるシステムに組み込まれ、浅薄なままにたずさえる理想に理性を奪われ、いじらしくもだえる観念が捻出し続ける先に異様なものが生まれ、ここで点在するものにおおわれ、自らの矛盾に気付かずに、自らの黒々としたものにつつまれ、今に果たすべき義務を謳い、果たすべき義務のためだけに、有するものだけが、正義であるとうながすような保身に飲まれ、自らを、はしたないものに変える。