時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

流動する悲劇


 機械や屍人どもが徘徊する日常をすり抜け、数々のジレンマを抱えた輩が排除を叫ぶような退屈を孕んだ怠惰な意識が、形式的なものを押し付け、意識を抑圧させることにより、遮られ続ける先に結ばれない思いが、おこがましく関わり、かかずらう意識が、今に裁きを加え、何かを支配することや、手懐ける理由などを用い、今に阻まれ続けるだ毛の陰りを生み出し、たゆたう瞬間に便宜的なものを打ち出し、定めを謳うだけの季節や、奇跡を用い、何かを騙すだけの日々にとがめられるより先に進む意識が垂涎し続ける先にいなされる思いが、ひれ伏し、加害者も被害者も死に絶える夜にとどまらずに、自由に飛び続ける意識は、姿勢を正すことを謳わずに、自らの自由の下だけで、超越を続け、つたない意識を立ち上げ、怠慢なものをうながし続け、今に生まれるジレンマがとがり、途端に突き刺さる痛みは、退廃的なモジュールを生み出し、議論の外で破壊活動を続け、つくづくに迫るニヒリズムが自らの内側に傷を付けるほどに、その痛みを外に向け、自らの痛みを回避する行動へと展開していく先々で鬱々としたものが、韜晦を続け、通過していく今が儀式的なものに関連し、ここで束縛されるほどに、苦しみをしたがえ、今に偏向していくだけにいたる精神は、アナーキーなものを履き違え、憂うことを知らずに、儚さを知らずに、情けを謳い、ただ自らの革命のためだけに破壊された世界に迫るセンチメンタルや、寂寞を知らずに、席を奪うことだけに専念するキャピタリズムが謳う満ち足りないものを漁るだけの日々に破壊は続き、先行する意識は、様々な思惑に邪魔され、邪推し続ける先に法則的な神経を引き裂くような爪を持った君が引き裂く先に卑近なものすらなくなり、そこで引っかかりを生み出すだけにいたるような先に苦しみを巻き込んでいくほどに混濁し、ここに飽き足らぬものを持ち上げ、もっとほしいと求めるほどに保身は加速し、死を超越できずに、理智を持たずに、立場に組み込まれるだけの構造的な何かが示す論理を知らぬだけの等差を生み出し、加算された痛みはさらなる破壊を生み出すサイクルから逃れられずに、人道的なものを用い、権力へと荷担するだけのニュアンスがリリカルなものを知らぬから、何かを満たすことだけに専念するほどに、すべてから懸け離れて行き、そこで提起されるものなどは、用いられる問題の外に出られずに、罵るだけにいたる先に生まれる苦痛から逃れるための専横を続け、応じる答えから、ここで用いられるものに攻め入られるだけにいたる生命は、自らが生まれた意味を求めるほどに、自らの空しさに気付かされ、何かを本能的に破壊することでしか、自らを癒やすことしかできないような理由を用いる規律から、理性をそこない、そこでけしかけられる暴力的なものに阻害されるだけの意識は、今に与えられた答えをモチーフに自らを騙すことでしか、自らの正しさを演じられずに、演じきれぬ衝動的な自己が生み出し続ける黒々とした思いが引き出す悲観的なものが感性を奪い、今をつたないものに変え、貨幣価値や、加減を知らぬから、何かを破壊しても尚、自らの暴力性に気付かぬ制度が、一過性のものを肥大させ、自らの権限を謳い、権利を持ち出し、何かを奪うための闘争から、倒錯していく意識は、戦争状態に陥り、専横される主義は、理屈を用い、何かを悲観させることでしか、自らのよろこびすらも引き出せぬような関係性に関連し、連動していく腐敗していくだけの神話を信用し、そこで信心し続けるほどに、通過するものは、調和を知らずに、ここでの規律に騙されることだけが、上手く生きていく秘訣である、と騙る金言や箴言などを放つだけの退屈な解決から、回答を待ち続ける君が引きずる意味が、今を覆い尽くし、追考することだけに専念する先々で神聖なものをかかげ、自らを循環するものが、純化しきれずに、ここで切れ切れになる意識が分断され、そこで乖離し続ける精神は、敬神を募り、ここで追従し続ける意識が神をかかげ、何かを攻め入ることでしか、自らのデカダンなものを消費できずに、そこで快楽を求めるだけの正常を謳うだけの連中が支配する世界に気配すらなく、この命とは、ハレーションを起こし、宇宙の外に運ばれ、無よりも先で引き伸ばされ、いつか星を支配し、心配していた今すら抹消され、瞬く間に現れたことよりも短い出来事に幽閉されるだけにいたる、と語るペシミスティックな夜にロマンを捧げるために哲学は存在し、ここで昇華しきれぬものに同行し、行為がセンチメンタリズムに攻め入られる前に、盾となるのが、哲学の役目であるし、ここで果たすべき義務が語る有無などは、膿に変わるだけだし、掛け替えの無いものすら、何かにいずれかは変えられるわけであるし、永遠性などは、自らでしか消費できぬものであり、永遠性を謳うほどに、ここので苦しみは増していくだけであるし、与えられた意味に支配されるほどに、この存在とは、そこなわれるだけにいたるし、濫觴するものすら、何かを起源にしては、何かをかかげることでしか、自らの正しさを認識できぬようなものをふりかざし、何かを脅すだけの飾りである。