時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

辺境


 限りあるものを抱えた生命は、自らの矛盾を消費しながら、しなびた明日や、汚れた今にさかのぼるための、窮屈な過去からの逸脱を目指し、ここに現れるものを模倣するよりも、今を屠り、葬るための法が加工する理屈が、意味を凌ぐこともできずに、答えに逡巡し、今に従事しては、さびれた記憶をまさぐる酷薄なものの断続が物語を破壊し、やがて滑落する意識は、どこにも帰られずに、乖離したとしても、帰る場所など求めぬ先に現れる純粋な精神だけを取り込み、刻々と迫る痛みや、まがい物の今日を爆砕しては、陰る本質や、主体性をねじ曲げ、安易に消費されるだけの過程に結ばれる定期的な軽薄なものを取り除くために保たれた戦争などが激化し、現れる痛みを昇華させるために、新たな攻撃は、一切を純粋に破壊することに専念し、答えに従属するほどに、皮肉な者として生活に補完されるものの捕囚として生きることに専念する意識は、何かを妬み、何かを虐げるために、すべてにおいて隷属的であり、自らを傀儡として生きることに誇りを感じさせられている強制的な言葉に洗脳され続けていることに気づいたとしても、信じ続けていた力に屈し、自らの正しさを持たずに、用いられた正しさに屈し、正しさを証明できずに、正しいとされるものを強制し、正しいとされるものに抑圧され続け、その正しさが用いる権力に加担し、自らを破壊するための衝動を外に向け、自らを戦争に加担させるような強制力を孕ませ、間違いを改め悔いるよりも、その間違いを正しいと思い込ませ支配するためのプロパガンダを続け、自らを統制するための正常を謳う世界が、自らの正しさを汚すことに気づかぬ限りは、そこで、こき使われるだけにいたるし、いたらぬままに消費する現在に混在し、意識的な座礁を繰り返し、岩場に乗り上げた意識は、ひとりで考える苦しさに耐えかねずに、何かに寝返り、未熟な願いを叶えるために、祈ることだけに専念し、行動とは、単に動けばいいものだ、と勘違いし、動き過ぎた先に待ち受ける退廃に陥り、自らを操作するものに打ち勝てず、瞬く間に消費されるだけのものとして、義務的に生き、何かを維持するために保たれるものを崇拝し、背徳を重ね、解読されないためのまやかしを促すような現在を健気に解読しようと試みる純粋な者だけが、物質的な歪さに打ち勝ち、消費されるだけの者から抜け出し、自らの正しさすら不必要になり、担うべきは、価値が用いるものにあらず、自らが打ち出すものだけが、ものの価値に支配されずに、芝居染みた世界を切り裂き、自らが、自らを救うことに、代償や答えすらいらず、そこで呼吸するだけで、幸福であるし、そこに用いられた幸福を、克服するために、この命は存在し、そこに粗悪なものを呈示するだけの蛇行を繰り返し、くたびれた意思は、何かを維持するために、保つべきものをかかげ、懈怠するだけにいたり、機械的に消耗し続ける先でシステム的になり、今にむしばまれ、無駄な日々を過ごした、などと促す貪婪な者に縛られ、難渋な現在に悲観し続けることで、諦観を生み、観点を奪い、今に分裂し、自らの苦しみを、自らが演じるほどに、浸り続けるものへと依存し続け、もたらされる苦しみに偏り続けるつたない意識は、今に悲観だけを続け、何も感じ取れなくなる。膠着する意識は、今に屈従し、自らの進路を邪魔するための自らを作り上げる。そこで観点を盗まれるためだけに退歩し続ける意識は、短絡的なものを崇め、自らを信用するためのウソを自らにつき続ける。自らを信用すべきだ、と世界がうそぶきながら、長らくの孤独を癒やすための卑劣な遊びを続けるだけの幼児的な意識が、いぶかるほどに、補足される苦しみを消費するための闘争を続け、掲揚されたものを崇めるほどに、論じられたものの意図を捉えられずに、萎縮していく意識は、自らの意思を持たずに、その場に現れるふんいきに飲まれ、能動的に生きられずに、ただ、ちぐはぐな自分を愛しているフリをし、憎むことだけに専念しては、自らの立場を利用し、何かを追いやることで現れる快楽が、自らを癒やしていくのだ、などと勘違いを施す脳内で騙され続ける苦しみから逃れるための逃走を続けても、すぐさま、そこで取り込まれ、取り留めもなく続く苦痛から逃走できずに、もたらされる苦しみに追従し、意識的な汚穢を吐き出し、破壊的に募る意思は、いびつな観念を形成し、そこで関連するものすべてを憎しみに変えていく君は、構造的な伴侶を失った苦しみで、さらなる暴力性を増し、何かを破壊し尽くした後に敷衍する憎しみを膨張し続け、さらなる破壊を続ける。

広告を非表示にする