時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

干渉する意味


 呼吸をするように愛して、と彼女がカタルシスをうながす全容に破裂するジレンマたちは、時代的な猶予を引きずり、パラダイムになびくだけの感情と論理の狭間で捕らえられた意識は、永遠性を叫ぶばかりで、借りの自己を解体するだけの日々にニヒリズムが迫り、ヒリヒリと痛む心身は、寝付けずに餌付けされる日々から愚弄を重ね、有する価値に囲われる今に迎合されるだけに腐敗していく今にさえずる記憶も、平衡を保てずに、用いられた言語の外に出られずに、ここで用いられる不具合から、快晴を望み、澱んだ感情が俗世に偏り、簡単に処理される現在に懸隔を生み出し、ここでもたらされるものなどは、場に問題を持ちこみ、問答を繰り返し、反復する意識は、しいたげられ続け、つたない意識をかぎ取る労働的な犬が徘徊する赤い原野に即座に補完されるだけの意味にカタルシスを執り行うための義務を巻き込み、混濁していく意識は、散漫なものを愛し、愛している、と語るほどに、愛しているということが枷に変わり、世界をセンチメンタルに染め、相続する意識で生きながらえることが、あたかも、正しいことのように示唆し続けるほどに、正しいものとは、そこで屈従するものが、従事し続けるシステムの中でヒステリックに叫ばれるものを崇めるための神として措置されるものがうながすものだけが、正しいことのように反応し続ける脳内で自らとの和解を執り行われずに、ただ、強制的に反応し続ける正しさだけが、ここで正しさをうながすことにより、偏り続ける君を強制的に取り囲む偽善的な猶予にはびこる悪意のようなものを溜め込み、ここでかいがいしくむさぼるだけの貪婪なものがうながすパッションや、贋物の価値を信じるための信心をうながすような情報にとがめられるだけの君のメタファーがためらいもなく、推考し続ける先に捉えるべき事実も、この史実の中では、事実関係すら結ばれずに、乖離し続ける先に信用を謳うだけの世界は、寂寥たる由縁が用いる自然的な解決にいたらずに、強制的に迫るだけの幼稚な企みから、その枠組の中で介在するほどに、解消されない痛みを増していき、逸脱することすらできずに、出来合のものを信用し続けるほどに、自らとの懸隔はひろがり、そこで乖離していく意識は、しいたげられ続けるほどに、通過するものにあてがわれる生活から、緩慢に作用するしあわせに似た依存的な毒素から、聡明なものすら知らずに、ここに現れる苦しみを情報化し続けることにより、主体性もそこなわれ退廃し続けることに気付きもせぬから、そこで悪霊のようにさまようだけの意識を空爆しようともくろむ国家的な偽装から、犠牲を生み出すほどに補填される怒りをぶつける対象を探しさまようような問いの中で敢行されるものに同調し、革命とは誤りを含み、そこで破壊することだけが、自らをカタルシスにいたらせ、苦しみを超克し続けるというような贋物の超越に騙され続けるほどに増していく快楽に擬態化するカメレオンどもや、シュールレアリズム的に汎用されていく仮想世界から、懐疑的な日常に現れるルサンチマンが陰湿に告げ口し続ける先々で軋轢は生まれ、そこで失速を余儀なくされる君は、意味がなんたるかを知らずに、そこに難点をうながし、諦観にいたらせるためのウソが続き、疼く精神は、正否をうながすほどに、善悪との懸隔を埋められずに、運命を呪うことでしか、自らから超越できずに、演じることだけが、自らの快楽を増幅させ、贋物の幸福を崇めることに現れる快楽にひたるだけで、この刹那を終え、欺瞞を重ね、不満足を謳うことだけに費やしたものに値するものや、そこで相対するものや、あいまいに作用する毎日に低劣なものを持ち出し、ファシズムへと移行するだけの俗世に寛容さもなければ、そこに用いられるものから逸脱もできずに、そこで屈従するほどに、浪費する関係の間で演技を続け、犠牲的な坂路をのぼる苦しみに耐える日々を愛するべきだなどと綺麗事を述べる前に、この老化するだけの身体から逃げ出そうと必死にもがくほどに、そこで敷衍されたものなどは、瞬時に消滅し、そこで用いられたものをインモラルなものに変えるためのベクトルを育て、惰性に示されるものに閉め出されても尚、この命は反撥するほどに、その命の速度を燃やし、獰猛に生きることにより、よりよい価値などを謳うようなものから跳躍し、有する価値などに値する生き方などは、カタルシスを求めるだけの弱い信念が持ち出す呪詛により、自らを弱体化させ、大義を見出せずに、本質を揺るがすこともできずに、ここで構築されるものを、愛するほどに、知り得るものなどのほとんどは、何かを占領するための虚偽に塗れたものであるし、それを知って騙されうながすようなものがウヨウヨする現在に右往左往するだけの思想などは、開眼にいたらせずに、簡単な快楽に処理されるだけの機械的な人間になるための教育をほどこされ、方向性を決めつけられ、ここで屈従し、そこから動くな、と命じられることにしっぽを振ってよろこぶような世論から、幼児的な政治が作り上げたものにしたがうことでしか機能しないもののいっさいは、不潔であり、不必要なものであり、何かに統治されずに、そのままであらがう意志こそが、創造的に生きる。