時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

狂騒


 たなびく永遠は、はるか無知な様相で、現実を疎外し、瞬く間に映える主観に、よろこびを与える。覆われた暗鬱な物語に現れる閉塞感を超えて、不羈なままにたどる様子を俯瞰でながめる乖離した感情がひれ伏す先で、鮮明なものなどは、ここで貪婪なものに変わり、関係性をむさぼるだけのリビドーを旋回し、展開する意識は、散漫なものをかかげ、現実味を喪失し、演奏を続ける退屈な連中がでっち上げた支配のコードをかき鳴らすほどに、ここでは、乾いたものに変換され、変化のない日常を這うように進むだけの延命から、願い事を続けるほどに不幸なる彼女たちの動向を追うよりも、ここに現れるものがうごめき、這いずる意識に悪態をつきながら、つかず離れず、ついてくるものだけが信用に値するなどと、相対する君は、感情が動かぬから、と安易な瞬間に修復を求め、祝福を謳うほどに、鈍感なままに奴隷化するのであり、理屈をこねて、捏造される毎日を信仰することだけが、しあわせに導くのです、と死に近付く嘔気から、王道を歩くほどに、同化していく意識は、感動などを謳いながら、内面的な憎悪を膨脹させ、いつか破裂する回路から、飢餓する毎日に季節は風化し、抱擁されても尚、そこで近付く愛にすら鈍感なままで、簡易なものに支配されるよろこびから、平静を保つほどに、狂気に近付く領域から、そこに現れる境域でしばられるほどに、補完されるものにこころ奪われ、運命を手懐けているつもりでも、そこに覆う死に打ち勝てずに、逸脱することもできぬままに、出来合のものを信用し、心情を吐露するほどに、何かに蹴落とされるのです、と遅配する意識は、観念論につかまり、伝う意識は、関係が用いるコードにより、よりよい価値に近付くのだ、と惰性な弁証法から、短絡的な毎日に適応するほどに、生きてるかすら不透明なままで、不本意なままに、何かを信用するほどに、応じる答えにアイロニカルなものをぶつけ、ぶしつけにたずねてくる瞬間に恨み辛みをぶつけながら、適応し続けるほどに、補足される獣の流儀から、留意するものが、ここでねじれ、祈るほどに、アイロニーをかかえ、観点をそこない、散漫な儀式の生贄として、柵の中から眺める世界は、ただ広いだけで、自らを補完するような愛に近づけずに、ここで誓いをうながすほどに、愛とはほど遠いものになるし、やがて滑落する意識は、死へと追い込まれ、行動性すら支配され、運動的な器官に痛みを授けるような孤立した夜から救うべく、自らを超克することだけが、その場での苦しみをひるがえし、ここに用いられる道理に支配されずに、隠遁し、孤独と静謐の先で待ち受ける匕首を捨て、生命が偽言を探すほどに、回答とは、用いられた答えに左右され、自らの位置を謳い、占領されるだけの意識は、惰性に物事を変化させ、そこで変換されるものが支えを失い、逃避し続ける先に現れる現実などは、鈍感なままに処理されるだけの物事を破棄できずに、そこで溜め込まれる苦しみに占領され、量子的な観念から、容易な発想が生み出す宗教的な移行から、ここで迫害されるだけのアウトローや、トリックスターどもを檻に閉じ込めるほどに、法に補完される苦しみにより、人間とは、人間として完成されるのだ、と神を利用し、流用されるだけの感情は、上下左右すら見失い、自らが徒労するほどに、弄する感情は崩壊していき、解放を願うほどに、出来合のものを真実に変えるための変換から、偏執していく意識は、今に適任できずに、敵意を溜め込み、破壊的な感情に疎外され、自らの隠れた暴力性を扇動する者どもに利用されるだけの価値として存在することだけが、君たちの役目である、とでたらめなもので作用させるような依存的な順応から、不満を用いるほどに、不満を解消しても尚、次の不安が迫り、不安定な感情は浄化されずに、感情がおもむくままに行動することだけが、孤独と死への逃げ道であるのだ、と騙る者こそ神を捏造し、アイロニカルなものを数えるだけのペシミストであり、絶対的なニヒリズムに移行し、義務的に排除を続けるだけの可能を用いた神は、自らの罪の重さに耐えかねずに、体系を破壊することで、自らの理不尽さを解消し、そこで収めるものが作用を続け、何かを騙し、動かすことだけが、正義へと値し、そこでかかえたジレンマを解消するための快楽と暴力だけが、自らの渇きを癒やすのだ、と謳うような同情から、道理は退嬰的なものに陥り、自らを退廃的なものに変化し、物質としてしか生きられぬようなたやすい機械的な論理から、対価を求めるだけの経済的な猶予に隠された罠を解除できずに、罪の意識ばかりを増加させ、自らを苦しみに屈従させ、その罰を受け入れることで、自らは解放されるなどとうながすようなデカダンの祖や、終末論を用い、何かを破壊することでおとずれる快楽を保つような正義をかかげた独善的な手法を用い、何かを洗脳することだけが目的な理想などは、哲学を知らずに、構築されたものだけにしたがい、知らない者をのけものにすることしかできないような獣でしかない。