時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

怠慢

怠慢な身体を引きずり、今に悲観し続ける先に肥大化する欲望が氾濫し、欲動し続ける先に気配を牛耳り、機械化する運命は、今に悲観的なものをたずさえ、さえぎられる思いを徘徊し、破壊し続ける先に現れた苦しみを再利用しながら、しなびた思いを加速させ、かけがえのないものを喪失し、消費され続ける思いを察知し、悟る間に肥大化する悲しみに左右される思いを予防しようと、動機を撹拌させ、配備される愛が凶暴化し、暴走する意識がエコーし、興奮を抑えられぬ意識は、快感を利用し、良俗なものを謳い、束ねられた意識は、システムをかかげ、改善を求める意識は、予知を利用し、何かを支配する目的だけを遂行させ、忍従することすらできずに、用いられた言葉に保護される日々は、現実味を失い、画面の中でしか存在しないものを崇拝し、信用を謳いながら、配備されるものは、憎悪を生み出し、緩慢な愛は、大義を持たずに、刺激された精神は、何かの支配下に置かれることにより、安心感を生み、安易に騙される思いは、何かを強要され、最たる意味を損ない、度重なる苦痛は、狂騒に撹拌され、自らの半径で満たされた思いは、次なる快楽を求め、つぎはぎだらけの精神は堕落し、フラクタルに感応する快楽や、今に敗残し、回転する意識は、観点を失い、疎外され続ける先に理由を求める形式的な者が寄りかかる先が、変わらぬものを高らかに歌い上げ、退廃的なものを信仰する。その先に待つ苦しみを繰り上げ、腐りきった感情が孕んだ意識が、知恵を失い、ただよう意識は、神経をむしばまれ、無害化を謳う権利は、法に補完されるものが、感覚を喪失し、しびれる先に、行動性を奪われ、衝動だけに左右される獣が、聖域をかかげ、介する間に理解を求め、乖離する先で求められるものが芝居を続け、つたない意識が汚いものを視察し、侵食するものが、イメージを奪い、見るものがつかさどるものが、つたないものが、中間地点を奪い、奇跡をもたらせずに、神格化された意識は、聖域を求め、自らを神に仕立て上げていき、逸脱する生命は、矛盾をかかげ、観点を失いながら、長らくに這いつくばる孤独が悲劇を持ち出し、欠陥を持ち出し、だしぬくために蹴落とす意識は、形骸化していき、義務をもたらし、支配へと移行する先に気配はうばわれ、裁かれ続ける意識は、満たない感情を持ち出し、苦しみを利用し、今にもたらす悲劇が明晰なものを奪いながら、曖昧なものを悟り、再生され続ける苦しみに邂逅するための無知な雨が降る夜を、あてもなく散歩する自由を知らずに、散漫な意識は、儀式的なものを仰ぎ、相対するものが慟哭を続け、追憶に瀕していく意識は、定期的な苦しみを繰り上げ、寛容なものを損ない、狭い世界で悟るものなどが、困難をかかげ、同じ苦しみに同調するように仕向ける間から、背反し続ける先に最愛な者を喪失した先々で対立し続ける運命が卒倒し、聡明なものを失われ、うばわれ続ける観念は、様々な思惑を重ね、介する間に動機は、道理を失う。網膜の内部で卑劣に寄生し続ける悪魔的なものが、敵意を利用し、適宜するものへと強制的にはぶかれていく意識は、定義を失い、猜疑心を用いる。あらゆる苦しみを治療するための憎悪に課せられた政治的な半生をひるがえすようなヒロイズムが革命的な偽装を続け、流用されるだけのシステムの先で無援な者として、システムの中で逆流し続ける先にシステムを追い越すようなシステムの中で乱用されたものに背反し続け、暴走し続ける先に理由すらもなく、ただ愛する日々に口づけし、帰る場所すら持たずに、何かに満たされることを求めずに、ただ溢れるものでれ、と神がカタルシスをうながす以前に、自らが氾濫させる精神の先々に用いられる日々から放たれ、ただ愛する先に用いられるニヒリズムを超えて、私は、自制することなく、計画的な排除を続けるために名付けられたものは、瞬時に捨てるべきであるし、もたらされたものなどは、今に認識されたものに乱され、まだ満たない、と求めるための血を流す。意思を改ざんし続ける先にイメージは、記録を改ざんし、通り抜ける意識は、いびつなものをかかげ、計画的なものを用い、今に利用されるほどに、自らとは損なわれ、内面的な苦しみを乱用し、牛耳られた意識は、用いられた価値により、今に苦しみを繰り上げ、包括され続ける先に絶え間ない痛みを繁栄させ、自らを苦しむためだけに流用する。

広告を非表示にする