時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

永遠性の歌


 狡猾なものが示す記号の雨が降る。硬化していく意識は、交換される儀式から、犠牲的ななにかを謳う同情の槍に突き刺され、自らを悲観するほどに、増していく痛みがエンドルフィンをうながし、そこで改善される意識は、快楽を用い、何かの傀儡として生きることだけが、自らを解放するものだ、と次々に償いを用い、自らを独裁者に変化させ、変換される義務から、懸隔を用い、持ち出された意味に閉め出された孤独感に苛まれ、最たる意味をそこない、喪失感にゆだねる人工的な楽園を歌うボードレールの悪意から、煉獄へといざなうランボーの世界からの孤立や、神々との交信を続ける塔の中で饐えたものを放つ飢えた言葉を噛みしめ、何事を孕んで不安定な日常を捜索する中原中也の鳴き声や、簡単に処理されるだけの愚論を引きずる帝国主義的な懶惰から、解放を求めるほどにすれ違う意識は、淫靡な結末を孕み、詩的な姦佞から、寝息を絡ませ、夜に悲壮感をただよわせるコウモリどもの大合唱から、乾いた身体に浸透する死のにおいや、認識するほどに、そこで認可されるものなどは、論証にいたらずに、正体を隠し、悪へと移行するのだ、と妥当な君の惰性に生み出された網膜にからまる犠牲的な観念から、奇跡がなんたるかも知らずに奇跡を謳う精神主義的な衆愚から、化石のような言葉を掘り起こし、あたかもそれが正しいように語る現在を否定し続けるニーチェのような凍てつく漂流から、ファシズムの分針を進ませるだけの政治的なプロットを泳ぐ理念も捨てた何かのツールどもがそもそもの憎悪を操作するのだ、とコミュニズム的な反乱を巻き起こすほどに、意思とは懸け離れ、用いられた大義も、何かに左右されるだけで、物事の本質は疲憊し、自らを苦悩させるだけにいたらせ、そこで解消されない痛みは、本質すらも見失い、キャピタリズムの奴隷として、或いは白白しくむさぼる餌のまずさにも気付かずに、精読することもなく、表面的に受け取る意味に偏りを示すだけの主義や思想などは、指導者を必要として、何かに汎用されるだけの数多の理由に理屈を捏ねて、捻出されるものが用いる義務から、空疎な意味に移行していくシステムの敗残者たるルサンチマンどもがうながすアイロニーこそが、市民の声であるなどとうながすような餓鬼どもがうごめく気だるい日々から別れを告げ、そこで求められる償いとは、少なくとも悪にアクセスするための受精を繰り返し、均等なものなどを謳うほどに、魯鈍なものにカスタムされ、意識の番犬として、何かが語る言葉の前で吠えるだけにいたるだけの堕落した構造を打ち砕くような鉄槌を用いずに、何かに一途であるほどに、ゆがむ精神は、何かを育むことを知らず、何かを裏切ることで達観しているかのようにいたるような悟りの中で、不当なものをかかげ、かかえた苦しみをその場で引き伸ばすほどに、そこで引き合いにされるものなどは、今に悲観を生み出し、強大な敵意や、境涯にひしめく苦しみに流動していく同化していくだけの支配的な規律から、暗号化していく意識に入り込む情報や、常套句を用い、何かを和ませるように迫る間に進路は奪われ、そこかしこで苦しみを氾濫させ、ランダムな意識は、今にも悲劇を用い、貧相な意味を持ち出し、適当に生きることを知らずに、適度を知らずに程度を用い、何かを測ることで安心感を得ては、自らを満足にいたらせるほどに、物事の本質とはほど遠く、そこで補填されるものなどは、足りないものを補うほどに、保全を謳い、そこで奪われないために闘う意思を削ぎ、聡明なものすら、何かに与えられた義務にひたる。貧相な影からこしらえられ、そこで案出するものが、すべての厭わしさの代用品として、支配されるほどに増していく苦しみに悲観していくだけにいたり、いぶかる先に生まれる行動は、コード化され、硬質さをそこない、同意を求めるほどに、相違していくことを知らずに、史観にひずみを生み出した規律から、喜劇にいたらずに、そこで持ち出される言葉が運ぶ意識的な枢要さに騙され続ける意識は、支えを求め、何かを信心することでしか、自らを満たすこともできずに、自らを知らずに、何かを知ることにより、自らを知るように思い込まされる間に混み合う意識は昏倒し、攻撃的にいたり、何かを否定することだけが生きがいのように感じるような外観を崩すために、ためらわずに自らとの闘争を続ける先に生まれる弁証法が、便利なものを生み出す間に何かを踏み台にするだけで、何かを啓蒙にひたらせるためだけに、体系的なものを吐き出すような口を縫いつけ、追考するほどに愚鈍なものに変わり、同じような命題にひしめく意思は、意味に偏りを見出し、不快感をあらわにし、自ら生み出したものすらすぐさま飛び越える辺りから、あいまいなマインドは、毎日に緩慢に作用するものを排除し、そこで疎外され、孤独であろうがお構いなしに飛び続ける意識は、陰鬱にひたらずに、平等などを謳わずに、用いられた自由に引きずられずに、ここで引き裂かれても尚、売買されずに、感応し続けるために詩的な昇華を求め、創造的に想定されるものだけを真実として捉え、ここでプラトニックにむしばまれ、無実の罪を背負った聖人どもがひたる空疎な快楽にひたるよりも、恐怖に震え、身動きも取られずに、選ばされたものを、あたかも自らの意志で選んだかのうように示される間に持ち出される議題に反し、自分から超え出ていく。