時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

瞳孔


 結末においてけぼりをくらい、滑落し続ける意識は、短絡的な模様にからまり、神経をとがめながら、とっかえひっかえに何かを愚弄し、見くびる隙間に現れる簡易な感情を削ぎながら、今にあらがい、卑劣な者がうながす空疎なものに怯えるだけに顛末とは、横行するものに強奪されるだけの今を悲観し続けるつたなさに過激な理想を用い、何かを収容するだけの独裁的な者が謳い続ける法につたなくからまる隙間から、現れにほどこされる苦しみに媒介し続けるだけの堕落した意思が放つものに陥落し、落胆し続ける精神は、正否を求め、そこで横溢するものに飲まれ、自らを喪失し続ける先々で愚鈍なものになりかわり、課せられる意味や、負担し続ける先に現れるであろうしあわせなどが、今を埋めるためだけに、ためらわずに攻撃を続けるだけに連動する怒りが今を破壊し続けることだけに専念するような法の中でしか、我々は存在しないように思わせるような仕組みから、巧みなウソを使い、今にちぐはぐな理想に飼い慣らされるだけにいたらせるようなものから脱走すべく、この夜のすべてとは、まやかしを理想にし、そこで理性を保つかのように思わせるような操作から、そこで淘汰されるだけにいたらせるような思いにひしめく被害者意識を加速させ、そこで枷をはめられ、世界性を奪われ、自らの未熟さに気が付かずに理想を追求するほどに魯鈍なものに変わり、そこで変化を求めるほどに止めどない苦しみは、誰かの理想を騙り、むさぼり続けるだけにいたるような身体から乖離すべく、すべては、そこで希望を用いずに、帰巣すべき場所を求めるほどに、止めどない苦しみは、安易な自由を謳いながら、退廃的なものに変わるだけにいたるような矜恃から、倫理観を謳うほどに、倫理からほど遠くなり、そこで正義をかかげるほどに、悪におちいるだけにいたるような攻撃性を蓄えるだけの正義とは、権力を用いた時から腐敗するためだけに、自らの内部を食い散らす者が支配を続け、そこで私服を肥やすための都合の良いものを生み出し、そこで復権され続けるだけにいたる力などは、今に誓いを用い、自らに隷属するための法で加工し、次々に苦しみを生み出し、そこでちぐはぐになる誓いは、自らの汚れに気付かずに、用いる理想により、強制的に執行され続ける苦しみを敷衍させ、そこで延々と生み出される苦しみから、はみ出せずに、そこで見続ける未来などは、そこでの平衡や均衡を保つための理想の中でしか、自らを正当化できずに、今に生み出される苦しみの餌になるだけの無知な者どもが閉塞的な闇で買い取り、飼い慣らすだけのルサンチマンやペシミズムを加速させ、そこで加勢し続けるだけの意識は、何かを破壊することでしか、自らを満足にいたらせずに、接続され続ける大量の悲しみを武器に、自らの未熟さをさえぎるような怒りだけに支えられ続けるような思考では、何かを変えることもできずに、同じような権力を率い、同じような過ちをくり返すだけにいたり、理想とは、理想の中でしか、その理性も保てずに、知性すらなく、そこでの誤りに気付かずに、自らを追いやるための闘争から、そこで統制を謳い、堅持するための既得権を守るための言い分けを繰り返し、自らを正当化するためだけの闘争や統制は、映じるものの中での不潔な役割として悪を作り出しごまかす。そこで騙され続けるだけにいたる安易な精神は、簡易なプロセスの中で屠られるだけいたり、ひたり続ける今に痛みを生み出し、媒介し続ける先々で依存し、尊厳などを謳いながら、この存在の軽佻浮薄さに苦しみ、自らの損得だけが、善悪の是非を用い、何かを位置づけるほどに、ここでの孤独感は増し、誰かと居ても尚、その存在とは強調されずに、すぐさま今に飲み込まれ、そこでの永遠性の餌として、あらゆる立証を踏みにじるだけの忘我に消え去る間にむしばまれるニヒリズムに加速し、過去に映じるものだけが、今を癒やすというような哀れみにそぐうような同情的なプロセスを打ち砕くような鉄槌を用い、そこで映じるものなどは、美化されたり、もっともな苦しみを反復させるだけにいたるようなものを自分の都合により連鎖させるだけにいたるようなものなどのいっさいは破棄されるだけのものであるし、そこで面影をかかえても尚、迫る今は、欺くために自らを利用し、今に操作を続けるだけにひたる現在に現れる過去が強調するものなどは、幻想であり、過ぎたものなどは、夢よりも不確かなものであるし、そこにある現在すら、提示されるものに占領され、独占し、所有するために儀式的に荒むためだけの契約を続けるほどに、ここでの愛とは、本質的な愛を喪失し、そこで証拠を用い、持ち出される意味に占有されるだけにいたるような軽々しい示唆が浸透させる真実の愛などは、何かを騙し、ごまかすための愛を体系的に支配するための愛を大量生産し、正否を求めるほどに、中庸はそこなわれ、そこで愚かな支配を続けるための提携から、体制が生み出す改正などが、正解をねじ伏せ、あてがわれる答えだけが、今を生きやすくするなどとうそぶく。

広告を非表示にする