時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

原生


 抵抗感をましていく意識は、自らに対立しながら、反芻する意識が、儀式を超過し、完全性を謳うだけのアイロニカルな照応から、寛容さをほどこす論理的な育みに帰巣する意識的な鳥たちが脳内を旋回し、循環することで、煌煌と輝く印象的な緩和から、生じる由縁にもとづく永劫をほぐし、緩衝する隙間に、関連していく思いは、姿勢を正し、自らの証拠をねだるだけの君のエゴすらも受け入れることで、この行いは、協調をめざすよりも、同調にもとづく痕跡を追い越すだけの諦観をむさぼる輩の獰猛な欠如を受け入れるよりも、幼稚なギミックをほどこし、一体感などを謳うよりも、引き合い続ける意思的な共立から、確かな愛は、めざすべきものを直立にし、憎むよりも、そこで伸び、能動的に消費する猥雑な観念が打ち出すファシズムや、憤懣をかき鳴らす同情のカラスどもが貧相な主義を用い、物々しいもので、今をしいたげながら、史観を打ち砕くほどの補完を高らかに謳い、興じる由縁や、消耗するだけの日々に世界性を征服するためのニヒリズムを用い、混沌とさせるほどに、補正され続ける精神などは、正式な意味を持たずに、もたらされるものに左右され、猜疑心を溜め込み、互いをとがめるだけの論調から、浪費し続けるだけのシステマチックなものとして物質的な猶予やから、流動し続ける先に現れる悔恨や、根源を焦がすほどの愛が補填する愛が多面になびき、自らを消化させ続けることで、ことごとくの苦しみを昇華にいたらせ、万物になびく優雅な意志が、従えるものも持たずに、立場を使わずに、用いられる名前に反することだけが、ここでの感触を確かなものに変える。
 捕食者が流用するだけの悲劇がもたらす構築されただけの理由が収容された囲いを打ち壊し、記録されただけにみたないものを崇めるだけの輪唱から、懐疑的な日常に迫るヒリヒリとしたものが、空間を支配し、誰もが、何かを恨むための同調をねだり、めざすべき確かさも足枷に変わり、かいがいしく謳われるものに介するほどに、関するものとは退廃し、そこで用いられるものなどは、苦しみのサイクルを繰り返しめぐり、そこで反復し続けるものが、互いに反響し、そこで反旗を翻すための猛々しいものを否定し、貧寒な者になるべきだ、と説得するような普遍的な迎合から、エゴとはねじ曲げられ、自らを強調すべく、自らの意志を従えるだけの者が、何かを得るべく、懶惰なままに何かを選ぶことで、ことごとくはねじ曲げられ、そこで与え合う影響は、互いをとがめるだけの理想を強調し、同情を求めるだけの退廃的な理想は、理性を持たずに、輪唱するものだけが、ここでの意味を強固なものにし、そこに現れる理由などは、たいした意味も孕まずに、ただはびこる悪意を捏造しながら、勧誘し続けるだけのシステム的なものに疎外される意志は、短絡的な高揚感を求め、売買することで快楽へといざなうだけの退化から、干渉するほどに、自らを幼稚なものに変化させ、限界を生み出すだけの資本的な記号として生きることだけが、正しいものである、と宣言し、自らを退廃させる。陳腐な理想を掲げ、自らを騙すほどに、ほどこされる意味は、今をちぐはぐにし、誓いを立てるほどに、自らを誤りへと導き、引き合いにだされたものに惰性で支配され、行き交う者が、正しさを語るほどに、自らの正しさとは、程遠くなり、担うべき理想などはなく、ここで、似合う者になるために、何かと合わせるほどに、自らを喪失し、幼稚な世界に組み込まれていく。理想とは、理性を失うことで求められ続け、用いられたものに支配されることで、芝居じみた毎日を納得させるためだけに、理想とは現れる。
 本質的な愛を改ざんし、換算するための贋物の愛が迫り、愛と騙られるほどに、愛とは、自らを愛することをとがめるだけの理想を生み出し、理性をそこなわせ、そこで蓄積される苦悩と対峙するほどに、自らを奪うための関連性を示すようなコードの中で、行動をとがめ、駆動すべき理性も、そこでマゾヒズムにひたり、自らの意思で動くことは、何か悪いことのように思うほどに、自らを誇示する機能が働き、自らを騙すためにためらわずに誰かを騙すほどに、自らを未熟な者に変え、何かをしたがえることで、自らを誇示し続けるほどに、自らとの懸隔は生まれ、はびこる悪意が生み出し等差に支配され、自らを喪失し続ける先に生まれる偏りが示すものだけが、物事を確かなものに変えるのだ、という言辞の足枷を外せずに、ただ、短絡的に退廃することで、情報の中で譲与されるものだけが、自らを正しいものに導くのだ、という神が死んでから生まれた情報という神の中での善悪などに善悪などは存在せず、何かに左右されることで、自らを善にも悪にも変換できるような簡単な処理の中で勝利を謳うような模範解答的な普遍性こそが、清潔感をもたらし、自らを善良な者に変えるのだ、という誤りから、過ちは加速し、そこであらがうべき意志も、自らの正しさを見出すほどに、自らを見くびり、自らが正しいのに、何かに左右されることで、自らを正しいものに仕立て上げることもできずに、蓄積される情報に飲まれ、自らの誤りを見出すだけにいたらせられるような退廃的な理想に対比されるだけの正否などは、自らの正しさには近付くこともできず、何かに統合させられるほどに、統制をめざすだけの情報の中で完結させられた意思は、どこにも行き着けない、と帰る場所をばかりを求め、そこで乖離し、場面から懸け離れることを知らずに、何かを埋めようと必死にもがくほどに、何も埋められずに、空しさばかりがひろがり、自らを喪失し続ける。