時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

相似


 誰かがうながす満足などは、何の役にも立たず、ただ今を鈍感なものに変え、示されるものに閉め出される意識は、惰性に何かをとがめ、とどめるだけにいたり、何かに浸るほどに、ここで悲観するだけに終え、関するほどにわざわいにむしばまれるのだ、と妥当にみちびかれる宗教的な意識の伝染から、罪は加速し、与えられたものに媒介し、自らを信じられずに、渇する間に持ち出されるものに左右され、自らの意思を損なう。ないがしろにされ、さいなむ記憶から、惨憺たるものを引き出す辺りに蓄積する苦悩や、能動するほどに、補填される意識的な規制から、季節感に配される隘路にひずむ君の観念が、情報に還元され、そこで顕示欲を満たすための美意識とは、芸術を退廃させるのだ、と貸与されるだけの者は、関係性にちぐはぐなルサンチマンを用い、自らを止揚するために、何かをとがめることで、何かとの対比を生み出す限りに、自らの美意識は、退廃へとみちびかれ、自らを懶惰なものに変え、物質的な猶予をかかげるほどに、優先されるものに取り込まれる。自らを追い込むだけの儀式が生み出す信心すべきものなどは、信じるに値せず、ただ対立し、そこでの軋轢を生み出し、齟齬をきたし、機械的なものから、自然的なものの調和をめざさずに、ただ反するほどに、理解は誤解を生み、そこでの悔悟をためこみ、互いを体系的なものに変え、そこで提携されるものや、軽薄なものを信用するだけにいたらせるようなギミックに陰る本質は、真相をそこない、そこで行われるための義務感にさいなまれ、自らを矛盾させるだけにいたるのだ、とそこでの矛盾などは、間違いをきたすわけではなく、そこで惰性に支配される意識が、矛盾を持ち出し、自らをそこなわせるだけにいたる。ステータスだけを武器に、末期的な症状をかかえた群像にとろけることだけが、自らの孤独を癒やすことだ、とうながすだけの普遍的な懐柔から、感受性は制され、そこで多目的に刺激されるほどに、満足とは変化し、少々のことで満足できていた身体も、徒に消費され、そこで介するほどに理解を深めずに、悔恨にひたり、そこで打ち出されるものなどは、満足をきたすこともできずに、そこで消費することだけを目的に満足を食い尽くし、いつしか駆逐され、そこでの苦悩を加工するだけの義務から、偽装されるだけの真実に帰巣することだけを目的に帰り道を改ざんされ、理想を供給するほどに、軽薄なものを立ち上げ、求めるほどに、とめどなくあふれるものは、そこで求めるほどに満足をすり減らし、そこでバランスを保とうとするほどに、持ち出されるものに傾けられ、自らの偏りにより、よりよいものなどを偽装し、偶像崇拝し続ける普遍的で清潔な正義などは存在せず、そこで用いられる正義とは、何かの犠牲を孕んだ、懶惰なものであり、そこで感覚を奪い、区間を生み出し、空間で処理されるための時間を捏造し、増幅する憎悪を扇動し、何かに乗じ、何かを破壊するための義務から、疑問も持たずに、ただ与えられる情報を譲与し、あたかも自らが生み出した答えのようにうながすことの正しさなどは、そこで正しいとされるものだけを信仰する狂信者や、偏執狂のようであり、そこで理屈を捏ね、血を生み出す原理から、理解を得るために、何かを痛めつけるほどに増していくサディズムから、惨憺たるものを形象し続けるだけの藝術的な愚行から、空疎な論理を育て、そこで何かをとがめることだけに専念し、捻出されるリアリズムを空疎なもので支配し、あらゆる軋轢により、敵愾心を燃やすだけの人間的な哀れや、あいまいなマインドに課せられる義務から、空白を埋めるための理屈や、高次にいたらずに、そこでひたるだけの今を悲観し、関するほどに監視を強化し、そこで枯渇するだけにいたるような思いは、そこで思い違いを生み出し、思い出に陰るための日々に萎靡沈滞し、いぶかるほどに、そこで即席の理由が生み出す自由を求めるほどに、自由とはほど遠くなり、求める自由や愛などが生み出す卑屈なリズムから、卑怯な者だけが、ここでの成功者として崇められるだけにいたるのだ、とルサンチマンどもは、自分と違う者が本当に憎いのかもわからずに、ただ憎むことを消費し、その消費だけが、自らを癒やすのだ、と卑しい思いを加工するだけの義務的な衝動から、生じる由縁に低劣な理由を締結させるだけの周辺が求める義務感から、裁断されるだけのあいまいな今を購うほどに、あらゆる原理とは、今に補足されるものを法則的なもので加工し、先々で介する理由が改ざんし続けることごとくに排斥される思いは、応用されるものだけをながめ、自らのもののように扱うことで、ここでの正解を求め、そこでの成果を求めることだけに用いられる正解などは、自らを踏みにじり、正しさに導くようで、今を横暴に書きかけ、塗り替えられるだけにいたり、自らの意志や意識をそこない続ける。