時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

約束


 軽薄な予言がもたらすシンドロームや、同化するだけの意識は、依存的に何かにもたれ、もたらされるものを連動さながら、憧憬するほどにとろけ、そこで疎外感をたくわえては、退廃的な呪詛を続け、つたわる意識は、何かに変わるものだけをうながし、脱線する意識は、遷移し、恒常的な平静をたくわえるのだ、と枠内に収まる感性は、恒久的に連動する意識的な錯綜を続け、そこで透過するための問答をし、応じるだけの答えは、高尚へといたらずに、途端に這いつくばり、邪推することだけに専念しては、さいなむ記憶は、臆することだけに時間をついやし、整合されるだけの日々は、おびえ、そこで横行し、何かに固執するだけの者が平衡を謳う限りに陰る真実は、聡明なものをそこない、そこで行いを正そうと刷新される意識は、精白さを保てずに、もたらされる苦しみを律動させようと目論むだけの悲劇に飲まれ、感情論的な形式に押し流され、裁断される意識は、形式的な苦しみだけを反響させ、そこで唾棄される保身や、そこで補足されるだけのものが義務的なもので包括し、崩壊する意識は、軽薄なものを崇拝し、枢要なものをそこない、行いを正そうと黙する意識は、儀式的なもので悔悟を昇華させるために絶えず儀式的なものを利用し、自らの意思にとがめられぬために、ためらわずに生み出される悲劇を流用し、そこで流動する意識は、軽薄なものを崇めるほどに、自らをそこなう。続けることが苦しいのではなく、漠然と続くことを苦悩に思う途端にすべては、苦しむためだけに移行し、そこで苦しむことだけを絶えず巻き込んでは、いたらぬ自分を想起し、そこで迷うほどに、苦しみとは深まるのである。あらゆる苦しみにあらがうべく逃避し、そこで何にも捕まえられぬように、逃げ惑う限りに戸惑いは消え去り、自らに危害を加えずに、そこで飢渇させられ、飢餓にいたらされる前に査定されるだけの現在に差額を生み、最たる意味をそこない続けるほどに、ここで補正されるもののほとんどは、何かに苦しまされているようで、そこで自らを苦しめているだけに満たされぬから、と乾いたこころのままで、瞬く間を駆け抜け、改心するよりも、過激に理想を強要するような者どもが用いる卑屈を飛び越え、逃避し続ける先に散漫な意識は、迎合されるものだけを崇め、そこで保身をもたらし、方針を生み出し、何かを汲み取り、組み替えるほどに、ほとんど価値は、そこで利用されるだけのものへと変化し、そこで経て行く意識は、いぶかり、借り物の自由を崇め、そこでうながされるものだけが相似しては、高次にいたらずに、いびつなものをこしらえ、攻撃性をたくわえ、自らを破壊し、さまたげることだけに専念し、捻出され続ける思いは、つたないものを敷衍させる。誇示する後先に卑劣なものをそなえ、制御不能になる意思は、形式的なものを持ち上げ、自らに固執しては、依存的にさまたげられ、既存のものを崇めるためだけに、対価を用い、何かを強制的に支配するほどに、補填される理由は、理性を失い、喪失感をかかえては、ためらい続ける思いは形骸化し、物事の外観を砕くほどの自由は、協調性をそこない、相続し続けるだけの思いは、つたない永遠を補足するための自由を用い、何かを騙すためだけの理由を捏造する。そこで増幅する苦しみは、高揚感をそこない、鬱々としたものを溜め込んでは、主体性を奪い、つたない思いを加工しては、自らを偽装し、物事を強要することだけに専念する。演じるための思いは、陰鬱な衝動をかかえ、混濁する意識に受理されるものや、そこで妄想を続け、追憶に貧するだけの過程は、用いられる価値を利用し、領土を奪うためだけに、体制を利用し、そこで強度を保てずに、自らを破壊するだけにいたらせ、いぶかる先々で対立を深め、終わらぬ軋轢が汚穢を生み出し、そこで終わりを強制し、そこで強要されるものだけに引きずられる意思がいじらしくまとう現実から、さまよう過程にもたらされるモラルから、求められるほどに、戻ることもできずに、そこでむしばまれる意識は、迎合されるものと一体化し、一体感を求め擬態化し、同じようなかっこうで、同じような目的を果たすためだけに、同じような仕組みの中で、同じような答えを引き取るほどに、そこでの怯えは消え去り、もたらされるものに緩衝するための愛を止揚させるための強制力を使い、何かを義務化し、規律を用い、人々を屈折させるための儀式を執り行い、そこで興ずるだけの思いは、惰性で暮らすことだけが、ここでの正解を生み出し、そこで課せられるものに感触すらもうばわれ、あたかも、そこでふれているように思わせられることだけが、正解のように振る舞うことだけが、正しいことのように崇められ続けている。