時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

軽薄な理想


 窮屈すぎる思いをかかげ、軽々しくもたげる身体が利己的に浮上し、短絡的な同化を求めるだけの依存的な損壊から、果たされるための義務が絶えずからまり、理不尽さを形成しては、妨げられる感情は、浄化を求め、退廃的な道具と化する間に沈積する意思的な悲愁に互いを交錯させ、倒錯する真理は、今にもとづく悲劇や欺瞞をたずさえ、延々と相続し続ける思いにより、今に比重を与え、対するものだけを今に与え、物事に固執するだけに至らせるような意識的な旋回にそぐうものだけを絶えず自らにたずさえ、証拠も残さずに痕跡を与えるほどに、絶えず慢性的な痛みを加工し、ここでの犠牲を生み出すだけに至るのだ、と相対する間に求め合うような愛とは、憎悪だけを加工し、そこで愛するが故に壊すことだけを目的に肥大化する意識は、散漫な者がうながす儀式的なものへと嵌め込まれ、そこで固執するだけに至るような思いは、陰湿なものを重ね、そこで消失するだけに至り、いぶかる先に保身や、方針を巻き込んでは、混濁する意識は、惨憺たるものを生み出し、何かを踏み台にし、憎む原理だけが、今を誇張し、何かを信じるほどに、信じることとは、つらくきびしいものに変わり、何かを憎むことだけが、簡単に作用し、愛するが故に何かを破壊するような純粋さだけが崇められるだけに至る。いびつな愛を補填しては、貧相な欠片を集めるだけのギミックや、値するものだけが、今の価値を極め、そこに現れるものに価値を授けるのだ、と惰性なみちびきにより、自らを憎むことの傀儡に変えるだけの貧相な価値から、そこに与えられる尺度だけが、物事の確かさを強調し、そこで複製されるものだけが、今に緻密なルールを授け、そこで積み上げられるものだけが、罪を超え、自らを服従させるための権威を生み出し、疑うこととは、恐れることであり、憎むべきことなのだ、と植え付けられるだけの基礎などは、規制を生み出し、犠牲を求め、君をねじ伏せるための軽薄な言葉であり、そこで計画されるものに抑圧され、抑止されるほどに、補填される苦しみは、今に補正され、保護され、更正を求めるほどに、正義とは懸け離れ、強制力を用い、行使されるものの権力だけが誇張され、用いられる力により、自らを屈するだけに至らせるような圧力を自らに与え、そこで正しいとされるものに従い、虐げられるだけに至るほどに増していく快楽は、あたかも正しいものを崇めるために捏造された正義を神として崇めるための正義の犠牲となるために生まれたかのように仕向けられることに現れる聡明さに騙され続ける間に補完される犠牲的な生が生きる意味とは、ここで従うことにより、補完される快楽との交信を続け、自らを満たすためだけに信心し、自らを抑圧し、そこで従うためだけに加工された主義を愛するべきだ、と諭すような自らの内部での卑劣な交信から、比率を求め、何かをとがめるための理想とは、理性を奪い、何かを破壊するためにためらわずに自らの正義を加速させ、何かに枷を嵌め、自らの世界以外は認めるな、とうながすような定立に背反すべく、体験される苦しみをリバイバルし、用いられるものへと屈することだけが、今を屈折させずに、純粋なマシーンとして、隷属するほどに加速する精神的な高揚感から、雇用されるほどに慢心を生み出し、無関心を引き出し、緩衝せずに、感触すらも麻痺され、自らの内外で果てるだけの義務が及ぼす撲殺のメロディーや蓄積されるものをひた走る畜生道から、奴隷と化するほどに増していく簡単な快楽の傀儡として、指定されたものを愛するほどに、増していく渇きや、鬱積するほどに関心を麻痺させ、不感症へと至らせるためのギミックと一体化と不実な者を疎外するためのコードから、書き換えられるだけの精神から、生命の危機を補足するための偽装的な何かが手配する母なるものを進行させるほどに、父なるものを恨むための媒体へと固執するほどに、ここでのカオスを生み出すために蓄積する恨み辛みだけが理想を供給するのだ、とルサンチマンしかいない世界を、世界として認識するほどに、認識不足に至る精神は、敬神へと浸り、そこで奪い合うだけの卑屈な精神が理想主義という偶像をかかげ、偶然を愛するほどに、運命論へと引きずられ、引き込まれる意思は、何かに課せられる義務だけに雇用され、高揚感をそこない、即座に生まれる苦悩する精神は、能動性をそこない、そこで動じずにとどまり、憎悪をふくらますほどに補填されずに、補正され続けるだけの精神は、自らの渇きに耐えかねずに、何かを奪うことだけに権利を求め、牽引されるものや、そこで確執を生み出し、白痴へと至らせるための偽装を終え、犠牲を生み出すための踏み台として、そこで組み込まれる理由とは、理不尽さを増すよりも、そこで理不尽と思うことが不信である、とうながし、正しさを奪うことだけに長けるような仕組みなどは、何が正しいのかもわからずに、何かを正しいものとして仕向けることだけが、そこでの正しさを強制し、正しいものとして崇めべきだ、と告げ、そこで屈従する者を信者に変え、そこで信用するものだけが、真実につながるのだ、という惰性な取引から、引き取るものなどは、短絡的なものを価値として崇め、そこで同化する者だけが、正しい道へと至るという誤りから外れるべく、信用するものなどは、死を利用し、何かに軋轢を生み出し、絶えず自らを上へとのぼらせるための犠牲をためらわずに生み出すことだけに長けるような正しさなどは、自らを正当化させるための正当性を謳い、何かを統制し、自らを正しい者のように仕向ける間にアイロニカルに弾ける理性をリセットさせるための発明を生み出す。