時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

嬰児


 生まれたままでは満たない、と汚い理論を措置し、愛すらも配する間に廃絶されるべきだ、と何かを呪うようなセンテンスをばらまくだけの利己的なルサンチマンが孤立し続けるほどに吠える姿の醜悪さに気付かずに、自らこそが世界の理性であり、そこで制限を生み出し、資源を利用し、自らを正義に仕立て上げるような散漫な儀式に邂逅し、禍根に溜め込む悔恨などが失意をまさぐりながら、与えられた罪を昇華させるための儀式を続けるほどに、自らを苦しめるような散漫な規制を含ませ、そこでほころび滅び行く定義にもとづく迎合を続けるだけの制限を生み出し、埋め込まれた意味に朦朧としながら、しなびた意識は、死を乗り越えられずに、死という言葉にまやかしを課せ、そこで課せられる義務とは、空疎なものであるし、そこで祈り願うだけでは、寂寞を生み出し、自らのよろこびに至らずに、何かを巻き込み、自らのもののように扱うほどに、そこでの軽薄さを打ち消せずに、形成されるだけの苦しみに収監され、収容され続ける意識は、つたない季節に踏み外し、不満を溜め込むほどに、不正を糺すための凶弾を撃ちこむだけの空疎な理想をうながす。軽率な理論をかみ砕き、理性を謳うほどに揺らぐ観念は、もたらされるものを保つための理想をうながすほどに、理想とはほど遠くなり、そこでの空白を埋めるための互換を続けるほどに、つくづくに迫るセンチメンタルな理論や、規制されるだけの現在に低劣なものを発生させ、自らを利己的に苦しめ、諦観させるだけに至らせる。偽装された真実は、悠遠に放たれ、季節は掻痒を重ね、自らのかゆみに耐えかねずに体系的なものにそそのかされ、自らを流動させずに、何かに流用されるだけの空疎な身体を補完する快楽の道具として、偶然の餌として、妥当な戦闘を続ける。横溢する瞬間が時間を捉え、自らを法則的なものに適任させ、敵意を相互させ、散漫な意識は、季節的な負荷を重ね、自らを生きにくくさせるための理想をうながし、理性をかき消すための拷問を続け、何かを支配し、そこで芝居を続けるだけに至らせるような空疎な悲劇の中で簡易な理由をうながし、利用されるだけの身体は、そこで補完される苦しみの中でしか作用しないようなものを崇め、自らの無情さを嘆くことでしか、自らに回答を与えられずに、絶えず埋め込まれる苦しみとは、そこで思うほどに、そこでの重さを増していき、そこで低劣なものをかかげ、定理に基づくものでしか機能しないようなものを崇めるほどに、まじわる先で愚行を続ける。空虚な傀儡として、世界全体を嫌いに値するものだ、という妥当な価値が惰性なペシミズムに浸る間にアイロニカルなものとの惜別を執り行う儀式的な猶予から、惨憺たるものに敷衍していくものに逸脱しながら、今に立証されるものなどは、そこでの均等さを謳うほどに、利便性を求められ、詭弁だ、ととがめられるほどに反発を繰り返す。
 余り有る時に補完されるものが律動的に繰り返され、開示されるものなどは、求めるものとの相似を求めるばかりで、偶然にそぐう価値に盛り込まれた理由が粒子になり、担う意味に降り注ぎ、課せられるためだけの疑問を絶えず巻き込み、思い込み混濁する意識は、形式にとどまり、由縁の中でかじられた傷を傍観する君の悲恋がアイロニカルに謳う原理的な理想などは、起源を保つための存在をかじかませ、そこで自覚するほどに緩慢に作用し、求めるほどに混濁する意識は、自らに軋轢を生む。あらゆる苦しみとは繰り返されることにより、その苦しみを偽装し、犠牲を生み出し、自らを規制し、制限を生み、求めるほどに不自由になることに気付かずに、与えられたものを捕食するための道理や、そこで動機をうながされるほどに、即するものにそそのかされ、自らの意思とは違いながら、怠慢な自己を崇めるためのコードや、理性を保てずに行動を奪うだけに至らせるような混濁から、根幹を腐らせるための犠牲から、理想とは、今に苦しむための偽装を続け、そこで汗水たらして働くことがあたかも美しいもののように崇められる途端に労働とは尊さを失い、何かにうながされ、そそのかされるものにより働きを加えられ、自らの行動を美化するための虚栄と虚飾の中で自らを働かせるほどに満足などは、何かを買い取り、飼い慣らすことだけに偏りを示し、そこで働かされる意識などは、自らの意志を持たずに、ただ用いられるものを保つためだけの犠牲として、偽装を続け、規制され、使命感を謳いながら、偽装される真実に鬱積し続ける自らの苦しみを偽装し、自らを爽やかな犠牲として、崇めるほどに、そこでの正しさに操作され、自らの正しさを見失う。あらゆる正しさとは、そこで押しつけられ、強制されることで、自らの正しさをそこない、誰かを裁くことにより、現れる正しさだけが、正しいことのように続けられる義務こそが、正義である、と崇められる途端に、正義とは、何かを規制するための犠牲を生み出す機械としてしか働かない。