時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

停泊する啓示


 孤独に相似するものが、意識を昇華させる。愚鈍な障害を越えて、当たり障りのない自由に充当されるだけの論理を裂き、先々でひろがるものが永遠性を生み出し、制度を超え、凄艶にとろける具現化されるための日々が高らかに鳴り響き、卑近なものを超えて逍遥し続ける先に現れるものだけが物語を強固なものに変え、悶絶する日々も、とこしえになびく風景をたどる尖鋭化し続けるだけの未来だけが、今を作り上げ、簡単に消費されるだけのモラルなどを消費するような今を応用するだけの義務的なものが諦観を生み出し、感覚を踏み台にし、奸悪を作り上げ、あいまいなマインドや、徴収されるだけの君のいびつな観念から証拠も残さずに、ただ現れるままに愛するものだけが、迎合されずに、敢行するだけの意志が、生じる由縁や、憎しみで硬化させるだけの今に欺瞞を生み出し、定めをくすぶりながら、空間的に巣くうものや、感覚に長じる悠遠になだめられ、ここで羽化し、さらなる飛翔を続け、生まれるものだけが、ここでの魂胆を混沌に変えるだけの色合いや、判明するものが、オーガズムをたずさえ、延々と演繹しては、さまたげるものや、ここで枯渇するものや、ここで硬化するものが応じるほどに非道なものにほどけ、縫合されるためだけにためらいを生み、奪い合うだけに低劣なものを即座にインプットさせるだけの今に犠牲を与えては、絶え間ない時は、今に長じ、意味を見出す限りにここで陰らずに、限りあるものとは、ここで定めを与えては、定期的な苦しみを遡行させ、想起するものが相克を続け、創造的に飛翔しては比喩されるものや、ここで還元されるものが寛容さをそこない、症状を悪化させ、行き先を不透明にしては、不当なものを愛し、愛されるほどに増していく憎しみに照り返すものが運命を消費し、貧する形や、アイロニカルな交合から、交接するものとは、そこでの快楽へと解体される軽薄な身体が起床だけを求め、朦朧と妄想するだけの日々に卑屈なものをかかげ、懐疑的なものや、介する間に理解を得られずに、営利目的で今を緩衝させる間にシンフォニーはそこない、そこで語り合う心音がたずさえる栄華にいたらずに、いびつなものを作り上げ、成し遂げる意味や、今に鬱積するものが謳う現時点や、原理的なものが組み込む地点や、ちぐはぐな今に羽交い締めにされ、破壊されるだけの身体がたずさえる愛惜や、詠ずる言葉が断続し、段階を経るよりも、そこから昇華し続けることを目的に死をハミングするほどに食い違う意思は、窮乏していき、逸脱し、暴走する限りに陰らずに、誰かの玄関をノックし、能動的に捉える行き先に結われるものが謂われをそこない、生じる由縁が永遠に企てるものが惰性なままに引きずるアイロニカルな青春や、視神経を網羅するような美しい風景や、言葉が木霊し、心ないものを昇華させるための戸惑いにひざまずくよりも、悲観するほどに、法則的なものにとがめられ、途端に現れ嘆じるものが正気を失い、殺伐とした思いに措置される時折にひずむ陽炎や、慢性的な痛みを引きずり、悲観するほどに、引き合いに出されるものを出し抜くための抵抗や、定理にもとづくひらめきから、悲観するほどに保持するものが放蕩を繰り返し、放浪する先々で対立を深め、大利を得るためだけに猛々しく叫ぶよりも、調和を求め、猥雑な時に使命感をほどこし、報じられるものや、報償を求めるためだけに絶えずシンクロする忘我に潜む空疎な影を踏み、俯瞰に迫る懐疑的な日常が豪壮なものを捉え、統合されるほどに正常とは、異常なものであり続けるための理屈を絶えず巻き込み、混同する意識は、色彩を失い、そこで生まれる差異や、さいなむ記憶にパスワードをほどこし、豊饒な時を迎え、投棄し、逃避する限りに、何かに追いつかれることはなく、そこで磔にされるだけのジレンマや、まどろみに問いかけ、当為するものに反し、関する間に理想を捏ねるだけの人間性は、制度の中で付着するようなロマンにひずみ、貧する間に傲慢なものを生み出し、不満足を謳いながら、運命的なとがめから、統制されるだけの月日や、そこで貧寒なものをたずさえ、おののくほどに、不安は増していき、毎日に悲愁をかかえ、寛容であることを忘れ、何かを恨むことでしか、進化を得られずに、浸食する先々に補正されるものや、悶える月日に重なるエゴや、傲岸な者が蔑む間に愛情とは屈折していき、何かを愛するが故に知ることを拒否するような恐れから、そこで虚偽を生み出し、虚像を愛し、暴くべき今や、欺瞞をたずさえ、対抗するだけの意識に叱責するものや、文言に潜む空疎な悪意に隔離され、快癒されずに、今に傷つく限りに陰る真実は、解明されるべき道理を謳いながら、理解を得られずに、演繹を続ける先に現れる本性を解き明かすためだけに、この生命は、位置を持たずに浮遊し続け、つたない意識に儀式を生み出す前に踏み出す意識が確かなものを得るまでの軌跡をたどらず、そこに追われずに、置いて行かれても尚、自らの意志を保つような強靱さを生み出す。