時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

反旗


 延々とつらなり演繹していく先にたどりつく永劫すらも蹴散らすように奔走し、際限無くあふれる物事が旋律を生み出し、怠惰なものをふりはらい、ここで保たれるものなどに寄りかかるだけの契合から、揺動されるほどに翻弄される意識が迎合を続け、短絡的な消費から飛翔すべく、すべてとは、ここでなれ合いを深め、今に負荷をかけ、最たる意味をそこない、そこかしこに苦しみを培養させるだけの連なりから連動する意識は、形式的な深みを増し、毎日に滞積していくものが重みを増し、惨憺たるものに変化し、物事は軋轢を生み出し、踏み出す意味は、今に影を与え、済世すべく、すたれた意識が用いる敷居などは、何かを分断させ、差別化を続け、追憶に比する簡単な価値に処理されるだけの今に欺瞞を用い、運命をそこなわせるだけの言葉を騙り、対比されるほどに、ここでの行いは苦悩を引きずり、今に引き取るものが卑近なものを用い、モチーフとされるものを崇め、こじれる先々で対立を生み出し、関連するほどにここでの苦しみに住まいを移し、魯鈍なものに変化するだけの自由は、理由を求め、今をへだてるための自由を求め、用いられる変化とは、散漫な意識を生み出し、今に蔓延る悪意を流動させ、衰亡する意識は、儀式的なものに転化するだけの形式へと変遷をたどるだけの意識は、犠牲的な何かとして捧げられる生贄としての役目を果たすためのスキームの中で連動していく苦しみを敷衍させるための不安を眺めるだけの傍観者として暗闇で悲壮するほどに、卑劣な者に変化するのだ、と惰性な分析から、懐疑的な日常とは、何かに引き合いに出されるだけの怠惰なものへと引きこもり、貧寒だ、と思うほどに、ここでの限界は、開眼を求めるほどに朗誦されるものにいざなわれ、自らの意思を失い、さまよい続けるゾンビとして、孤立していくほどに効率を求め、立証されるだけの現在に神話的なものをかかげ、現時点を裁くための理由を利己的にうながすだけの堕落した主体が説き明かすものへと引き込まれる。用いられる神の重みとは、今に罪を与え何かを裁くための多幸感へといざなうためのルサンチマンを作り出すのだ、と慢心をかかえた形式的な人間として、二元論に凝り固まり、凝視する先に現れる本質すらも疲れ、すたれたものだ、と物語に強調される物事に固執するほどに、善悪とは、悲愁に混じる悠遠にこじれ、時間にとどまる。あらゆる連関から派生していく意識的な調和や、揺動されるだけのがんじがらめの日常や蓄積していく苦悩を敷衍させるための過剰な言葉がひしめき、何かを裁くほどに増していく快楽に受理されるよろこびだけを蓄積するのだ、と妥当なものにみちびかれ、びくつく心情は不安を加速させ、加工された苦しみを充当するための履歴を奔走し、こじれる矢先に昏倒していく意識は、散漫なままに過剰な四季を食い尽くすための叙情的な感応から、官能的な緩衝が用いる仮象にとどまり、解析されるための軽薄な身体に与えられる罰から、晩成に欠けるものや、卑劣な意識が参画する権限に引き込まれ、自らを不自由に変えるための法理の中で存在価値を探すほどに、存在とはそこなわれ、そこで何かを思わされるだけの傀儡として、快楽を追い求めるのだ、と性悪説が騙る独善的で空疎な次元などにとどまる理由すらも無く、現れるものなどは、ここで過ぎ去るためのものだ、とペシミストが誤ったニヒリズムにおちいるほどに破壊的におちいり、自らの快適さを求めるほどに敵愾心は増していく、邁進する暴力性は、制度を打ち壊すための社会を敵視し、自らを適応させるための理由などは、今を解放するための理由にはならず、何かにおちいるために平気で何かを蹴落とす義務から、犠牲を絶えず生み出し、達する間に受理される憎悪や、今に悲観するほどに、関する自由に渇し、今に軋轢を与え、絶えず闘争し続けた歴史を引きずるための理屈がまかり通るほどに、日々とは卑屈なものに変化し、まぼろしを追いかけ、そこで生い茂る意味をさまよい、間違いを改めるよりも、そこにあてがわれる苦しみに巻き込まれ、自らを浮上させることもできずに、今に吹きこぼれる感情は、カタルシスを求め、何かを破壊することだけが、自らのよろこびを引き出すのだ、と惰性にみちびかれる意識は、何かを破壊するための儀式的な神を崇め、司る意味は、今に犠牲を生み出すためのコードを書き込み書き換えながら、履き違える意味の中で自らの意思を喪失し、失意の下にたむろし、退廃的なものを体現し、垂れ籠める理由が理想を謳いながら、何かを保つための闘争を続け、倒錯する先々でかいがいしく現れるものが改正を謳い、次なる苦しみをつぎはぎに縫い付けながら、能動することも忘れ、扇動されるほどに、この命とは、確かなものをそこない、心身を酷使するほどに、自らを見失うのだ、と介する間に保護された悲しみは、次々に悲しむための理由を用い、今を苦しめるための理由を携帯し、迎合されるものにうながされるままに即席の自由を求め、自らを苦しめるための理由に引き込まれる。