時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

提唱


 はじめから持たされたものが用いる代償により悲しみを連動させるほどに色あせる瞬間は、何かと入り交じり循環することだけを目的に惰性に堅持されるものなどはいずれ、いじらしく誇示するだけにいたるし、そこで満ち足りないものを引き出し、引き取るだけの永遠性に制限を持たせ、立場を倒立させ、統合させられるだけの上下左右は常識的な猶予を用い、何かを測り、そこで使命感で締め付け、自ら誤りを認めずに、自らの過ちに修繕されるだけのこころみがほころびを生み、短絡的なものを愛するほどに隘路へと変わるだけの状況をさまよい、散漫な意識は、儀式的な調律から鮮明な過去すらも、ここでは、価値観をほふられ、意味の無いものを常用するだけに至るような還元から採掘される思いは、そこで新しい価値として与えられ、そこであらがうほどに情報は過去になり、そこで担うものなどは、すべて過去に成り得るだけで、そこで得たものなどは、過去の表情を保ち、あたかも大切なものとして扱われ、今に圧力を加え、自らの大切さを訴えるほどに、うとましくからまる意味は、鬱々としたものを吐き出し、自らを羽交い締めにして、そこで主体性をそこなわせるための人間的な弔いから、独善的に消費され、そこで適任するものなどが難癖をつけ、追憶に比するものや、貧するほどに増していく苦痛などを謳うだけの動機から騙られるものへと奪われる感性が競り合いながら、滞積し続ける苦痛が通過し、加算される苦しみが売り買いされ、奪われる思いは、今にひざまずき、与えられるためには、この命を簡単に捧げるのだ、と多面になびく思いが、今を阻め、センチメンタリズムに送り込まれ、思いの奥地で理想を追求するほどに現れる苦しみに引き取られる思いは、そこで依存心を加速させ、自らに課せる罪の意識から自らを枷に嵌め、世界にとどめることを目的に端的な意味に省かれ続け、つたない意識は、儀式的な生贄として自らを捧げることを目的に純潔を守り、対価を求めずに、ただ与えるための身体を綺麗に保てば保つほどに、外から現れる汚れから逃れるために批判を続け、自らを見失い、満ち足りないままに現れる動機は、今を破壊するための原理を加工し、加速する思いは、いびつなものをかかえ、出来合のものを信じ、信心が足りない、と叩かれ続ける間に理想を供給し続ける人の身体を借りた神は、理解から乖離し、何かを搾取するために悪趣味なものを建て、退廃的なものを打ち立て、奪い合うことだけに重点を置き、従属するほどに十全としたものを失い、次々に現れるものを須要なものとして捉え信仰心などを加工し、何かから逃れるための信心などで自らを騙し続ける。自らを信じれば身近な神すらも必要なく、そこに現れる疑問が生み出す欺瞞などに騙される必要もなく、そこで制度をくわだて、惰性な者を導くためのベクトルを生み出す必要もなく、そこでまくし立てるほどに無垢な者は、報われるための報復をくわだて、用いられる方法論を破壊するための原理を追求し、自らから乖離し、利己的な者に変化し、用いられる自我すらも、ただ圧力に屈し、何かのために働くためには、絶えず自らをあやめるための儀式を続け、自らの犠牲を傍観するいちばんの犠牲者として、何かを恨むための機能だけを加速させ、懐疑的であればあるほどに、増していく憎悪は、動機すらも忘れ、ただ何かを恨み破壊するための偽装をほどこされた乖離した理解から敷衍していく怒りだけが増幅し、幸福を求めるほどに何かを恨むための理想を追求し、突き動かされる思いは、反抗を生み出すよりも、短絡的な破壊が用いる快楽の傀儡として理性をそこない、何かを担うほどに、現れるものをただ破壊することを目的にした快楽主義的な抵抗から、うながされるものに即され続ける思いは、何かを狭め、阻むことでしか幸福には至らぬ、と信じこんでいる者どもの理屈が卑屈にうながされ、理想とは、理性をそこない、理知を捨て、離間に現れる還元されるだけの迎合から、緩慢に作用するだけの普遍性が制度に付着し、フラクタルなほどに互いに憤懣を述べるような時代性の猶予から余裕もなく、剥奪されるだけの精神は堅実さを用いるほどに、実験的な制度により、生存していることすらも不透明で、付着し続ける存在を振り落とそうとすればするほどに、存在とは、ぞんざいなものに変わり、損得で測られるだけの間で求められる代償や、そこで用いられる情報に左右され続ける意識は、儀式的な昇華でしか、自らの苦しみを乗り越えられずに、誰かが用いる価値のコアを打ち砕けずに、ずっと堅持し続けるものが、そこでの価値との合致をめざすほどに、用いられる価値とは懸け離れ、互いを傷つけるための連動を続け、治らない傷を治そうと目論むほどに、目はくらみ、そこで生み出される暗闇の虜になり、理解を得るために改ざんし続ける思いは、次々に過ちを生み出す。