時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

焦燥感をかかえる先


 何も変わらずにこの場で瞬いて、羽ばたく瞬間が美麗で、美徳などを謳わずに、保たれるバランスは、描かれていく斜線や、そこでリフレインするものがふれあい、保たれるものなどは所詮、そこで終わりを告げるだけのものである、と短絡的に溶解していく瞬間にふざけて砕けていくものが空虚さを捨て去り、ぬぐわれるべきものなどもなく、ここで論難を用い、何かを責め立てるよりも、せめぎ合うよろこびは、センチメンタリズムを超えて、戦地を笑顔に変えるようなほころびから、空間的な割合に潜むほろ苦いものや、そこで四苦八苦しながら、ハッキングされるだけの過去をかかえ、加点されるだけの日々に嫌気がさし、散漫な意識に現れるものなどは、殺風景なものに察知され、同じようなものへと変換させられるだけに至り、ただようものはたよりなくすがる一方で、ここで一本道なものは、陰鬱な衝動をかかえ、精神を焦土に変えるだろうし、やがて結末も憎しみにあふれ、犠牲的に還元されるだけの焦げ付く本体は、退廃的なものを重ね、乱立する風景に消耗されるための精神を形式的なものに変え、権限を用い、何かを攻撃することだけに集中し、中心点に疎外され、そこで錯綜し続ける精神こそが、正否を持たずに、善悪を用いずに、自らの規律だけをたよりに、動かぬ証拠や、資本的な陰りに対し、あらゆる論理を用い、硬質な者として、貪婪な者を排除するだけの性悪説を騙るだけの化け物や、そこで跋扈する正しさなどに寄りかかり、自らを独善的な者に変えるための消失やらが散失していくだけのここなどは、固執するためだけに与えられた場面の中でしか生きてることすら認識できずにトラップに嵌まり、檻の中に閉じ込められ、そこでの規律に従うことこそが、正しい者としての生き方などと何かに荷担することでしか、自らの正しさを語れぬような者などが用いる正しさなどは、ただ品定めするために何かを犠牲に自らを正当化する暴君でしかなく、そこで防御を続けるほどに、つたない者へと変化し、変換し続ける思いは、変化を求めずに、そこで還元され、権限を用い、何かに収容されることを良い行いへとつながるのだ、と惰性にみちびかれる連中は自らにいらだつことを知らずに、他者にいらだちをぶつけ、自らの未熟さに気付くことすらなく、今に近付き、つまずく限りに絶えず痛みをかかえ、そこで否定的な呪詛を続けるだけの空疎なこころみなどは、宗教的な主体を生み出し、対する自分に与えられる神に快楽を求め、何かの傀儡として、いくばくかの可能性にしばられ、しばらくの間に引きずられる意識は、逸することを知らずに、そこで孤立し、凝り固まることでしか、自らを表現できずに、写真に収められた自由などは虚飾であるし、自己満足に浸るだけに漫然と時間に長ける自分は、何かに掛け合わされ、確かなものなどなく、たしなめられるままになまめかしく過信し続ける中心を失った自己との対立を深め、深層心理で深まる不満は、自らを嘆くことでしか、存在価値を見出せずに、そこで悲しむ自分と、時運に恵まれない、と嘆くことにより、自らに寄りかかる重みに耐えかねずに浸食する自由に食い尽くされ、いつかは培うものだ、と朽ち果てるだけに至るような求めるだけの自由では、自由に至らずに、そこで対処するための理由付けを続け、つたない自分を恨むように、何かを恨むための対象を作り出し、つくづくに迫る生まれるだけの理由に喪失感をかかえ、加算される理由は閑散としていき、指定される自由と、仕向けられるものにたじろぐだけの自己の間で自らを喪失し続けるためだけの我慢を続ける。

 ひらめくたじろぐ君の骸や、形式にとどまる立体的な過去にとどまるだけの汚穢をぬぐうための神を捏造し、そこで対立し続けるための不健康で不健全な闘争から、倒錯する先々で生まれる基礎や自由であることを願う以前に現れる自然的な自己が自由を用いる以前に自由であることも願う前の自分との対話を続けずに、与えられた自由とは、今を痛めつけ、その痛みを感じることにより、すこしの猶予からほころびる自由を自由なもののように認識することで、自由を開花させているかのように示すことで、自らを制しては、自らを束縛し、すこしの自由だけが、全体性を掴み、そこので自由を満喫しているかのように思わせるための休日や休息などは、何かに従わせるための猶予であり、そこには余裕は無く、何かを発展させることにより犠牲を孕ませるための羽交い締めな現在に点在する自己などを立証することもできずに、さまようやかましいだけの街に虐げられるよりも、そこで姑息なものをかかえ、孤独を嘆くよりも、そこで自在に描く創造性だけが、制度を超えて、何かを不埒なものに変える以前に、ここでの自由を与えるための思わせぶりな言葉でカタルシスに至るような短絡的な傀儡としてとどまるよりも、そこでロマンを求め、とめどなく逃げ惑い、あらゆる権化とはそこで尊厳を求め、限界を決めつけるための法則で拘束し、ここでの自由とはデリカシーも無く、何かを食い物にし、いつも何か足りないから、と満腹でも食い散らかすような餓鬼どもが右往左往している。