時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

空隙


 電子的な彼女たちが打ち出す森羅万象になびく歌声が遙か無縁の時折に沈み、静寂によがる瞬間や、みすぼらしいから、と何かを虐げ捨て去るだけの貪婪な今にひずむ理論が静謐を汚し、無知な様相や、有する価値に描かれる真実が生み出すカタストロフに溶け合う心ない物事から連関するものなどに感覚などは麻痺し、ひるがえすほどに現れるジレンマや、間近に迫る誘引されるだけの快楽にフラクタルなものなどは依存的なものを持ち寄り、シンパシーなどを謳い、無知が故に自らを苦しめるような無神経な瞬間に統合され、自らを誇示するために堅持するものなどに寄りかかるほどに、苦しみは軋轢を生み、自らを保存するために出題されるものを命題のように取り扱い、自らを粗末なものに変え、魯鈍なものに変え、蝉蛻できずに、今に苦しむための不満足を謳いながら、規則正しく変化するように示される間にむすばれる無数の真理が用いるものなどは、誰かがうそぶいているだけの未熟な正論から、制圧されるだけの彼らの鈍磨な感情にグサッと刺さるような響きの良い言葉などが拘束し、自らを不自由なものになりたて、内外に果てる不規則な信号から、収奪されるほどに、理想論的な厚かましさが虐げる瞬間に用いられるものから離脱できずに、その場しのぎの言葉を軽やかに歌い上げながら、立場を用い、たちまちにあふれるものが敷衍する先々で対立を続け、終焉をむかえるべきだ、とペシミストが世界をオペするころには、横溢する言葉などは、示威的なまさぐりから、慢性的な痛みを抱え込んだ混濁した意識に不正を拡散し、攪拌される先々で軋轢を生み出すような集団的な解放感によぎる快楽だけの申し子として、神を用いながら、自らの罪をとがめ、命じられるほどに詠じられる瞬間とは、そこでの虚偽を生み出すために何かを騙すことを目的に滔滔と長ける言葉の未熟さにくじけるだけの神経的な痛みから、妨げられるほどに叫ぶ搾取から、参画するほどに、拡散されるものに奪われるだけの形有るほどに懈怠するほどに増していく衝動から、焦燥感だけが増えて、何かを得るほどに補填される苦しみは、今を補完できずに、関する間に離脱し続ける先々で退廃的なものをかかえ、何かにおののきながら、散漫な喜劇を演じ、原形も持たずに対峙する間に履歴を用い、流れるほどに、ここでの感覚は死へと巻き込まれ、混同する意識と同化するだけのファシズムの犬と化し、淫靡な欠如をかかえ、介する間に理解すらも持たずに泰然と構える間に得るものからかすむ思いは、開示する動機にふれあうほどに傷つく思いは嚮導するための消失を重ね、還元されるだけの思いは、関係の中で自由を失う。

 緩慢に消費されるだけの彼女の記憶のパスワードを説き明かすために統合され、投影されるものや、関門を飛び越え、到達するほどに瞬間に滲み、憎む事を忘れ、現れるままに愛することを望むよりも、そこで用いる行動だけが、何かに同化せずに、感動や同情を用いずに、動じずに、その場で思い描くことだけが本質を掴み、つくづくに迫る思いに乱立するものや、単調に伝う悲劇に疎外されても尚、自らが見つけるものだけが、位置的なものにとどまらずに、とがめられるだけの貪婪な主観に忍ばせる思いは収監されても尚、自らが見つめるものだけが、がんじがらめになりながらも、濫觴するものや、感触も無く、関する間に感覚も無くなり、ダメージも消え、拡散する動機が修成し、修正される時折に疎外されても到達するだけの思いは、当該するものへと疎外され、想念をたどり、ただひずむ動機がリズミカルに消費するだけのドラマチックな一体感から、逸する間に道理は消え去り、散漫な動機は抱擁を続け、晩成にうながす宴から、健気なよろこびだけにほころび、運命的なものに裏切られても尚、惨めさをかかえ、緩衝する思いは、達するほどに超越を続け、そこで利益を求めるよりも、そこで創造的な飛躍を続ける。

 健全な動機だけが、真っ白になり、認可することだけが、寛容に受け入れる。あらゆる拘束から放たれ、高尚に浸るよりも、乗じる由縁に姑息なものから卒業する。