時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

再生


 途端に偏執し、極まるだけの風貌にたずさえる理論的な圧力から、従属するだけの時間などは、その場を引き伸ばすための余力を残し、十全としたものをおののかせ、そこで補完され、管理されるだけの便利な身体として、背く限りに陰るのが、この生命に制限を生み、原生のものを疎外させ、いくばくかの可能性を孕むだけの現実から乖離し、理解を得る以前に全貌に長け、延々と演繹し続ける限りに懐疑的なものを取り払い、利己的に示され、高圧的に迫る接続とは、今に自らを傀儡に変え、溜め込む影が吐き出す欺瞞がうながす不満により忿怒し、何かを分離させ、離別の悲しみを敷衍させるだけの悲しみに派生していく機械的な悲しみに開花していく由縁が真理を破壊し、犠牲的なものをうながし、保身を用い、高揚感を損ない、さいなむ記憶に臆するだけの現在に対立を生み出し、今を阻むだけに至るような横溢から、収斂し、連動していく時間に指定されるだけの存在が蛇行し、自らの影を踏み続けるほどに不眠的に描く道理に立証されるための真実を捏造し、意思を虐げ、解体される意味の中で磔にされる自己である事を放棄した自らと重ねるための神が生み出した怠惰な紙幣から、観念的な貨幣が平衡を謳わずに、ただ用いられる価値にいらだつためのシステム的な管理から、連想されていくものとは絶えず汚いものである、と機械的な者が快適さを呪うころには、すべてはむしばまれ、破壊されるための闇を設立し、自らに統合されるべき正しさなどを用いながら、自らの苦しみに課せられる空白に仮泊する精神は誠実さを求めるばかりで、自らは正しくあろうともせずに、弔うべき過去が獣性を用い、自らを悪魔へと変えるための遡行から即席の自由などを求める限りに陰る本質は、自らを憎むためのコードから、誰かを支配するコードへと変換していくための行為にもとづくエゴだけが迎合されるべきだ、と惰性に導くための呪詛から、体制にこびへつらうほどに、行為は正しさを失い、継続されるものだけが正義であり、神であり、確かな意味である、と魑魅魍魎どもがおどけて踊る誠実さを謳うだけの体系的な正しさに派生していく答えだけが、正しいように崇められることほど残酷なものはなく、そこかしこに現れる闇を食い尽くすのが正義であるのに、自らの役目をうやむやにし、何かを支配することだけに生まれた快楽に溺れ、自らの快感を増すためだけに支配的に制する辺りに相対する元々の原理に生き急いだ価値は、即席の自由を求め、自らを利用することにより、価値も増すであろうとうながす自らの言葉に修復されずに、修繕されるために並ぶ行列で語られることだけが真実である、とそこで噂されるものがいずれ真実に変わるのだ、と惰性にみちびかれる彼や彼女らの至福などは、何かを祝福できずにいじらしく何かを緊縛し、自らをしばることにおぼえるよろこびに悶えることだけを目的に何かを蔑む。馬鹿げた言葉が飛来し、散漫な意識に儀式的な気配を伝える。怠慢な理念は対価を求め、暴利をむさぼり、ルールの墓地を荒らし、背面に帰属するだけの正しいとされるものを認識するほどに腐る精神は、自らを制止できずに、何かを破壊することを目的に何かにジェラシーを感じるだけの女性的な迫害から、示すための権力だけが自らの価値を生み出すのだ、と増していく快楽により昇華していくのだ、と勘違いを生み出すだけの位階序列に従属するほどに、自らを奴隷に変え、意思に虚飾を重ね、共存するために競合するのであり、強制的に孕ませる意味に阻まれることだけが、自由を受注し、確かなよろこびに近付くのだ、と宗教的なものがうながすカタルシスなどは、自己啓発的な軽薄さにとどまり、自らを解析できずに表面的なよろこびに浸り、薄いバリアを張り、襲いかかる苦しみを次々に破壊しながら、その苦しみをつぎはぎに縫い付け、同じような苦しみを苦しむことを反復し続けるだけのシステムの虜になり、利己的な支配から制される思いは聖戦をうながし、すべてを破壊するための闇を措置するための法から、そこに生まれる欠如から介する間に生まれる時間的な管理から、関連するほどに情報に統合され、整合されるものなどは、自らの余韻に陰惨な苦しみを設立し、あたかも既存のものであるかのように示され、それだけが正しいもののように扱われることにより、正しさとは偏りを生み出し、正しくあろうとする先に生まれる憎しみを犯され、自らの虚空を産出するだけに終えるような終わりと始まりに悶える今に犠牲を捧げるための正しさをもたらすような欺瞞から、空間を汚すための悪意を混在させるだけの浪費的な今に現れる悲観的な監視者がすべてに枷を嵌め、そこから逸脱すれば最後、そこで世界は終わりを償うための罪を立証し、自らと同化するための苦しみを捏造し、今に苦しむべきだ、と強制される精神は、自らの生死を世界の生死と関連させ、自らが終われば世界も終わるなどとうながすような利己的な修復を終えるための破壊を続ける。