時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

感応


 延々と時に織り込まれる秘密や、約束を屈折させ、洗礼されるだけの月日から逃れ、自らの信用だけを強請るような波形から、軽薄な論理へと巻き込まれるだけの短絡的な達成感を発信するだけの情報的な苦しみから鬱積するものにおののき応じるだけの答えは、軽薄なものを長じるだけで、恬淡なままのものを否定し、悲観視的に監視することだけが、ここでの役割を確かにし、誰かを磔にすることにより、自らを改定し、快楽へといざなうような陽気へと引きずるだけの思いが吹きこぼれ、俯瞰に迫る空間的な敵愾心から、諦観するだけの日常に備蓄する苦悩を掘り起こすような毎日から惜別し、蝉蛻し続ける思いは、対価を求めるよりも、退廃的な動機に求められるモラルや、もたらされるものを超越し、そこで帳尻合わせるためだけに浪費し続ける精神は、正否を求め、感覚を鈍らせ、正義を謳うだけに奪われる思いは、運命論的な疎外感から、聡明なものを受け取られずに、運命に批判し、ここで軽々と思わせられるものに左右され、そこでの作用は、すべてを足枷に変え、ここでの苦しみを往復するための隘路を進み、荒んだままに懶惰な自己を表現するほどに、剽窃するための分裂した情報から儚く募る襤褸や、労働的な排出を繰り返し、憧憬に馳せるだけの官能的な供犠にひしめく陰惨な現実を飛び越えるための翅さえ腐らされるのだ、と惰性に見くびる君は怯えることだけは得意であり、統計学的に生み出される屈折した答えを本尊にし崇めるための理想を垂れ籠め、捏ねられる先々で更迭される意識は、判然としたものを取り込めずに、何かを虜にするために取り込むことだけを目的にあたかも自分の言葉のように語られるものとは、物事の基礎を不規則なものに変え、今に苦しみを鬱積させ、何かを奪うための権利のために、何かを迫害させるだけに至るような闘争から、そこで淘汰される問題などは、納期されるだけの苦しみを連動させ、そこで連想するものなどに奪われる精神は、今をまたげずに、又貸しされるだけの誠意から、厭うだけに至り、意図したことと逆を生きるような生命の逃走から、等位を求めるだけの選択されるための自由などは、物事の尺度を知ることで、自らを不自由な獣として、物事の中で形骸化するための経済的な伴侶を用い、モチーフとされる普遍性が打ち出すものだけが、平静へと至るのだ、と惰性な判断から、自らを空疎なものに変化させるのだ、という物質的なものや、資本主義的なものを否定するだけのルサンチマンが偽装する真理などにもとづくエゴなどは、ロジカルさに至らずに、自らの怒りを証拠に、何かを理解しないことを目的に何かを恨むために、その生命を使い、はしたないものを加速させ、そこで改正されるものだけが、あたかも正しいもののように扱われることだけを目的に主事する者がうながす言葉が神として崇められるまでに至った経緯を測るための尺度が用いる答えだけが、正しいような顔をして、自らの利得のために対比されるだけの現在に鄙劣な比率を生み出すための取り組みから、統合されるだけの正常さから逸脱できずに、そこで愛しむことをおぼえた余りにあいまいな毎日に寂寞を与えられ、濫觴するものが生み出すものだけが、ここで確かなものを演じる手立てを生み出し、抵抗感を加え、簡易な支配から、安易な律動へと情緒は不安定に抵抗を加え、背反するほどに、反する形によりかかり、似通うほどに乗じる否定的な何かに発生していく利己的な抵抗から、迎合されるだけの果てに軽薄なものを崇めるだけの神との対立から、大義を失い、喪失感にゆだねる形式的な哀れから、愛するほどに、憎むような結末に迫る異物感や、いびつで軽率な排斥を繰り返す排外主義から、対するものの間で磔にされ、弁明を続けるほどに屈折していく苦しみの果てに羽交い締めにされる成因にゆだねられるだけの苦しみが生み出す喪失から、安易な接続を終え、自らをうながすだけの一日に下される裁きにたばかる精神は、清潔感を求めるばかりで、自らの汚れに気付かずに、与えられた汚れだけ自らを未熟なものに変換し、懸隔を生み出し、保たれる思いなどは、今にそそのかされ、たじろぐ思いは、ロジカルなものに飲まれる。用いられる時間を愛して止まないのだ、と時間論的な緩衝から、緩和できない運命との総和を求めるほどに調整されるだけの日々は、貸し借りされるための時間を浪費するためだけに、ここでの緩衝に至らずに、対象とされるものを恨むための契約だけが交わされる。