時を乗り越える獣

時間を超える意志的な現れ

継続される力


 愛と正論は、まことしやかなに語られる嘘を規律にしながら、しなびた栄誉をかかげ、自らの正しさを流用しながら、自らを正当化するような呪詛を横溢させ、そこで生まれる秩序を保つための力を今の今まで引きずりながら、行き過ぎる過程や、そこで過去に変わるだけの無秩序に迫る時間的な諦観から、加速する精神は、自らの域に枷を嵌め、世界性を狭めるためのセンチメンタリズムを加速させては、逍遥させる先に現れる苦しみを弔えずに、むらがる不安に飲まれるだけの神経の経路に快活な動機すらも損なうための愚論が措置する苦しみを分かち合うべきだ、と同情がカタルシスを求め、何かを束縛するころには、恫喝されるだけの精神は、何かと同化し、消費されるだけに保たれる均衡は、快活さを損ない、敢行されるものにより、強迫的に迫られ、狭い価値に嵌め込まれるための怠慢な日々を飛び越えるべきだ、と開花を伝える春もあらがうままに消費され、生じる由縁や、悠遠に花開くころには、途端に苦しみを媒介するための体系が理想論や運命論を課せ、日々に現れる義務感や、空疎な奔走から、翻弄されるだけの精神は、何かを強要されることだけが、意思決定に至るのだ、と自らの意志を損ない続けることにより、意識に迫る宣伝的なものにあらがえずに、何かを決めつけることだけが、ここでの行いを正し、自らの聖地を汚さぬように続けられた儀式的なものが保つ平静などは、何かを託つためだけに偶像崇拝を続け、生み出された婚姻や国家から逃れられずに、ただ与えられるものだけが、確かな影響を与え、今を怠惰なものに変えることを知らずに、ただ与えられるものだけが、ここでの意思を生み出すのだ、とファシストが語る言葉のあいまいさに苦言を呈することにより、強制収容されるか?はたまた終了に追い込まれ、逆らうこととは、自らを破壊することにしかならない、と内面的な製図を汚すための黒い塗料が降る日々に継続されるだけの意味とは今を陰鬱なものに変え、そこでアンチテーゼをかかげても、提言されるものの権力や権威により、牽引されるものだけが保つ力を保つことだけに専念するような力により、寄りかかるものにも与えられる力の均衡を保つために淫行を繰り返し、印象は快楽により、奪われる日々により、そこでの確率的なものよりも、確実な解消だけが、ここでの価値を決め込むことにより、力とは、よりよいものを求めるよりも、そこで瞬間的にカタルシスに至らせ、昇華させ、死の恐怖から少しでも解き放たれることだけを目的に現れる自由などは、自由を強制するだけで、何ら自由には至らずに、求める自由とは、理由をもたらされ、自らをたぶらかしながら、もたらされる自由などは、自由を持たされるだけで、自由を求めるほどに、不自由に至る。あらゆる束縛から解放されたい、と願うほどに関与する理由とは、状況を苦しめることだけに専念する。捻出されるだけの詐欺的な包括から、快活な者ほど讒言を続け、つたない意識は、未熟なままに放たれる言葉が懐柔させるために体系化され、そこで発散される力だけが画期的なものを生み出すのだ、と創造的に至らずに、ただ前衛的なものを排除するためのことごとくが体系化し、携帯されるものだけが、確かなものを発信するのだ、と惰性にみちびかれる者は、自らの神を見出せずに、ただ現れる神を神として崇めることだけが、購うための正しさを浪費し、そこで強要される価値だけが、そこでの価値を決め込むほどに、決めつけられる意味とは、今に朗誦されるものだけが、真実を語るのだ、と打算されるためだけに現れる価値に帰巣するための真実を捏造し、情事に迫る宣言から、散漫な意識が示すまがい物の価値を信仰することだけが、ここでの正しさを恐喝し、開祖として、使命感にたぎり、何かを濁らせるための結末に仮死化していく精神は、飢渇しては、散漫な現象にすり減るための精神を後続させるための欺瞞を続け、つたない意識を奪うための鮮血に染まりながら、閉塞的な死へと還元されるだけの価値の鍵を探す日々は、卑屈になる者ほど、正解にほど遠く、貧賎な者として、化育に至らずに、教育という無知さを屠るような現代的な高圧的な者として、自らをブルジョアに変えるための物質的な階段をのぼり、ガイダンスに従い、さいなむことよりも、何かを虐げ、自らを正しくするためのアイランドを作るための偽装から、虚飾に満ちた日々に満ち足り無い、と求めるだけのメルヘンな連中が聯立させるものなどは、連綿たるものでも無く、ただつむがれるままにつむいだ結果が欠損するだけに至るような自信の無い日々を埋めるための恒久的な欲動から、憐憫に浸り、自らのラビリンスの中で欠如していくものを埋めるための愛と名付けられた怠慢な罪を加速させ、自らを苦しめるために繰り上げる罪を生み出すための罪を利用し、自らを苦しめるために生み出される罰を与え、自らを繰り返す苦しめるための空疎な理由を与えるような価値などは、今を衰亡させ、自らの力を用いずに、与えられた罪に寄りかかるだけの正しさなどは、ただ今を独占し、隷従させるための力を利用し、自らに逆らわぬように示される力などは、何ら正しさを用いずに、保つべき正しさのためだけに扱われる力などは、不潔なものであり続け、そこで消費的に使われるための力などは永続しない。