時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

叫声


 時間に取り残される君が描く心因性にもとづく迎合されるだけの罪を連綿と訴えるだけの寂寞に募る論理などが、効率だけを求め、惰性に突き詰める先に追憶に貧するだけの快感により蝉蛻していく意識は、四季をめぐり、創造的な須要さにとどまり、端的に敗退していく怒号から憧憬に馳せるだけの君が枢要なもののように取り込むものなどは、与えられた影響により、そこで力を加えられ抑圧することだけが、そこで力を反復させるかのように反発するのが、私たちの意識であり、そこで課せられる罪などは、着せられたものに過ぎず、そこで与えられるものなどは、問答を繰り返すほどに文言の中で貧寒なものをかかえ、濫觴するものを否定し、批判するほどに増していく苦悩は、今をまくし立て退廃的な呪詛を続け、つたない意識は病理を崇めては、あいまいな今にマインドは、愛を伝えずに、ただ共有されるものとは、今に強要を続け、力を蓄えずに、ただ与える位置から生まれる意味が蔓延り、背反するためだけに外観を打ち砕くのだ、とハンマーを持ち、朦朧とする意識の彼方で繰り返されるものが保持するものなどは、論難を用い、逍遥する先々で散漫な意義を用い、犠牲を孕んだ懶惰な世界を形成し、自らが十全とした破壊の神として、あらゆる悲劇を混淆させ、恒常的な苦しみを与える罪の形式を生み出す快活な原則を加工し、能動的な者を排除するために与える罪の意識にもとづく形式的な闇をハミングさせるのだ、と独裁者は、自らの罪をひるがえすために磔にされる自らを傍観し、暴走することにより、自らの罪の意識を緩和させるのだ、とわざわいをめぐる旅から、対価を求めるだけの体系化されたものを携帯する軽薄な意識は儀式の中で加点されるだけの数理に利用され、領土を求める争いから境界線を生み、興じる由縁や、有する過程にもとづく支配の経路に毒づく君の配慮から、競合するほどに共存すると依存するだけに終えるのだ、と解析するために測るものを用い、体系化されるほどにため息は生まれ、同調するほどにもとづく苦しみは、今に奪い合うための権利を生み出し、奪い合うほどにかばい合うために傷つくのだ、と渇する意識は、情緒を保てずに、体感するほどに関する苦しみにかすむ意識は今に枯渇し、衰亡するだけの意識は、儀式的な苦しみに戒律を生み出す。
 示威するものなどは絶えず透けているものであるし、そこで見透かすほどに、本質などは濁されるためだけに自ら汚されるのだ、と活性化される生活に緩衝するための儀式が加工され、自らを苦しめるための体系から、軽薄な論調に住まう犠牲的な観念が痛みを軽減せずに、ただ逃げることに応じるよろこびを敷衍させずに、無感覚に責めることにより、能動しているかのように示すような獣性が情動を捨て、ただ関連するほどに増幅していく本能から、混沌としていくほどに支配されるよろこびから、力は加えられる限りに圧力を増し、圧壊していくほどに、誰かの影響を受けるための受動性を加速させる。あらゆる快楽が姑息に解除を求め、そこで閉め出される朝から、あいまいなマインドに締結していくだけの悲観的な緩衝から、緩慢に示されるものに沈積していく洪水のような意識に飲まれ、何かと同化することにより、いぶかる隙間に投じられる原理的な主意から演じるだけの獣として偶感を加速させ、自らの意識に飲まれているようで、与えられる情報により、左右される真理は自らの未熟さに稼働していくもので行動を締め上げ、使命感を加工するだけの品位から貧寒なものへと偏執するための絶え間ない苦しみを描くためのモラトリアムなどは、そこでの空白を埋めるためのセンチメンタルな偽装である、と宣言するような余地から托鉢しさまよう景色の奴隷として、亜流との同化を終え、流動的ではなく、ただ流され駆逐されることを目的に住まうだけの意識から放たれ、そこでなあなあになるほどに屈折していく意識は、何かとの分岐を経ては、平衡する意識を緩徐させるための形跡を生み出し、計測されるだけの日々にニヒリズムが迫り、何かを短絡的に破壊することだけが快楽を加速させ、意思の傀儡として、破壊することにより邁進する快楽に情緒は破壊され、灰燼に帰するだけに至るのだ、と自らの空しさを押しつける間を流浪し、時間から懸け離れ高らかと笑い飛ばす超人として、命じられる罪から放たれ、対立を続けるだけのつたない形式からまじわるものなどがくたびれ、空疎な罪をリロードしては、理想論や損得で測られるだけの罪との距離から、与えられる力だけが、位置的な苦しみを解き放ち、時間から逃れられずに、ただ時間に引きずられるための卑近な苦しみを繰り返すことだけが、正しいことのようにかかげられている票を燃やすのだ、とニーチェが語る先々で保たれるものがもたらした悲劇の重さなどは、誰かが与えた重さに過ぎず、そこでかかえる重みなどは軽薄なものであるし、何かに同情し、何かを測ることで認識するものなどは、ただ与えられた苦しみに過ぎず、自らが感じるものとの差異が生まれ、ただ自らを苦しめるために認識を深めるべきだ、と白痴な者が騙る合間に距離は生まれ、自らの孤独感を増していく。