時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

心象


 形式的なものに幽閉され、平衡するためだけの犠牲として季節に閉じ込められ、ここで倒錯するだけに至るような精神的な規制から、迎合されるものに汎用されるための事実の旋律に飲まれ、傲慢であるべきだ、と妥当なもので惰性に見くびる先に空虚さは増し、毎日に利得を求めるほどに用いられるものにいらだちながら、すべては、破壊されるべくそこに措置されるのだ、と独裁的な主観が生み出す史観が用いる幸福論などは、何かを克服するよりも、そこで刻刻と迫るものに狭い価値を押しつけ、応じる者だけを箱船に乗せるのだ、と兌換されるものの家畜として、寡占されるための欲望の離愁にたむろするだけの気配を漁り、支配が欲動させるものの中で貪婪な餓鬼として、いっさいの論理を持たず暗鬱な詩情に錯乱するだけのリリカルなものが用いる人道的なプラトニックなものに集まるだけの囚人どもの卑屈さが貧寒なものをいざない、単調な日々を破壊するための構図を生み出し、奪い合うことだけが、ここでの富を得るのだ、と得だのなんだの、とうながすだけの短絡的な者たちが選ぶ権利などが白昼夢に飛来し、集積される事実や、収容されるだけのここで枯渇するものが交換され、淘汰されるだけに至るような精白な日々に論理すらも退廃し、行為にもとづくエゴだけが合意する瞬間に同調するものが、ここでの確かさに足枷を嵌め、世界を狭めるだけにいたり、センチメンタリズムへといざない、そこで苦しむことだけが、ここでの行いを確かなものに変えるのだ、という幻想から逃れるべきであるのに、同情するほどに、同じような苦しみに魯鈍になり、自らの身なりを整えるために、誰かの悲しみを食らい、空疎な自分を癒やすようなたくらみから、そこで生まれる枠内で収まるだけの示威的な観念が描く消耗するための過去から、ここで枯渇し、集約されるほどに約束の中で果たされる義務から、空疎な自分に埋めるべき意味も、過去の中で生き方を求め、そこでの禍根を癒やし、枯渇するだけの精神や、誓約されることを神聖なものとして受け入れるほどに駆逐され、空白を埋めるためのリズムは、離愁の彼方で凍える主観をいざない、暗鬱な焦土へと運ばれるだけのジレンマから、統合されるための正常さの中で裁かれるような罪をかかえさせられ、些細な出来事に収容され、さいなむことで、自らを許すような行為にもとづくものだけが、正義として捉えられ、途端に世界を狭め、自らを用いられたものに閉じ込めることでしか、自らを認識できぬから、そこでの軽薄さに気付かずに、軽佻浮薄なままに、俯瞰を攻め入る正義がデリカシーもなく迫り、狭い価値へと押しやり、整合されるための月日は、制約を与え、ギミックを超過していく精神は、指定されるものに押し込まれずに、そこから瞬間に解き放たれ、怠惰なままに体制にこびへつらうだけの堕落した主観が用いる正義などは、何かを犠牲にするための悪を捏造し、薄情なままに打ち付けられた答えは、酷薄な者を大量生産し、受注されるための正義が発生し続け、そこで何かを締め付けるための犠牲を孕み、疑念を生み出し、詭弁を続け、つたない意識が氾濫し、反証する隙間に時代的なモラトリアムに絡み合う錯誤するだけの情緒に感応する時代的な要理に愛すらも不潔に感じるのだ、とうながす賛同者どもがうごめく森羅万象で経過していくものは、景観を汚し、誘惑を続け、つたない意識は犠牲的にふらつくあいまいな毎日に蓄積していく苦悩や、脳幹で羽化する平衡するだけの真理にもとづく宇宙的な調和から、神話的な胸焼けや、遊蕩に配られた犠牲的な反映から、詠じられるものなどが説き伏せる間に失意をかかえ、経済的な伴侶から、配慮されるほどに扞格し続ける先に垂涎するだけの意識は、儀式的な異性を求め、快楽的な一瞬の傀儡として、ただ解放されるために鋭利に突き刺す快楽の悔悟から、合成される時折に織り込まれる高慢な秘密から、流動性を失い、そこでさまよい続ける幼稚な理念にもとづく膠着するための理想が理性をうながし、そこで奪われるだけの理想などは、理性を損ない、そこでうやむやにされるための精神から、進化をとどめ、とがめられるだけの精神は、いびつなままに浸る今にいぶかることを続け、つたない意識は、季節的なロジックに閉じこもり、透徹されずに、そこで濁されるための正常さを用い、用いられる正しさの中で発揮されるものなどは、そこでの理想を正しくさせるための利己的なものに過ぎない偏りから思議するものなどは、ずっと偶像を綴り、偶然を謳い、偶感に迫るもんもんとしたものが敷衍する。どれもドレスアップされただけに満たない荒れた何か、だ。ただ現れるものなどは、そこで損得を測り、尊厳を用い、善悪に契りを交わし、流出され続けるものへとうながされ、ただ現れるものへと引き込まれるだけの状態こそが、自然などとうながすほどに、自然であることを演じる。