時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

称揚

代用されるために保たれる関係に補完されるものを高らかに歌う野良猫や、高次にいたらずに、恋路に落ちるのが、いちばんの哲学であり、そこで考え込み、現れる価値観に苦しむよりも、そこで与えられるよろこびを増やすのが得策であるし、途端に崩壊するのが、この今という与えられたように仕向けられた、今などという独善的なものが前提するものが示す尺度などに困窮し、ネガティブなものをイメージし、今を不安に押しやるのである。出会う風景を粛清するの、となげく彼女の法で加工された自分だけの利己的な世界に締結していくものが押しやる先々で対立を生み出し、あらゆる独善的な手法が、修正をほどこし、収攬するために欺瞞を吐き出す口元がゆるんで、世界は崩壊をうたあげ、退廃的な受理を繰り返し、求められる理性すらもしいたげられ、そこで与えられるものに思考停止に追いやられ、浸食する痛みに耐えかねずに体系的なものにいざなわれ、単調的な日々に絵空事を重ね、自らの国家をクーデターするためにデータを書き換えられる想念になびく意味を嬲るための体系化から、カタトニーにいたるだけの罪の意識が偶感を生み出す、緩慢に作用する苦しみから、浸食していく痛みに散漫な儀式が敢行するものへとサクリファイスに仕立て上げられ、下ごしらえされる自らを傍観する先々で対立していく意味合いに居続けるほどに、いぶかり続け貸し借りを続け、介在するほどに、改善されない痛みをかかえ、自らを苦しみの中で屠る。互いをとがめるための理想が高らかに笑い飛ばすことも知らずに、ただ体制へと引きずられるための卑近な価値の中で求められる力へと引っ張られ続けるほどにつたない意識は、自らの未熟さに整合され、合成された景色を歩き、形式的なものの中で善良な者を演じ、そこからはみださぬように、容易にはびこる正解に織り込まれるだけの世界などに飲まれ、そこで洪水のように押しかけてくる苦しみに迎合し、契約されるために、軽率なものを愛し崇め、あいまいに示唆されるものに始動するものに動機は、同意を求められるほどに、強制力が働き、配備される愛などといううわべだけの言葉に作用するものに制限を与えられ、何かを思うことを語るほどに、そこでの意味は強制力を生み、そこで抑圧されるだけの精神などは、栄進するにいたらずに、自らが足りない者のように自己否定におちいるほどに、横溢する真実などは、真意を持たずに、そこで正義を語るほどに、対価は生まれ、そこで阻まれるだけにいたる精神は敬神にひたり、軽薄なものを愛し、配されるものに受け入れる愛だけが、受け取ることのように騙られるほどに、懐疑的にいたらずに、何かを信じる力ほど、偏りを示すことを知らずに、何かを信仰することで羽化するものなどは微々たるものであり、そこで自らを超えた、と信じることを知らずに、そこで用いられる答えが対価を生み出し、大概の苦しみを利己的に閉め出すための恒心にいたらずに、徒に消費されるだけの精神は正否を求め、敬神にいたるほどに軽薄なものを愛し、自らを離床させずに、些細な動機に投棄され暮れゆく現在に行き過ぎる形に収まるための自己を磔にし、何かが救うのを待つか?何かが巣くうのを傍観するかの二択に追いやられ、滞積するものに犯され、自らをファシズムに変え、短絡的な排外主義から、レイシズムにおちいり、応じることもできずに示される偏りから生み出される思想こそが、確かなものだ、と自らに足枷を嵌め、信仰よりも空疎なものを生み出し、悲劇へと加工されるためにもたらされる思想こそが、理想である、とうながすような短絡的な支配から、自らの気配などは、マジョリティーに奪われ、誇示される意味などで孤独であることの強靱さを知らずに、仁徳などを求め、制される間に制限を用い、こじつけられるだけにひたる今に関するほどに悲観的なものにおちいり、観点を失い、厭世的な精神は、淵源すらも破壊するために世界全体を破壊に追いやるための自らの小さな世界に引きこもり続ける幼稚なたくらみから、そこで枠組を生み出し、線引きするための理屈などがけちくさく今をきな臭いものに変え、そこで生み出される寂寞からリリカルなものすら生み出せずに、渇望する精神は、何かに勝ち誇るための価値観を生み出し、見出すべき今に最たる意味すら生み出せずに、惰性にみちびかれ、堅持するものだけが、今を誇示し、昏倒しては、自らの虚栄と虚栄が保つような正否などは、精神性すらも持たずに、そこで神聖である、と名付けられたものをただ崇めることにより増していく快楽に耽る。