時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

危ういもの


 変革を謳う懸隔から懐疑的な日常に迫るニヒリズムのリズムが空気をヒリヒリさせ、自らが悲観するものがウイルス化し、請け売りし、経過するものが景観を汚し、経済的な反応から反証するものなどは、どれも自らを正当化させるための欺瞞であるし、自らの不満足を埋めるための低劣な恋歌などが染みいる現在に思考停止におちいる神々の悪阻や、相対するマインドにあいまいなままに市民権を謳うだけの陰りから、そこで境界線を生むほどに運命論におちいり、時間論にとどまり、老化するだけの身体や、投下される問題に交換されるだけの答えが抗体にもならず、何かを交換させるほどに些細な出来事がデータを奪い抹消させるだけに至る脳内に循環する答えが収奪し、悪趣味な搾取を謳うだけの偏りから示されるものに閉め出されるだけの疎外感を加速させるためのためらいから、革命とは誤ったものを持ち寄り、自らの暴力性を加速させ、自らが毛嫌いしていた権力の亡者以上の亡者として餓鬼として魑魅魍魎として亡霊として生きることだけが、ここでのプログラムに反し、関する間にかかずらうよりも、ここに用いられる要理にいらだつよりも、ここで貧寒なものをかかえ、散漫な動機に印象はとろけ、流浪を続ける意識は、緩慢な作用に綻ぶだけの空白に隔離される関係性は、制度の中で感性を損ない、相似する由縁にからまり、関わるほどに自らに補填されるものや、補充されるものや、補完されるものだけが正義へといざない、悪を打ち倒すためのこころみに生まれる悪意をとがめずに、当該するものだけを信仰的に疎外させるために何かを追いやることにおとずれる快楽だけが擦れ違いを生み、軋轢を生み出すことを乗り越えられずに、ただ悪として与えられるものに当て付けるものや、そこでの不安や恐怖を解消するためにストックされる悪こそが正義を印象付けるためには必要不可欠な絶対悪である、とあいまいな毎日は、疎外感にふるえるだけで、孤高に至ることを知らず、また孤高に浸るものが見下すだけのガイダンスに従うだけの屍骸をかかえるアカデミズムがヒステリックに嘘の情報の残像で譲与するための情報の奴隷として、動向に寡占されるだけの即席の独占欲から、憧憬に浸るだけの崇拝するための欲望に揺動されるだけの女性的で閉鎖的な島国から加速していく諦観のリズムから理想とは、帰巣するための呪文のようにまじわる始まりから恥じらいを持たずに侵略を続け、行為に矛盾していく精神的な痙攣から、形骸化していく意識の外観に迫る猥雑な思想から惨害と化するだけに至るような清貧な夜明けを待つ君の改ざんする意識的な除霊を執り行う、と悪魔的な輩が金銭を求めるだけの抱擁から、このカラクリを説き明かすよりも、そこで説き伏せられたものなどは、どれも退廃的に対価を求め、全体性を謳いながら、朽ち果てるための正論を持ち寄り、静謐さを損ないながら、ちぐはぐな今が駆逐されていくことを傍観し、散々な日常に想起されるものや、そこで出来合のものをかかげるために枢要なものとして捉えるものに囚われる人民は、自らを捕縄するための言葉を自らで操作し、自らの意志を奪うために、意思に軋轢を加え、空疎な自分を補完するために信仰し続けるものなどは、どれも、自らに近寄ることは無く、ただ近付こうとするほどに、自己との距離は生まれ、虚偽に浸り、何かにあがなうために自らを生贄として捧げるような儀式的な互換性から、枯渇していく精神は、正否を詠じられるままに受け取るだけの空疎な箱として、浸食していく今に捕食されるための家畜として、背くことを知らずに、聡明な時折に帰路も見出せずに、打算され、採算を合わすためだけに機能するような短絡的なにんげんとして零落していくよりも、怜悧なままに魔物どもが補填するだけの原理的なものが示す原因から放たれ、たび重なる思いに関わるものが補正していくほどに苦痛は増していくのだし、出し抜けるほどにここで効率良くむすばれるものだけが正しいものとして豪放磊落とするべきであるのに、何かに関わるほどに加工し、囲うことだけが正しいもののように仕向けるだけの正義などは、自らの正しさを捕獲するためだけに、何かを犠牲にするよろこびに正式さを求め、最たる意味を損なうためのきっかけ作りのために飢渇する現在に与える栄養などを謳いながら、兼用されるだけの義務的なものが何かを見えにくくさせることにより、自らを動きにくくさせる間に配管をつなぎながら、同じようなものをうながし、そこで同じような問題でうなだれる、何かと同調し、協調することだけが、自らの罪や、自らの苦しみを軽くするなど、と隔離するような信仰的ななれ合いから離れ、その合間に潜み悲壮感などを生み出すだけの間隔におちいるほどに、応じる意味に吸い込まれ、垂涎する者として、何かを崇めたてまつることによりむしばまれる精神に寄り合うものだけを確かなものとして受け取る危うさにこそ気付くべきである。