時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

緩慢な犠牲


 電子的な敬神を続け、軽薄な信仰から論理的な溌剌さを保つために生贄として指定される前衛的な藝術が独立独歩する間に迫る卑劣な誓願から迎合される色彩に迫る好き好きなものが獣と化するまでの間に差額を支払うために保たれる均衡とは、ここでの行いなどを消し去るために殺伐とし、散漫な参画から拡散されるだけの原理的な思考から監査を繰り返し、利己的なトラップでさまたげられる現在に生まれる懸隔から、現前に消費されるだけの観点は、転換期を迎え、体制にこびへつらうよりも、平静を保つためだけにプラトニックな体系に消し去られるだけの行為に貧するよりも、そこで比するものに左右され、作用を求め、散々な現在に閉じるだけの思いは、高揚感を失い、喪失感にただれる景色は、形式的なものにとどまり、統制されるだけにいたることが正当なことのように騙られる合間から背反すべく、すべてとは、ここで述べられるものだけにいたらず、全体性に正気を保つべきだ、と淡彩に現れる原義をひるがえし、昼が夜を遡行し、自身の装甲を高めるような読書から孤立していく精神は、被害者意識をたくわえるだけで、そこから背反できずに、ひきのばされる半径で卑近なものに変わり、貧寒な現在におとしいれられ、いびつなものを形成し、そこで携帯するものが軽薄なものを育て、惰性に達成感を生み出し、達観などにいたる間に徒な教義により、偏った心情が打ち出す真理などは、ポップスターどもが垂れ流す卑劣な悲恋や恋歌の中でまじわるポップアート的に転写されたものを価値あるもののように崇め買い取るような資本主義的な快楽におちいるような、衆愚の普遍性を敷衍させるだけのコードを書き換えるべく、得るものなどは、そこでおちいるためのギミックを措置し、敗残させるためだけのためらいをそこに生むような答えなどは、そこでアドレスに変えられ、物として扱われる悦楽により狂気的に消費されることで現れる昇華にいたるために、退廃的な呪詛を続け、アイロニカルな獣として、従属する価値の中で与えられる麻薬により、依存する価値の中でカタストロフなどを謳うだけの幼稚な暴力性に支配され、芝居を続け、ギミックの中での歯車として、人畜無害を謳うほどに、人寰を嬲るための紊乱をもたらすようなコードで加速する電脳的なカオスに漉されるだけのハードコアな現状でフラクタルなものを崇める君の神との対話を続けるべきだ、と惰性なベクトルを用い、加勢することだけが、ここでのグルーブを増すのであり、偶像崇拝を続け、同化するほどに道化として生きるよろこびに補填される夜路で、ロジカルなものを成虫に変え、偽装された真実を舞う夜の虫がたむろする情報の街灯の下で、噂話を続けては、離れ離れになる意識に形式的なものを表すための忿怒を綴る形式的な美から、終末論者が用いる困難さなどは、苦しむことだけが、ここでの正しさを強要し、そこでの行いを正そうと目論むほどに、正しさなどは、自らの汚らわしさを隠すために攪拌するための記号であり、起源を用いずに、ただそこでの正しさを強調するための正しさなどは、そこでの規律を保ち、何かに従うことだけが、自らを正しく保つのだ、という自由の本質を損なうだけの自由を用いるような法の中で裁かれるための現実などは、現実的では無く、短絡的な教義から真意を損ない、屈従させるための信仰を引きずっているだけにいたるような猥雑な真意に引きずられるだけの現在に現実味すらも無く、そこで味わうものなどは、味すらも無く、結滞に結束を深めるために色の無い言葉や、意思の無い普通が描く真実から、仮想させるたけに与える苦痛から次々につぎはぎにされ、瞬間的に循環し、フォーマットされるだけの記憶装置たる脳内で緩慢に作用する快楽の獲物として、次々に送り込まれる情報の犬として、淫靡な結末に浸るだけの快楽的な呪詛を綴られるための空疎な身体に補完されるために乖離していく意思から、解放を謳い、自由を用いるほどに法の中で硬化していく意識は、自らがめざす自由によりがんじがらめになり、担う意味などは、背負わされるだけの義務であり、そこでの愚意を隠すための普通により、コード化は進み、荒んだ命は、幼稚な要理に加工され、狡猾な者として偽装され続ける真実の中で退嬰的なモジュールとして、立証されるものだけを崇めるだけの短絡的な動物として、措置される愛だけが、ここでの愛を強調し、胸中に寄生虫などを植え付け、奪い合う本質から、真実とは背くことにより強化され、そこでの正しさをこじつけるためだけに闘争を続けた数千年の義務的な焦燥感により、自らの正当性を叫ぶために多面でとがめられるだけの途端に修復されずに、祝福もされずに、複製される真実は屈折する。