時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

あいまいな夜にこしらえられた嘘


 時に統合されずに、永遠を観測せずに、果てしながないものなどは、そこで意味を束縛し、即席の自由を理由で悪に転化し、加算される意味にデカダンスを蓄積させ、意志を奪うだけに至らせるだけの淵源に潜む帰巣するだけの意味などは、異物感をかかえ、結末へと結合され、齟齬をきたさぬように機械的で汚い者になるのだ、と思春期的な観測から加算される空疎な理由は、利便性を求め、連動していく意識は、連用されるだけに盗用され、構造的なものに排除されるだけの精神は敬神へと浸り、機関的な物質として、そぐう物として郵送される。理性を謳うだけの顕官から開祖どもがののしり、今でも差別的な偶像を崇め、殺める時折に貧相な価値をうながし、荷担する原理や、相似するだけの時折に酷似しているだけに満たない存在の軽薄さに幽閉され、平衡するための意識を捏造し、増幅する幸福などは、今に不幸を謳いながら、暗い夜道で泣き叫んでいるだけに満たない今に定められるための運命を用い、何かを抑圧するだけに至るようなことばが汲み取る意味や、そこで組み立てられるものがたれ込み、退廃的な由縁に与えられる重力により、飛べることを忘れるのだ、と惰性に汲み取ることばの儚さに揺らぐことを忘れ、創造的であることを忘れ、猥雑な時折に措置され、路地裏で放置された観念は、関係の中で接続されるものや、物事に補足されるだけのあざといものが組み込まれるものに偏りを示し、使命感などをうながしながら、奪い合うための権利が嫌疑へといざない、たちまちに立場を用い、与えられた意味に義務を課せ、自らの価値へといざなうだけのはしたなさに重なるものが過激な理想を持ち寄り、揺動されるだけの精神は、軽薄なものを崇め、あいまいなマインドや、幼稚な仕組みに刺激を与え、カタストロフへといざない、デリカシーもなく配慮されるだけの背景に会計を重ね、慧眼を失い、喪失感に揺らぐ本質は、何かの正しさを謳うほどに、自らの意志をロストし、倒錯するのだ、とうながしても尚、目の前の快楽は魅力的であり、そこで姑息に束縛され、即席の理由が用いる公序良俗などに凌辱され、屈辱を靴底に隠しても尚、聡明なものは損なわれ、抵抗することは、いちばん不潔なことであり、ことごとくに立証されるもののほとんどは、補完されるために敢行され、そこで交換されるものが補填するものに左右されるだけの思想が思考停止に陥られ、挺身すべきだ、と立証されるものにずっと尽くすべきだ、と償いを求めるような罪の意識に媒体させ、かばい合うような意識は、自らの罪を攪拌しながら、誰かに自らの罪をかぶせ、自らの罪を昇華させるために何かをなじるような後先にあいまいに作用するものなどが、どれもドラマチックさを損ない、あざといままに祝福されることを願うようなルサンチマンどもの巣窟で相互交換されるものだけが、生じる運命に与えられる軋轢をはねのけ、蔓延る悪意に結末を与え、生じる正義こそが、演技的に正義を演じ、犠牲的なものを増やすことで、自らの正しさを立証するのだ、という過ちから逃れるべく、からまる後先などは、時間を用いるだけに傷を増やすだけであり、そこで代価や、代償を求めるほどに、与えられた罪や価値にこじれ、自らを動けなくさせるような険悪なムードの中で補完されるものなどは、どれも論難をあびせるためだけに、対象とするものの過ちを探り、自らの身動きを封じるのであり、理屈とは、理性に転じずに、そこで競りを続け、使命に互換されるものがあたかも生命のように崇める先々で対比され、対立を続け、豪放磊落に至らずに、後続するものへと合法のように扱われ、非合法とされるものは、誰かが用いた正しさを守り保つためだけに正しさでしかなく、そこでしがないものを奉り、互いを競わせるためにためらわずに蹴落とすべきだ、と弁解し続ける正しさは、形容されるものに怖じ気付き、時系列の中で排除されぬように、そこで縫い付けられるだけの精神などは、敬神を続け、敬仰するほどに増していく快楽の中で、自らを正しい者のように崇めることで神と同化することだけが、同一化できないものを成立させるための偽造された快楽へとひたらせ、そこで依存し続けることにより、あたかも正しいことのように示されるものから閉め出され、惰性にみちびかれる果てに堅持する時間などに追い込まれ、自らを逃げられなくするように仕向けるための時間から逃れられずに、連動する意識に形式的な闇は迫り、数多の意味を接続するために発明された苦悩を貪婪に食しても尚、まだ満たされないから、と誰かを苦悩に追いやるための悪意を製造し続ける。