時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

兆候


 ずっと他人事の空になびいて、裏切りを携える啓示や、経済的な供儀や、形而上的な区切りを飛び越え、自らに帰還し、関するすべては、とまどいと混ざり、絶えず信仰心を押し付け、今を抑圧し、遮られた精神は、背反できずに、自らの苦しみに収納され、自らの不自由さに嘆いては、感覚を失い、ただ流動することで、価値の家畜として、価値観をあがめるだけの、人畜無害をよそおったアイロニカルな獣として、ロジカルなまやかしにひたりながら、悲観的に関し、煩わしい時折に実情は、悲しみに膨れ上がり、絶えず自らの苦しみをむさぼる機械的な哀れみを復元するための機能をこしらえ、自らのアンチテーゼから飛躍できずに、翻すべき今に点在し、意味に伸縮しながら、主体を記号に変え、点在する位置に磔にされる存在は、そこから飛躍できずに、捕らえられたままに価値に暴行を加えられ、転化すべき今にも価値に抑圧され、次なる暴力に反するべく力を溜め込み、自らの力を過信しながら、位置的な苦しみに復元され続ける苦しみに蝕まれる現在に浪費され続ける精神は、緩慢な作用を施されながら、施しを受けるために待ちわびる現在にわびしく募る孤独がファシズムに変わり、複製され続ける真実に対立し、真理をむさぼり、品位を用い、何かを裁くための正しさが復讐を持ち寄り、自らの正しさにより示唆され続ける苦しみを唾棄しながら、絶えず侵攻してきては、かかずらう意識は、互いを罵りながら、能動的であるべき自分に慈悲などを求める低劣な交錯から、錯綜していく真実は、今から逸脱できずに、抵抗することを忘れ価値に順応するために絶えず課せられた義務にかかずらう一生はとがめるための対象を見つけ、みすぼらしい自分をかばうために卑劣さを増しながら、増幅していく憎悪を垂れ込め、混み合う意識が怠惰なものに変わり、価値観を押し付け合うほどに軋轢は生まれ、増していく摩擦は、互いを憎悪で燃やし尽くすまでに成長をとげる価値とは、単に暴力的な装置に変わり、理不尽に迫る意味に縫い付けられる思いは、今を苦しむために、苦しみを複製し、苦しむための苦しみを復元するために、同じような苦しみに屈折し続けては、すべてをがんじがらめにし、自らに矛盾していく過程は諦観をうながし、関する自分との対立を深め、深まる痛みに捕まえられ、自らの矛盾に耐えかね、絶えず何かを苦しめるための理不尽さを増していく。退廃的な帰路をむすぶ無数の余韻から因果を引き出し、自らの価値観を高めるための技法だけが、自らを価値あるものに変化させ、変換され続ける思いは今に裏切りを重ね、関わり合いを深めるほどに自らの苦しみを繰り返し増加させる企みを反復させるルサンチマンは、自らの輪廻から外れられずに、同じようなサイクルを繰り返しては、散漫に回避していく思いは、現行し続けるものに引きずられ、卑近な例を携え、自らをレイシズムに変化させる。差別的な精神は、何かを侮蔑するための成否を用い、自らの快楽を増していく。受胎する思いを産み出す詩的な感応が真理を伴わず、今にも、もたらされるものからの超越を試み、ちぐはぐな思いから生還を遂げ、とがめられる思いが諦観を用い、今すぐにでも諦めるべきだ、と迫る構図や、構築される思いに反し、関するものへ、と流動しては、流涎するだけの欲を蛇行し、自らの未熟さに気付かずに、与えられた苦しみを互換するための生産の家畜として、構築される憎しみに媒介し、介する間にフォーマットされるべき思い出を収納するための涅槃をねつ造し、次なる憎悪をなぞりながら、離人的に捉える退廃的なモジュールや、くたびれた呪詛が打ち出すまやかしや、やましい思いを律動し、蠕動していく思いが氾濫し、はびこる悪意を輪唱し続けるための緩衝から、同情へと至る思いは、何かに悲観的であり続けるために、何かを愛しているかのように演じていく。想起するものが、どこか遠くでなびいて、もの悲しい場面を旋回するよりも、嬉嬉として、今に住まう価値を打ち倒すような純粋さで、創造的に負担するものだけが、今に腐乱するものを抑え、今に極まり、危害を加えられても尚、ここで展開されるものが価値を漁るよりも、衰亡するだけの支配的な構図から放たれ、自らの価値に近付き、誓いを立てるよりも、ここで企てられるものが手当てや手立てを求める以前に、自らに行き着くものだけが、何かの価値を決め込む前に混濁する意思は、根幹を失い、さまよう意思は、新たな神を求め、誓いを立てるほどに、ここに現れるものが、何が正しいかを決め込み、今に矛盾していく。嚮導し続ける先に確かにまじわり、不純なものを破棄し、迎合され、吐き捨てられるだけの価値に連関するものなどに追従する意識は、儀式的なものにさいなまれ、自らをうとましいもののように感じ、そこで違いを生み出すほどに、誓言を用い、求められるだけの言葉の中でカスタムされる意思は、自らを飛び越えられることもできずに、今に隔てられ、惰性にみちびかれることだけを正しい道筋のように思わせられる。