時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

名付けられる前の愛


 電子的な恋人さまようプリミティブな形而上的なものをかかえた夜に連動する形式的な蠕動から散漫な形式によがる心理的な彼女たちが寛恕するものが敷衍し、増やされる同情に反し、関するものに反するこころだけが、自らの豊かさを製造するのだ、と生産的な彼らのゲノムを敷衍させるだけの色彩からあでやかさを排除したような藝術的なゲームに進化をとがめるだけの理想を捏ねる現実主義的な社会性のノルマを与える惰性な結末に緩衝するだけの婚姻などは、形式的な愛に死を形成し、死刑宣告するようなものだ、と饐えた空間に吐き捨てられた愛とはいずれかはすたれるだけであり、そこで疲れるだけの愛などは、今を癒やすことはできずに、追いやることだけに重点を置き、そこで正しい価値として崇められ継続するものだけが、もの悲しく場面を旋回するだけに得るものなどは、なじられるだけに至るし、いぶかる先に原因は階差を生み、何かを内面的に滅ぼすだけに至るし、打開すべき現在に顕在なものなども無く、現実的なものに消耗されるほどに本質などに補正されるものなどは、今すぐにおののき、こじれるだけなのか、とおちいる闇を形成する君の中での悪魔を育てるような教育が補完するものなどは、関係性に捕らえられるだけに至るほどに空白を埋めるための暮らしの中で善用されるものが悪意を生み出すという矛盾に操作され、齟齬をきたすだけに至る現在に生まれる空腹感を埋めるための愛とは、愛されることを求めるだけで、何かを愛するという思いを排除し、排外主義的に処理される思いは、差別的に至り、いびつな愛を形成し、用いられるものを排除することだけに長ける愛は、何かを受け入れることに価値を見出せずに、与えられた価値がもたらすものを価値として崇め、指定されるものの中でしか、愛を見出せずに、惰性に与えられるものだけに交換され続ける現在に軽薄に打ち出され、そこで義務として謳われるものに奪われる権利から、懸隔を生み出し、裁かれるだけの現在にリアリズムすらも損なわれ、喪失感にゆだねられる真実などが輪唱するケダモノのリズムから、関係にそぐうものだけが、ここで正義と呼ばれることに疑問を持たずに、差異の中で散財を繰り返す放蕩的な原理から、原審に果てる偶像からカテゴライズされるための虚偽を捏造していく散漫な懐疑の中で亡霊と化し、感覚を損ない、換算されるだけの忌忌しいリズムから寛容さを用いる偽善的な者が示す正しい表などは、そこで換算されるための価値の中で苛烈な支配を用い、何かを率い、何かを娶るために女々しい文言を吐き出し、悶絶し続けるマゾヒズムどもの巣窟に背くべく、ベクトルは、位置的なまやかしを受け取る前に打ち付けられる前に絶えず逃げ惑い、そこで何かを思うべきだ、と指図される前に用いられる正しさなどは、そこでの正しさを了解し、解放を謳うような自由に浸るだけの緩慢なデータに浸るための幼稚な理想を主義として昇華させ、そこで最たる意味を見つけ出したかのように示されるものに通わせる意味が確かさを枷に変え、世界に制される前に制御不能なままに暴走するだけの真実などを枢要なもののように崇めるだけの惰性な支配から緩慢に作用し続ける苦しみなどが、自然体などを謳い、自然に帰るべきだ、と自然の狂気を知らずに、、自らの境域に打ち出されるものを確かなもののように崇め、案じるほどに、あいまいさに慨然として涙を流す純粋な理想などは、思想的には間違ったほうに進み、法を思い、何かに反するほどに暴力的に蘇生されるものに偏りを生み出し、打算されるものから、神経的に締め付けられ、使命感に苦しめられ、空疎な自分に批判を続けるほどに、独善的な者に陥るだけであるし、やがて合わさるものも、そこで合わされるべく存在するもののように偏りを見出せずに、与えられるものと合致するのが運命であるかのように示す時間から逃れられずに、永遠を用い固執し、愛を見出せずに、愛はミイラに変わり、そこでひからびた君の見捨てた過去から、ここで同率とされる愛などは、そこで置き去りになり、もう関わることも重なることも無いのであり、そこで持ち寄られるものなどの正しさは愛と名付けられ、愛と呼ばれるものに測られるだけであり、そこでの距離や時間だけを数字に変換させられるだけの愛などは、愛と呼ばれる限りに自らの価値で垂涎するために利用される過去の中で孤立した愛をあたかも確かなもののように崇める先に愛とは、愛と名付けられたことにより、その名付けられたものから逃げ出すこともできずに、そこで互換され、補完され続けるものが確かなもののように捉え続けることにより、抑圧され、その抑圧から脱することもできずに、愛であることを演じ続けるほどに、愛とは偏りを生み出し、価値を押しつけ、誰かを抑圧し、何かを抑制するだけに至るような愛などは、名ばかりなものにとどまり、何かをとがめ、過信させるだけに至るような愛に排除される以前に寄り添い築いたものを価値により破壊した罪を謳った人が作り殺めた神から逃れ、画期的な跳躍力で、懐疑的な意味を蹴散らし、蓋然的なものを謳うだけの正しさを超越し、創造的に捉えるものだけが、与えられた名をひるがえし、自らの正しさに集約されるものを名付ける以前のプリミティブな意志に行き着く。